年中行事・イベント

意外と知らない?クリスマスの名前の由来と意味!12月25日になった理由も!

投稿日:2017年9月24日 更新日:

スポンサードリンク

毎年クリスマスの時期になると、大人も子どももワクワクしちゃいますよね。

街を彩るクリスマスツリーにイルミネーション、そして可愛いケーキやスイーツの数々。

それだけでなんかもう幸せな気分になっちゃいます♪

 

恋人がいれば、デートはどこがいいかな~なんて考えたり、いなきゃいないで

「クリスマスなんてどーでもいいや!」って思ったり。

そんな私たちにとって身近で特別な日”クリスマス”ですが、皆さんはその語源や歴史って

どこまで知ってますか?

 

イエスキリストが生まれた日でしょ!?

私もそれくらいはなんとなく知っていました。

と言うか、知ってたつもりでした。

スポンサードリンク

 

でも実際調べてみたら、意外と知らなかったことがたくさんあってビックリ!!

皆さんも気になりますよね?

これを知ったら、きっとあなたも周りの人に話したくなっちゃうはずですよ。

『”クリスマス”の語源って??』

私たちが言う「クリスマス」は、英語の「Christmasu」から来ていて、

その語源は「Christ’s Mass」つまり、「キリストのミサ」を意味するのだそうです。

う~ん、なるほど。ミサとは礼拝のことですね。

 

また、少しくだけた略記として「Xmas」や「X-mas」があります。

日本ではよくアポストロフィを付けた「X’mas」を見かけますよね。

あれはどうなの?と調べてみたところ、和製英語とする説や、

アポストロフィを付けるのは誤りという説など、今まで解釈に

いろんな経緯があったようです。

 

「X」は、「Jesus」のギリシャ語表記の頭文字であり、十字架のクロスを

意味するとも言われているのだとか。

 

今まで何気なく使っていましたが、これから手帳に「クリスマス会」なんて書くときに、

どの表記にしようかな~?なんて迷っちゃいそうです。

『クリスマスの起源は? 12月25日になった理由とは!』

これは調べて驚いたことなのですが・・・

クリスマスはなんと、元々キリスト教の行事ではなかったみたいなんです。

では何が起源だったかと言いますと・・・

 

まぁ、諸説あるそうなのですが、

古代ローマで冬至に行われていた「太陽神の誕生祭」や「農耕神への収穫祭」が、

イエスキリストの生誕祭となったという風に言われているのだそうです。

 

当時のローマでは太陽神を崇拝する異教徒が大きな力を持ち、12月25日を

太陽神を祭る祝祭日としてましたが、初代のキリスト教指導者たちが、その異教徒たちと

スポンサードリンク

摩擦や対立を生まずしてクリスマスを広めるために、同日をクリスマスとしたとされています。

 

現在私たちのイメージするクリスマスの形になるまでには、いろんな歴史があったんですね。

太陽神や農耕神にも感謝する日だったとは!

『クリスマスの歴史~日本でのクリスマスの風習はいつから?~』

では、日本にクリスマスがやってきたのはいつ頃だと思いますか?

キリスト教の普及と言えば、日本史に詳しい人はわかりますよね?

 

そうです!

あのフランシスコ・ザビエルが信徒を集めてミサを行ったことが始まりで、

1552年と言われています。

 

1560年頃には、京都にキリシタンらがおよそ100名集まり、盛大に降誕祭を

行ったという記録があるそうです。

 

しかし1617年に幕府がキリスト教禁止令を発令。

その後の開国まで、クリスマスは日本の歴史から姿を消していました。

なんとなく、

 

近年の風習なのかな~と思っていましたが、ザビエルの時代から

人々が祝っていたんですね~。

 

 

ではいつ頃解禁になったのでしょうか。

それは、明治時代のキリシタン放還令に遡ります。

 

 

明治8年に勝海舟の家族が、知人のアメリカ人家族とクリスマスパーティーを

したという記録

 

 

大正時代にはクリスマスらしいディスプレイだったり、日本映画にサンタクロースが

登場したりと一般市民にもかなり浸透してきたことがわかります。

 

やがて第二次世界大戦でその賑わいは影を潜めますが、戦後、有名デパートなどを中心に、

少しずつクリスマス商戦が戻ってくるようになったそうです。

 

街にジングルベルが鳴り響き、酔っぱらったお父さんがケーキをぶら下げて帰ってくる!

なんて光景は、戦後日本の景気が回復してきた頃からなんでしょうね~。

 

その後どんどん洗練されてきて、今ではクリスマスの楽しみ方もすっかり多様化

してきているように思います。

まとめ

いかがでしたか?

現在のクリスマスのイメージに辿り着くまでには、かなりの年月を経てきているんですね。

特に、なぜ12月25日なのかということに関しては、”キリストのお誕生日“というくらいの

知識しか持っていなかったので、本当に驚きました。

 

早速、誰かに教えてあげたくなっちゃいますよね。

わーい!クリスマスだ~!!なんて、いつも浮かれてた私を反省(汗)

今年はクリスマスの起源や歴史にも思いを馳せながら、ちょっぴり大人な感じで過ごしてみたいと思います。

関連記事はこちら▼

スポンサードリンク

クリスマスプレゼントはいつ買うのがおススメ?絶対子供にバレない為の注意点とは?

-年中行事・イベント

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.