美容・健康

美肌作りで目指せマイナス5歳肌!洗顔だけでなく内臓もキレイにしよう!

投稿日:

スポンサードリンク

女性なら誰しもが気になる、美肌!

ニキビや乾燥肌に悩まされている女性は少なくないはずです。私も日々の乾燥肌に悩まされている人の一人です。

美肌になるために、日々のスキンケアや気を付けていることなど皆さまはどうしているでしょうか?

今回は目指せマイナス5歳肌!という事で「美肌の作り方」に関して、良いとされる食べ物や効果などつづっていきたいと思います!

美肌の作り方とは?洗いすぎこすり過ぎてませんか?

誰しもが憧れる、透明感あふれたつやつやのすべ肌!そもそも透明感とはなんなのでしょう?

透明感あふれるお肌の特徴としては、肌の水分量にあります!

肌全体の血流が悪くなり、不必要なメラニンを含んでしまうとお肌はどんどん透明感や柔らかさを失っていきます。

 

お肌の水分量が減り、透明感が失われていくとニキビや乾燥肌、敏感肌と言ったトラブルの元にもなってしまいます。

では美肌の為にできることとは?その作り方とはなんなのでしょうか?

スポンサードリンク

お肌を洗いすぎてませんか?スキンケアの注意点

スキンケアにも注意が必要な場合があります。「やりすぎ」によって肌のバリア機能や新陳代謝を壊してしまう事があるのです。

日々のメイク落としはどのように行っているでしょう?

洗い過ぎは肌の潤いを奪ってしまいます、洗顔後肌がつっぱった感じがすると感じる方は少なくないと思います。

 

洗浄力が強力なクレンジングなどはメイクや汚れを落とすだけではなく、肌のバリア機能まで壊してしまう事があるのです

これを繰り返した結果、肌がもろくなり、乾燥を引き起こします。

皮脂成分を撮り過ぎたことによって反対にハリななくなり、潤いを奪ってしまうのです。

 

今までいいと思って行っていたクレンジングも場合によっては、逆効果を引き起こし肌トラブルの原因になってしまいます。

お肌をこすり過ぎてませんか?

また洗顔に際に気をつけなくてはいけないのがこすりすぎです。

 

一生懸命メイクや汚れを落とそうとこすってしまうと、これもまた肌のバリア機能を壊してしまう原因になります。

ごしごしこすったことにより肌に刺激を与えて、肌のくすみの原因にもつながってしまうのです。

 

つまりスキンケアに関しては「やりすぎ」に注意して行う必要があります、洗い過ぎをやめる。

こすりすぎない。すぎることはやはり何であってもよい事ではないのです。

スキンケアも大事だけど食生活も重要!

美肌になるためには、日々のスキンケアも大事ですが習慣として大事になってくるのは「食生活」です。

一見、お肌と食事は無関係のように思われがちですが、実は内臓がお肌に大きく影響を及ぼすことがあるのです。

内臓などの不調はお肌に現れる事を知っていましたか?。

 

内臓とお肌はすごく密接な関係にあり、肝臓、胃腸、精神状態などの体の内側が整うことにより美肌に繋がると言われています。

 

とくに女性の場合、精神の乱れはホルモンバランスに大きく影響します。

ダイエットや日々のストレスなどによりホルモンバランスが乱れその結果お肌に良くないトラブルを引き起こすのです。

 

食事のとり方に気を付けることで、ホルモンバランスが保たれることにより、肌荒れの改善、そして美肌に繋がるのです。

お肌にいいと言われている食材の一例としては

・トマト

・パプリカ

・かぼちゃ

・モロヘイヤ

・ほうれん草

・アボカド

・ピーマン

・イワシ

・カツオ

・いくら

・たらこ
他にもお肌の為にも栄養バランスの取れた食事を心がけてみてはいかがでしょうか?

とくに腸内環境を整えることで効率よく栄養を吸収する事が出来るようになります。

スポンサードリンク

食材としてはしいたけやマイタケ、しめじといったキノコ類が食物繊維が豊富なので便秘に効果的とされています。

 

腸は食べ物の栄養を吸収する働きがあるため、腸が不調を起こしてしまうとうまく栄養が吸収されません。

また排出されるはずの毒素が体の中に留まってしまいます

結果腸内にたまった毒素成分によって、肌トラブルを引き起こすと言われています。

 

便秘などの腸内トラブルを抱えている方は女性の中でも少なくないはずです、そういった悩みを解決することで美肌にもつながってくるのです。

ニキビや乾燥肌と言った肌荒れが気になる場合、腸内環境が悪いことをまず考えてみるといいかもしれませんね。

腸内環境を整えるためには食物繊維を多く含む野菜や、乳酸菌を多く撮るようにすることが大事です。

 

また、水分不足も腸内環境を悪化させる原因の一つですので、忘れないようにしましょう。

ちなみに、私は結構ジャンクフードやインスタントフード・油っこいものばっかり好んで食べちゃうのですが、

食べ過ぎはお肌もそうですが健康面でもよくないので気を付けないといけませんね(;^ω^)

美肌に必要な食べ物や栄養素は?その効果とは?

美肌に効果の期待できる栄養素を含む食べ物にはどんなものがあるでしょうか?

美肌効果の期待できる食べ物はたくさんありますので、そちらを紹介していきたいと思います!

まずはキウイです。キウイは一般的にスーパーなどでも手に入りますし、スイーツとして楽しむ方もいると思います。

 

キウイにはビタミンCが多く含まれており、お肌のシミやくすみなどを防ぐ効果が期待できます。

また、果物の中でも、一日に必要なビタミン量を補う事が出来ると言われているほど、ビタミンが豊富なのです!

ビタミンC含有量は69mg程ですが、グレープフルーツの2倍ほどがキウイフルーツには含まれているんですよ!

キウイって思った以上にビタミンCが豊富だったんだ~って思った方も多いんじゃないでしょうか?。

 

更にビタミンEも含まれていますので、細胞の代謝アップや血行の促進も期待できます。美肌作りにはもってこいの食材ですね!

野菜や果物以外にもお肌に安心な食材

野菜や果物のお次にご紹介するのは鶏肉です。

お肉の中でも高タンパクで低カロリーであることが特徴です。

低カロリーの為、ニキビなどの肌トラブルに悩んでいる、ダイエット中の方でも鳥のささみ胸肉なら安心する事が出来ます。まさに女子の味方ですね!

 

続いてうなぎです。うなぎは日常的に食べることは少ないかと思いますが、体内でビタミンAとなって肌の保湿に期待できるβカロテンを多く含んでいます。

カロテンは緑黄色や差にも含まれているイメージが強いですね、さらにうなぎはヒアルロン酸が含まれている貴重な食べ物でもあるのです。

ほとんどの場合、サプリメントなどで摂取する場合が多いので食事から摂取できるのがうなぎの重要性でもあります。

 

さすがに、毎日うなぎを食べることはお金持ち以外は大変ですから、時々自分へのご褒美でもいいのでうなぎを食べてみると言うのはいかがでしょうか?

美肌のためには、上記したように腸内環境を保つため、バランスの良い食生活を目指すのが第一です!

ビタミンや食物繊維など多く含む野菜など、美肌効果を期待できるものを選びしっかり摂って、日々の食事のバランスに気を付けましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

お肌とは一見関係ないと思われがちな食生活ですが、実はとても重要であることがわかります。

スポンサードリンク

美肌は私たちが日ごろ取っている食べ物が大きくかかわっています、スキンケアだけに目を向けるのではなくバランスのいい食生活を心がけて誰もが憧れる美肌を手に入れましょう!!

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.