育児・子育て

赤ちゃんのギャン泣きっていつまで続くの?新生児の心の声の見極め方は?

投稿日:2017年12月13日 更新日:

スポンサードリンク

ママになると必ずと言っていいほど直面する悩みがあります。

それは赤ちゃんの「ギャン泣き」!

正直、ママになるまでそんな言葉すら知らなかったですけどね^^;

 

一応説明しておきますと、その名の通り、赤ちゃんがギャンギャン泣き続けることを言います。

言葉が話せない赤ちゃんだからこそ、全身で何かを伝えているんでしょうし、

母ならばその気持ち、状況を的確にキャッチしたいと思うものです。

 

でも、何をしてもギャン泣きし続ける赤ちゃんを目の前にすると、正直どうして

いいのかわからなくなってしまうんですよね。

しかも、そんな時に限って、たいていパパはおろおろするばかり・・・。

 

もう途方に暮れるしかない、なんて経験のあるママたちは多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

でも、もしこのギャン泣きがいつ頃になれば終わるのかを知っていたら、

少し気持ちが楽になると思いませんか?

 

今回は先輩ママたちの経験などをもとに、なぜ赤ちゃんがギャン泣きすると

考えられるのかということと、ギャン泣きを卒業する時期などについてまとめてみました。

ギャン泣きの理由として考えられる事とは?


まずは、赤ちゃんがママに伝えたいことが何なのかを考えてみましょう。

一通り対応してみると、「これだったのね~」という瞬間があるかもしれません。

 

理由は、大きくわけて二つ考えらます。

一つ目は、身体的に不快なこと。

二つ目は、精神的に不安を感じていること。

それぞれ例を挙げますので参考にしてみてくださいね。

身体的な不快

・「お腹がすいたよぉ~」

新生児やまだまだ月齢の小さい赤ちゃんは、おっぱいを飲む力が弱く、

一度にたっぷり飲むことができません。

そのためお腹がすくのも早く、授乳の間隔も短いですよね。

ママが忙しくしていたりすると、授乳のタイミングがとれない場合が

あると思います。

そんなとき、赤ちゃんは全力で泣いてお腹がすいたことをアピールします。

それがギャン泣きです。

 

おっぱいを与えると、ごくごくごくごく・・・ものすごい勢いで飲む姿に、

「お腹がよっぽどすいていたのね・・・」と、赤ちゃんにごめんね、の気持ちになりますよね。

・「ゲップが出なくて気持ち悪いよぉ~」

授乳つながりですが、赤ちゃんがおっぱいを飲んだ後、ゲップをさせていますか?

しっかりと縦に抱いて、ゲップを出してあげないと、お腹にガスが溜まって

せっかく飲んだミルクや母乳を吐き出してしまったり、なんとなく身体に

不快を感じてしまいます。

飲んだあとにギャン泣きしたことが原因で吐いてしまうことも。

・「おむつが不快だよぉ~」

赤ちゃんが泣くと、ママはまず「おむつ替えなきゃ!」って思いますよね。

そして、手際良く替えました!!

でも泣き止まない・・・。

そんな経験ありませんか?

 

実はおむつって、サイズが合っていないと赤ちゃんはとても苦しいんです。

お腹のところの締め付けや、太もものあたりのサイズ感は、よくチェックしてあげましょう。

赤ちゃんの成長は思っている以上に早いです。

 

おむつを買い溜めしている場合、残りが無駄になってしまうと思って

つい小さめのサイズのまま使ってしまいがちですが、赤ちゃんが不快を

感じていたら思い切って次のサイズにアップしてあげた方が良いですね。

 

