年中行事・イベント

父の日2018年はいつ?私がおススメする最も無難なギフト4選!

投稿日:2017年11月3日 更新日:

スポンサードリンク

母の日は割りとすんなりプレゼントが決まりやすいですよね。

それは日頃お母さんとは話を良くするのに、お父さんとはなかなか会えなかったり、話もしなかったりするからです。

でも父の日くらいはお父さん孝行してあげましょう。

■父の日っていつなの?2018年度は何月何日?

母の日はかなり大々的に告知しているので分かりやすいのですが、父の日ってひっそりとしすぎてて、気づいたら過ぎていた!なんてこともあります。

毎年、6月第3日曜日が父の日です。

毎年なので、とにかく第3日曜と覚えておきましょう。

2018年は6月17日(日)です。

父親に感謝する日もあるべき!と言う考えから生まれた父の日ですが、日頃加齢臭がすると近寄らない人でもせめて、父の日くらいは仲良くしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

男性は口には出しませんが、結構さみしがりやです。

家族が楽しげにしているところに帰って来たとたん、蜘蛛の子を散らすようにリビングからいなくなるとお父さんも張り合いがなくなってしまいます。

■父の日のプレゼントは失敗しない無難な品物を!

まだお仕事バリバリのお父さんなら、無難な路線で仕事でも使える物をプレゼントすると失敗は少ないです。

ちなみに今年の父の日に私は名刺入れをプレゼントしました。

名刺入れもそこそこ高い物を選べば、出来る男を演出出来ます。

名刺入れの他にも、ネクタイハンカチなんかは超無難なプレゼントですし使ってもらえる確率はかなり高いです。

Yシャツをプレゼントすると言う人もいるようですが、YシャツってS・M・Lとかだけじゃなく首回りのサイズもあるのでデザインが気に入ってもらえても着れないなんてこともあります。

あともうひとつ無難なのが小銭入れ。

男性って女性と違って小銭入れを持ち歩く人ってとても多いです。

小銭入れならおしりのポケットに入るのでずっと使ってもらえますよ。

スポンサードリンク

■メタボが気になるお父さんには万歩計を贈ろう!

痩せろと言う意味を込めて、運動グッズをプレゼントして、嫌でも脱メタボを目指してもらいましょう。

運動靴なんかは、やっぱり履いてみないとフィットするかしないか分からないものです。

そこで、役立つプレゼントは万歩計。

しかもただの万歩計ではお父さんは持っていくのをついつい忘れてしまいそうなので、ベルトと一体型の万歩計なら会社の行き帰りや、ちょっとしたお出掛け必ずつけていけるので、忘れないで持ち歩けます。

素材は牛革なのでおしゃれにうるさいお父さんでも喜んでくれそうです。

■お酒が好きなお父さんには・・

お酒を飲むことが好きなお父さんには、やっぱりお酒をプレゼントすると喜びます。

普段自分のおこづかいでは買えないような、ちょっと高級なお酒を家族全員でお金を出しあってプレゼントしてあげれば、一人頭の金額も少なくなりますし、飲み歩いているお父さんの帰宅も少しは早くなることでしょう。

父の日ギフトとして名前を入れることも出来ますが、お酒好きなお父さんはそんなの気にしていません。

せめて父の日くらい、お父さんの好きな物をたくさん並べて、プレゼントしたお酒をついであげれば大喜びです。

酔っぱらい過ぎて絡んできたら、気づかれないように姿を消しましょう。

■あなたがお酒を飲める年齢なら思い出をプレゼント

子供のあなたがお酒を飲める年齢なら、静かな飲み屋を予約して、お父さんと子供で飲みに行くのも素敵な父の日のプレゼントです。

形は残らないですが思い出は深く残ることでしょう。

お酒を飲まないお父さんなら親子で食事に行くのもアリです。

お父さんと子供で出掛けることに意味があります。

男性同士ならお母さんがいると話せないような話も出来ますし、あなたが女性ならキャバ嬢との同伴と間違われないように派手な格好ではなくシックな格好でお父さんとデートしてあげてもとても喜びますよ。

■いっそのこと家族旅行に連れていく

これはお母さんも誘わないと可哀想なので、家族旅行になってしまいますが、子供が小さいときはみんなでよく家族旅行をしたと思います。しかし大きくなると家族全員バラバラで行動するようになってしまいます。

そんな子供が小さかった時を思い出させるように、家族旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

別にわざわざ遠くまで旅行に出掛けなくても、近場の温泉でも良いので1泊家族全員で昔の事を思い出しながら、温泉に入ったり、普段個々の部屋で寝ているのに、ひとつのお部屋で全員で寝たりして思い出を作ると、いつもムスっとしているお父さんでも、きっと顔がほころんできますよ。

■お会計時の注意点

プレゼントを贈る場合は別として、一緒に食事に出掛けたり、旅行に行くときに支払いはお父さんがしそうになります。

お父さんは子供にお金を出させたくはないので必ず支払いをしようとします。

レジ前で揉めているのは格好悪いのでスマートに支払うために、食事に行ったら「ちょっとトイレに行ってくる」と言い、その隙に支払いを済ませませしょう。

旅行に行ったら、予め先払いで支払ってしまいましょう。

スポンサードリンク

■まとめ

父の日は母の日よりも影が薄いでのでプレゼントに困ってしまいますが、これからも頑張って働いてもらえるように感謝しつつ、いろいろ工夫をしてお父さんに喜んでもらいましょう!

-年中行事・イベント

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.