グルメ・食品 雑学・豆知識

カフェオレ?カフェラテ?カフェモカ?今さら聞けない!違いって何!?

投稿日:

スポンサードリンク

お洒落なカフェでのティータイムは女子の楽しみのひとつですよね。

せっかくお洒落なカフェに来たんだから、お洒落ドリンクを注文したい!!

 

カフェオレはなんとなくどんなドリンクか分かります。

でもカフェラテ、カフェモカ?どう違うのかイマイチ分かりにくいですよね。

でも今さら知らないなんて言えない!!何が違うの!!

わかりにくいカフェメニューについて解説していきたいと思います。

カフェオレ、カフェラテ、カフェモカってどんなドリンク?

カフェでよく見かけるメニューのカフェオレ、カフェラテ、カフェモカですが

それぞれどんなドリンクなのかご紹介していきます。

 

カフェオレとはドリップコーヒーとミルクを合わせたもののことをいいます。

スポンサードリンク

カフェラテとはエスプレッソとミルクを合わせたもののことをいいます。

カフェモカとはエスプレッソとミルクとチョコレートシロップを合わせたもののことをいいます。

 

カフェオレとカフェラテ、モカは使っているコーヒーが違います。

カフェオレに使っているドリップコーヒーとは挽いたコーヒー豆を紙や布のフィルターに入れ

上からお湯を注いで抽出したコーヒーのことをいいます。

 

カフェラテやカフェモカに使っているエスプレッソとは加圧式の抽出方法で機械で抽出します。

深煎りで細かく挽いたコーヒー豆を沸騰水を加圧状態こして抽出したコーヒーです。

 

ドリップコーヒーは紙や布のフィルターでこすため、透明度の高いコーヒーとなります。

エスプレッソは金属のフィルターなので、コーヒー豆の油分なども一緒に抽出されます。

なのでドリップコーヒーのような透明度の高いコーヒーではなく、茶褐色に濁ったコーヒーになります。

味はドリップコーヒーよりエスプレッソの方が濃厚なコーヒーになります。

 

カフェオレ、カフェラテ、カフェモカはコーヒーとミルクを合わせていることは同じです。

でも使っているコーヒーの抽出方法の違いで味わい方も変わってきます。

 

まろやかなコーヒーを味わいたいのであればカフェオレ。

まろやかな中にもコーヒーのコクを感じたいのであればカフェラテ。

カフェラテにチョコレートのほろ苦さでアレンジしたカフェモカ。

 

それぞれのコーヒーの違いを知った上で味わうと更に美味しく頂けそうですね。

カフェオレ、カフェラテ、カフェモカの発祥ってどこ?

カフェオレはフランス語で『カフェ』がコーヒーで『レ』が牛乳のことです。

スポンサードリンク

フランスでは泡立てたミルクを注いだコーヒーのことを『カフェクレーム』といいます。

日本だとお店によっては泡立てたミルクを使ったカフェオレを提供しているお店もありますよね。

 

カフェラテはカフェオレとは違ってイタリア語です。

こちらもイタリア語のコーヒーと牛乳のことです。

イタリアでは泡立てたミルクとコーヒーを合わせたものを『カプチーノ』といいます。

 

カフェモカはアメリカ発祥のコーヒードリンクです。

カフェモカのモカはコーヒー豆の『モカ』をさしています。

この『モカ』がカカオの香りと似ている為、『モカ』に似せてチョコレートを入れたのが

カフェモカの始まりだそうです。

 

カフェオレ、カフェラテ、カフェモカは現在同じようにカフェで提供されていますが

もともとは別々の国から伝わったコーヒードリンクだったのです。

 

カフェオレとカフェラテは言葉の意味だけでいうと同じ『コーヒーと牛乳』という意味です。

言葉自体は同じ意味でフランス語かイタリア語かという違いなんです。

イタリアではドリップコーヒーよりもエスプレッソの方が一般的なので

カフェラテはエスプレッソと牛乳を合わせたコーヒードリンクになります。

 

それぞれ別々の国から伝わってきたドリンクが現在日本独特のカフェ文化として確立されたのですね。

他にも気になるドリンクを解説!!

  • カプチーノ

カプチーノはイタリア発祥のドリンクでエスプレッソに温めた牛乳と泡立てた牛乳を加えたものです。

ココアパウダーで香りづけをする場合もあります。

  • マキアート

マキアートはイタリア語で『染みのついた』という意味です。

『カフェマキアート』はエスプレッソに泡立てたミルクを少量たらしたもので

エスプレッソにたらしたミルクが染みのようだったことから名づけられたそうです。

『ラッテマキアート』だとミルクにエスプレッソを少量たらしたものになります。

ラッテマキアートはコーヒー風味のホットミルクということですね。

 

  • ウインナーコーヒー

コーヒーの上にたっぷりの生クリームがのったドリンクです。

オーストリアのウィーン発祥の飲み方なのでウインナーコーヒーといいます。

でも実際はウィーンには似ているドリンクはあるもののウインナーコーヒーは無いそうです。

 

ちなみにこの生クリームは溶かしてのむのか先に食べるのか?

正しい飲み方は決まっていないのでお好みで溶かしても単独で食べてもオッケーです。

アイスドリンクの場合はドリンクに溶けにくいので別々で楽しむのがいいかもしれませんね。

 

まとめ

カフェオレ、カフェラテ、カフェモカそれぞれ別々の国から伝わったものでした。

それが日本でカフェメニューとして独自の文化として定着していったのですね。

スポンサードリンク

それぞれの違いを知った上でのむコーヒーはまた違った美味しさを味わえるかもしれませんね。

-グルメ・食品, 雑学・豆知識

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.