また、おしりかぶれについても気をつけてあげましょう。

一度かぶれてしまうとすぐには戻りにくいですよね。

うんちのあとはぬるま湯につけたガーゼなどで優しく丁寧にケアして

あげるなど、赤ちゃんの身体は清潔に保ってあげるようにすると、ギャン泣き

につながることも少なくなると思います。

・「暑いよぉ~。寒いよぉ~。」

赤ちゃんは体温調節が未熟です。

そのため、ちょうど良い温度を保ってあげる必要があります。

大人が寒いからといって、ガンガンに暖房や冷房をかけるのは、赤ちゃんに

とっては大変不快と言えるでしょう。

また、冬に厚着をさせ過ぎるのも、汗をかいてそれが冷えることにより

風邪をひく要因にもなりかねません。

赤ちゃんにとって今が適温なのか?それを頭に入れながら一緒に生活

スポンサードリンク

することが必要ですね。

温度だけでなく、湿度もちょうど良い状態にしてあげると良いでしょう。

・「体がかゆいよぉ~。痛いよぉ~。」

言葉が話せない上に、ジェスチャーで表現することもできない赤ちゃん。

かゆかったり、痛かったりという身体の苦痛も、ギャン泣きという手段でしか

ママに訴えられません。

ギャン泣きのあと、急に熱が上がってくるということもよくあります。

風邪やインフルエンザなどの可能性もありますので、どうしても泣き止まない

場合は自己判断にせず、かかりつけの小児科で診てもらうと安心です。

精神的な不安からのギャン泣き

・「何の音?すごく怖いよぉ~。」

大人が何かを落とした音、聞いたことのない音、ものすごく大きな音・・・

赤ちゃんにとっては刺激が強すぎる音というのは存在します。

そんな物音に驚いて、一気にギャン泣きへ!!

ということはよくあります。

 

そういえば、うちの子が0歳児だった頃、新幹線の中で泣き止まなかったのは、

本当に辛かったです(>_<)

帰省するための約3時間、私は我が子を抱いたまま、ずっとデッキに立っていました。

 

恐らく原因は、新幹線のゴーーーーーーーーーーッという音と、トンネルの

暗さなのではないかと思いました。

 

気が紛れるように、優しく耳元で歌ってあげたり、ゆらゆら抱いてあげたり・・・。

それはそれは大変な3時間でした^^;

・「ママの抱っこがいい~。」

初めての場所、初めての人。

赤ちゃんにとって不安になる要素は、そこら中にたくさんあります。

赤ちゃんにとって、世界で一番自分を守ってくれて安心できる存在は、

ママやパパなんですよね。

とにかくママに抱っこされていたい!

でないと、安心できない!

という場合に、赤ちゃんはその気持ちを伝えたくて、ギャン泣きで訴えてくることがあります。

 

そういう時って、他の人がいくらあやしても、ものすごい勢いで泣くんですよね。

この世の終わりか!?っていうくらいに(笑)

ママが抱っこした途端に泣き止むなんて、ママの醍醐味っちゃあ醍醐味ですよね。

・「眠いのに、眠れないよぉ~」

赤ちゃんは眠いとぐずりますよね。

ぐずぐずしながらも、抱っこしてあげたり、ベビーカーに乗っているうちに

寝ていたなんてことはしょっちゅうです。

でもそれがギャン泣きの場合は、少し厄介なんですよね。

赤ちゃんも眠れなくてイライラしちゃってるんですから。

泣くことで余計興奮状態に陥り、寝付けなくなってしまったり・・・。

でもでも、そうです。

いずれ寝ます^^;

 

おっぱいやミルクを飲ませるなど、ちょっと気分転換をさせてあげると

案外パタッと寝ちゃったり。

とにかく安心させてあげるのが一番なんですよね。

赤ちゃんのギャン泣き いったいいつまで続くの?

赤ちゃんのギャン泣きって、いつまで経っても心配だし、ママのストレスにも

なっちゃいますよね。

この状況、いったいいつまで続くのでしょうか?

乳児には特によく泣く時期というのがあり、これは全く特別なことではありません。

生後2週目頃から、生後3、4か月頃の時期がピークとされているそうです。

どの赤ちゃんも必ず通る道ですので、過度な心配は必要ないでしょう。

生後5か月にもなると、徐々におさまってくると考えられますので、今とても悩んで

いるママたちも、「あと〇ヶ月くらいかな?」という少しおおらかな気持ちで

赤ちゃんに接してあげられたらいいですね。

 

ただ、1歳児は1歳児なりの。2歳児は2歳児なりの激しい泣き方というのも

存在します^^;

でもそれは原因がはっきりとわかってくるようになりますので、赤ちゃんの

ギャン泣きとは別物としておきましょう~。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんのギャン泣きは、ママたち共通の悩みだと思います。

もしママ友がいたら、「うちもそうなのよー」なんて言いながら、気持ちを

共有するとホッとできますよ。

泣き止まないときには本当に困ってしまいますが、逆に全く泣かない

赤ちゃんだったらもっと心配ではないですか?

あなたの赤ちゃんはママに自分の思いを泣くことで伝えられるんですから、

すごいと思います。

過ぎてしまえば良い思い出となりますので、今全身で何かを伝えようと

スポンサードリンク

している赤ちゃんを愛おしんであげてくださいね^^

-育児・子育て

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.