年中行事・イベント

お花見に必要な持ち物と食べ物は何?初幹事で失敗したくない時のチェックリスト!

投稿日:

スポンサードリンク

春になったら満開の桜の下でお花見を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

ちょっと見物しに行って帰るなら手ぶらでもOKですが、桜を眺めながら飲み食いも楽しいですよね。

そこで今回はそんなお花見には外せない持ち物や食べ物考えてみました!

特に花見初心者の方はもちろん、初めて幹事を任された、更なる幹事スキルを高めたいといった方にも参考にしてもらえたらと思います。

お花見に必要な持ち物リスト

いざ出掛ける間際に荷物を揃えると結構忘れ物が多くなってしまい「しまった!持ってくれば良かった!」なんて物もあります。

事前準備として、持ち物リストを書いて前日夜までにはチェックを入れながら揃えれば万全の体制で出掛ける事が出来ますよ。

それでは早速お花見に必要な持ち物を一緒にチェックしていきましょう♪

レジャーシート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサードリンク

[最大500円クーポン有]【1000円ポッキリ】 送料無料 ブルーシート B12-3654 アイリスオーヤマ 【アウトドア用品・レジャー用品・レジャーシート】【花火】
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/10/19時点)

なるべくなら厚手の物が座り心地は良いです。

人数が多ければ、なかなか全員座れる厚手のシートは見つからないと思うので、ブルーシートは安くて大判なので重宝しますよ。

ただし、薄いのでおしりは痛くなりやすいですので、多人数のお花見の際は、段ボールなんかも持っていって女性に座ってもらいましょう。

薄手の座布団

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

低反発 クッション / 低反発スクエアクッション/【ポイント 倍】
価格:950円(税込、送料別) (2017/10/23時点)

段ボールより座り心地が良いのは座布団です。あった方が長時間座っているのに快適に楽しめます。シートが薄ければ薄いほどおしりも痛くなりますし、冷えてきます。

汚れてもいいような安めの座布団やクッションがおススメです。

ウェットティッシュ

やっぱり手が汚れやすいので、汚れる度に洗いに行くより楽です。

万が一おトイレでの紙がない時用にも重宝します。

紙コップ、紙皿、箸など

やっぱり飲み物や、食事の取り分けには、持っていかないと手づかみで食べなくてはなりません。

人数分用意すればいっか!とぴったりの数で用意すると大抵足りなくなります。

なので人数の2~3倍は持っていきたいものです。

油性ペン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼブラ 油性マーカー マッキー極細 黒
価格:88円(税込、送料別) (2017/10/23時点)

人数が多いと紙コップや、皿が誰のものかわからなくなってしまいます。

名前を書くのにあれば便利です。

ガムテープ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウネット 布テープ 軽梱包用 1巻| 梱包 梱包資材 テープ 引っ越し 引越し ガムテープ 布 梱包テープ 粘着テープ 作業用品 生活雑貨 カウモール
価格:133円(税込、送料別) (2017/10/23時点)

スポンサードリンク

何枚かのシートを広げて繋げるときに使います。場所取りした時にも、名前が書いておけるので何かと使えます。

トイレットペーパー

お花見ピーク時には公衆トイレのトイレットペーパー切れが多発します。

それと、必ず誰か一人は飲み物をこぼすので、拭くのにも便利です。

ゴミ袋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半透明ゴミ袋 スタンダードタイプ45L 50枚
価格:438円(税込、送料別) (2017/10/23時点)

楽しんだお花見で出したゴミは放置せず、ちゃんと持ち帰りましょう!

ぐらい持っていくと慌ててコンビニに走らなくても良いですね。

(番外編)洗濯ばさみ

個人的に用意したいものは洗濯ばさみです。

なにを挟むのかというと、バラバラになりやすい靴を左右揃えて洗濯ばさみで挟んでおけば、バラバラになって探す手間も省けますし、目印になるので、酔っぱらいに間違って履いて行かれる心配もなくなります。

■食べ物はなにが必要?

食べたい物を持っていけば良いのですが、自分で作る場合は仲の良い友達同士なら「私卵焼き作るー!」とか持ちより制にするのもいいかもしれません。

経済的ですし一人で早朝から必死に全員分を作らなくても良いので、友達同士でお花見の場合は各々で何品かづつ持ち寄って食べると、いろんな味が楽しめますし、負担も分担出来ます。

会社などの大人数の時は、大抵会計を任されている人がいるはずです。

いくらまで使って良いかお伺いをたてて、オードブルを事前に注文しましょう。


楽天デリバリーはこちら▼

しかし、食べ物だけでお金を使いきってしまうのはダメですよ!

飲み物も必要です。

お茶しか飲まないようなグループならペットボトル入りのお茶を数本買うだけで安く上がりますが、やっぱり大人がいるとお酒を飲みたくなるものです。

お酒も、好みに合わせて選んでしまうと、予算オーバーしてしまうので、焼酎とビールだけとかに種類を絞って持っていけば、最初は「あれが飲みたかった!これが良かった」なんて文句も出ますが、酔っぱらってしまえば何を飲んでも一緒になってきます。

ビール、焼酎、お茶、ジュースで揃えておけばOKです。

■女子ならやっぱりお菓子も必需品!

お菓子なんかも持っていった方がお花見を長時間楽しめます。

食事系はお腹いっぱいでもお菓子は別腹なのでちょこちょこつまみながらお花見をすることが出来ます。

チョコレートやスナック菓子なんかつまみながらおしゃべり出来るお菓子を大袋で用意した方がお得ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちょこチョコセット チョコレートが盛りだくさん!!【送料無料】
価格:3500円(税込、送料無料) (2017/10/23時点)

■夜桜見物には寒さ対策が必須!

私が何度も失敗したことなのですが、夜桜を見たくて、友人たちと出掛けるのですが、毎回「持ってくれば良かったー!」と後悔する物があります。

それはブランケット

桜が咲く頃は昼間は暖かくなっていますが、夜はまだまだ冷え込む時期です。

夜桜を見に行くと、だんだん体が冷えて帰る頃には温泉にでも行きたくなるくらいブルブルしています。

お花見の席で温かい食べ物はなかなかないので、只でさえ冷え込んできているのに、冷たい飲み物ばかり飲んでいるとトイレばかり行くはめになってしまいます。

ブランケットがあれば羽織っても良いですし、足にかけておいても冷えから体を守る事が出来るので、1枚は持っていった方が良いですよ。

■まとめ

お花見の持ち物や食べ物はリスト化して忘れ物のないようにしておけば、コンビニに何度も走り込まなくて済みますし、夜桜なら寒さ対策も必要です。

スポンサードリンク

万全な体勢でお花見を楽しみたいですね!

-年中行事・イベント

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.