生活・暮らし

実際使ってみた!布団ブラシ付き掃除機のメリットとおすすめ教えます!

投稿日:

スポンサードリンク

掃除機には布団ブラシ用のノズルが付属してついている場合もありますが、ついていない場合は汎用品を使うことが出来ます。

布団ブラシなんて使うことを一生ないと思っていたのですが、使ってみると案外便利なもので、もう手放せなくなりました。

そんな実際使っている私が布団ブラシのメリットとおすすめ商品をご紹介していきたいと思います。

■布団ブラシのメリットって何?どの辺りで使えばいいの?

布団なんて天気のいい日に干せばダニは死滅するし、ふわふわになるし、布団ブラシなんて必要ないと思っていましたが、天日干しすることで布団内部の湿度を下げることが出来るのでお日様に当てることで殺菌されます。

が…!天日干しをしてふわふわになったと喜んで室内に取り込むと、また湿度が上がっていきます。

まるでいたちごっこのようですが仕方のないことです。

ダニ自体は乾燥を嫌うのですが、たかが数時間の天日に干したくらいでは全滅するほどの生命力は弱くはないのです。

ダニは温度60℃以上を20分以上継続すれば死滅させられるのですが夏場に天日干しして完璧と思っていても、布団の表面温度が60℃以上になることはありません。

どうしても自宅で温度60%以上にしたければ、布団専用の黒色のビニールで包んで干すとダニは死滅します。

スポンサードリンク

https://item.rakuten.co.jp/livingut/155407/

死滅したダニたちを吸いとるのに布団ブラシは使うのです。

■近所迷惑になるぐらい布団を叩いていませんか?


なぜか日本は昔から布団を取り込む時に叩くという習慣がありますが、この方法はオススメ出来ません。

おそらく布団を叩くことによってついた花粉や汚れやダニがたたき落ちるというイメージで作られたものだと思うのですが、布団を叩くことによって、せっかく死滅したダニの死骸が砕け散ってしまい、布団の表面に出てきてしまいます。

花粉などが気になる場合は叩かず手で払うぐらいで、結構落ちるものですし、ここで活躍するのが布団ブラシ付き掃除機です!

布団専用のブラシなので、布団を吸い込むことなく表面についている、汚れやダニの死骸など吸い取ってくれます。

特に最近アレルギー持ちの人が多いので、一家に一台はあった方が良いかと思い思われます。

しかも布団ブラシで掃除機をかけていると、結構な量のホコリがとれます。

こんな布団で寝ていると思うとゾッとしてしまいますよね。

■おすすめ!布団ブラシつき掃除機!


布団ブラシ付き掃除機にもいろいろありますが、布団専用の掃除機を発見しました!

TOSHIBA制の専用掃除機VC-CLF1

https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living/cleaners/vc-clf1/index_j.htm

ダニの死骸や花粉などを叩きながら出して吸い込む、強い吸引力を持っています。

なんとモーター駆動は毎分1600回とかなりの叩きを実現し、99%のアレルゲンを除去してくれます。

しかも布団によって使い分けができ、吸い付きやすいかけ布団や毛布などは届いてるかしてスムーズに吸引してくれます。

羽毛布団モードもあり、羽毛布団はとてもデリケートなので叩きなしで吸引をしてくれるようになっています。

一応すき間ノズルなども付いているので、ちょっとした隙間のゴミを見つけた時には大きな重い掃除機を出して、必死に掃除するよりは楽かもしれません。

・別売品ふとん用ノズルアトピットMC-ATP10

https://item.rakuten.co.jp/jism/4984824952652-21-22053-n/

スポンサードリンク

残念ながら付属品ではないのですがネット状固形ローラー回転式で、とても使い勝手が良いようです。

どんなに布団ブラシが布団にくっつきにくいとは言え100%スムーズに動くわけではありません。

多少なりとも布を吸ってしまいイラッと来ることがあります。

でもこれはコロコロ転がすタイプなので布団にくっつかないのが最強です。

特に吸引力の劣らないサイクロン掃除機の方が使い勝手は良さそうです。

しかも何と言ってもパナソニック製品ですが、全メーカー共通つぎ手パイプ付きなので、わざわざ掃除機はパナソニック製に変えなくても良いので経済的でgoodです。

丸洗いも出来るので、常に清潔に保てて、気持ちよく寝れそうですね。

・やっぱり吸引力に劣らないダイソンが個人的にはイチオシ!

掃除機といえばダイソンというぐらい吸引力が、劣らないと有名なダイソンですが、我が家もダイソンの掃除機を使っています。

ダイソンのセットを買うと一式まるまる布団ブラシなどもついてくるので、ちょっとお得な気分です。

しかし、説明書をなくしてしまったので、何に使うか分からないブラシもあるので説明書は大切に保管しておきましょう!

我が家では8年前に購入したダイソンの掃除機ですが未だ吸引力を劣らず、布団干した後にも布団ブラシで吸引しています。

ただダイソンの難点としてはとても音がうるさいことです。とても夜中に掃除機はかけられません。

それだけ我慢できればダイソンが一番かと思います。

■まとめ

布団は天日に干しただけではダニは死滅しないことがわかりました。

むかつく旦那の代わりに布団をバンバン叩いてもアレルゲンが表面に出てくるだけなので余計ムカついてしまいます。

スポンサードリンク

やはり布団を取り込んだら掃除機でしっかりと布団の汚れを取ることにより、快適な眠りに入ることが出来ます。

-生活・暮らし

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.