雑学・豆知識

フラミンゴの足の不思議!なぜ一本立ち?ピンク色の秘密も大調査!

投稿日:

スポンサードリンク

動物園の鳥類エリアでひときわ目を引くのがフラミンゴですよね。

鮮やかなピンク色の体と一本足で立つ様子はとてもインパクトがあります。

フラミンゴ柄の洋服や小物も多く、とてもかわいくて人気の動物です。

そんな人気のフラミンゴについてご紹介していきます。

フラミンゴってどんな鳥?

フラミンゴはアフリカ、南ヨーロッパ、中南米の塩湖や干潟に生息しています。

数千羽から百万羽ちかくの大きな群れを形成して生活しています。

体は淡いピンク色から鮮やかな紅色をしています。

種類によって色は違いますが、どの種類もきれいな紅色をしています。

 

くちばしは『への字』状の特徴的な形で、

スポンサードリンク

脚は細くて長く水辺にいるときは、片足でたっているのが特徴的です。

フラミンゴはどうして片足でたってるの?

フラミンゴといえば片足立ちが印象的ですよね。

細くて長い真っ直ぐでまるで枝のような足をしています。

この細いあしで体を支えているのですが、水辺ではさらに片足でたっています。

どうして片足でたつ必要があるのでしょうか。

 

片足で立っている理由はいろいろ仮説があります。

水に浸かって冷たくなった足を温めている。

フラミンゴは水辺で餌を取っている為、水に浸かっている足から体温を奪われないように、

片足ずつ交互に水に浸かるようにするために片足立ちをし、

曲げた足は折りたたみ羽の中で温めているという説です。

フラミンゴは足が長いために血管が細く足が冷えやすいので

水の中にいるときは寒さ対策が必要なのです。

 

・ずっと立っているので片足ずつ休ませている。

フラミンゴは細くて長い足で大きな体を支えています。

足が長いため座ったり足を曲げたりすると立つのがとても大変です。

天敵が襲ってきたときに瞬間的に対応できないと困るので

座るのではなく立ったまま足を休める方法として片足で立ってもう片方を休めているのです。

 

・片足で立っているほうがバランスがいい。

フラミンゴの体は片足で立つのがベースにあり、

片足立ちで安定する体のバランスになっているという研究結果があります。

どうして片足立ちなの?

と私たちは思いますが、フラミンゴからしたらどうして両足でたってるの?

という視点で見られているかもしれませんね。

フラミンゴはどうしてピンク色なの?

スポンサードリンク

フラミンゴは鮮やかなピンク色の体をしていますが、

産まれたばかりの赤ちゃんは灰色なんです。

つまりフラミンゴのピンク色は後天的なものでもともとの色は灰色ということです。

 

フラミンゴのピンク色は食べている餌の影響です。

野生のフラミンゴは『スピルリナ』という藻類を食べています。

スピルリナには『βカロチン』が含まれており、

このβカロチンを取り続けることにより

フラミンゴの色はだんだんピンク色になっていくのです。

食べ物だけであの鮮やかなピンク色になるなんて不思議ですよね。

 

動物園ではスピルリナを用意することは難しいので

餌にβカロチンを添加した餌をフラミンゴに食べさせています。

βカロチンはとり続けないと元の灰色に戻ってしまうからです。

フラミンゴが灰色だったらフラミンゴだと気付かないですよね。

本来は灰色の動物なんですけどね。

フラミンゴの特徴的なへの字型のくちばし!!

フラミンゴといえばピンクの体と一本足が一番に思い浮かぶと思いますが

実はくちばしにも他の鳥とは全く違った特徴があります。

まず形ですが顔の大きさのわりに大きなくちばしで『への字』型をしています。

近くで見るとくちばしのふちには細かい毛がクシのようについています。

 

フラミンゴはこの特徴的なくちばしでとても面白い食べ方をします。

フラミンゴの主となる食べ物は藻類なのですが、

への字に曲がったくちばしを水の中につっこみ

ショベルカーのように上のくちばしで水をすくうようにして餌をとります。

でもこれだと水を大量に飲みこんでしまうので、

口の中で下をパシャパシャ動かしてくちばしに付いている毛を

フィルター代わりに水を口外に出して効率的に藻類だけを食べるのです。

 

フラミンゴのくちばしはただ特徴的な形なのではなくて、

効率的に食事をする為の理想的な形になっていたなんて驚きですね。

余計な水分を摂取することなく餌を食べる事が出来るので

塩水の塩湖や干潟でも藻類をたべて生活ができるのです。

 

このくちばしの特徴はフラミンゴだけにみられます。

だから他の動物が食べる事ができない餌を独り占めして食べる事ができたのです。

フラミンゴ独特のピンク色もこのくちばしが

スピルリナを効率的に摂取できる仕組みになっているからこそだったということですね。

まとめ

鮮やかなピンク色で動物園でもひときわ目立つフラミンゴには

他の鳥には見られない特徴がたくさんあります。

他の鳥たちが生息できない地域で生き抜くために進化していった結果

特徴的なくちばしを手に入れ、藻類を食べる事ができピンク色の体になり

水辺で生活する為に片足立ちで体温や体力を温存するというスタイルになっていったのでしょう。

フラミンゴの特徴ひとつひとつに意味があって進化していったのですね。

スポンサードリンク

 

-雑学・豆知識

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.