生活・暮らし

引っ越しマニアが伝授!ダンボールの荷造りのコツや私の片付けマル秘テクニック!

投稿日:

スポンサードリンク

ついこの前旦那さんが単身赴任で引っ越ししていきました。

しかし、私もなかなかの引っ越しマニアで独り暮らしの時は2年の更新の度に引っ越していました。

そんな引っ越しマニアが引っ越しのためにどこからどう手をつければ良いのか伝授します。

■1、意外と知らない引っ越し業者を頼む際の注意点

それによっても大きく変わってきますが、今回は業者を頼むと考えて話を進めていきたいと思います。

今時ならネットで業者を探すのでしょうが、一番避けたいのが、一括見積もりサイトです。

とにかく電話の嵐になってしまうので、出来たら一社ごとに見積もり依頼を出した方がよいですよ。

しかも、電話で大体の予想金額を提示してきますが、いざ実際に見に来ると大幅に値段が跳ね上がってきます。

電話で見積もりした中で2~3社に絞って家に見に来てもらい、その中からどれだけ割り引きしてくれるのか?

特典はつくのか、その辺で見極めて業者を決めて、段ボールや食器を包む物など多目に貰っておきましょう。

スポンサードリンク

なぜ多目に貰っておくかと言うと、私がケチだからではなく、持ち物が少なく見えてもチマチマしたものが結構出てくるんですよ。

段ボールが少なくて困るより多目に貰っていらなきゃ返せば良いだけなのでなるべく多目に貰っておきましょう。

■2、なにから段ボールに詰めていくか

適当に詰めると自分では把握してると思っていても絶対に(というか100%)引っ越し先でワケわかんなくなってしまいます。

まずは今現在使っていない物を種類別にわけて詰めましょう。

おそらく種類別だと段ボールに隙間が空くものもあるでしょう。

その隙間に目についた物を適当に詰めると、引っ越し前に必要になったりして探すはめになります。そして、引っ越し先でもかなり探します。

例えば夏に引っ越しをするのであれば、冬用の衣類、毛布、などから詰めていきましょう。

■3、食器類は最後まで使うものを残して詰める

ほとんど使っていないような食器や、鍋などは早めに詰めてしまいましょう。

最低限の食器類があればしばらくは暮らして行けます。

じゃ、最低限の食器を詰めるのはいつか…ですが、前日か前々日には詰めてしまいましょう。

引っ越し前夜はバタバタして食事を作っている暇はありません。

大抵弁当など買ってきて食べるので当日の朝に詰めるともっと慌ただしくなってしまいます。

たぶん、何個かの食器は引っ越し前日ぐらいまで使っていたりします。

スポンサードリンク

最後まで使っていたコップなどは食器類の段ボールを閉めずに空けておけば当日の朝数個だけ詰めて段ボールを閉めてしまえばOKです。

最悪、2日前に全部片付けて、ペットボトルで暮らすのもアリですけどね。

■4、とにかく冷蔵庫を空にする

食材が残っているからといってクーラーBOXに入れて持っていけるものでもないですし、業者によっては2日後とかに荷物が到着する場合もあります。

引っ越しまでに全ての食材を使いきるつもりで食べましょう。

結構、冷蔵庫の奥から賞味期限の切れた食材が発見されたりもするので、分別して捨てるにも余裕が必要となってきます。

早め早めに冷蔵庫の中身は片付けて、スーパーに買い物に行っても食べきれる分だけ買ってくるようにすれば捨てることもなくて良いですよ。

■5、引っ越し1週間前からは衣類を片付け始めましょう

引っ越し1週間前からは徐々に現在使用中の衣類なんかも片付け始めましょう。

逆に言えば衣類は数枚残して全て段ボールに詰めてしまってもよいと思います。

残った衣類は手で持ち運べるくらいの多さにしてしまいましょう。

引っ越し前なので、毎日の違った衣装を来て仕事にも行かなくても3日分くらい残しておけば洗濯して着回せば良いだけのことです。

■引っ越し当日の朝にすること

朝まで寝ていた布団を布団袋にしまいましょう。

とにかく寝る布団がないとさすがに引っ越し当日徹夜でフラフラな状態でいくはめになるので、最後まで使った布団だけは当日に袋詰めします。

強者はカバンを枕にしてその辺の上着だけかけて寝るなんて人もいますが、若くて体力が有り余っているのであれば良いですが、普通の人は止めておきましょう。

■段ボールには入っているものを明記する

段ボールの箱に最初は細かく『◯◯が入っている』とか書くのですが、だんだん面倒になり、適当になってきます。

ですがこれを真面目にやっておかないと、引っ越した先で痛い目に合います。

何度も引っ越しを経験した私ですら、知恵がついていなかったのか、適当に書き込んで、結局すぐ使いたい物がどこに収納されているのかわからず、引っ越し先で夜中まで捜索するはめになってしまいます。

なので、最初にも書きましたが、種類の同じものを必ずまとめて1つの箱に入れておかないとダメと言うことはこれにも繋がってきます。

■まとめ

引っ越しマニアなだけあって割りと好きなのですが、結構な体力を使います。

全ての物を捨てて、引っ越し先で心機一転全て新しく買い換えるならとても楽なのですが、なかなかそうもいきませんし、捨てるのも分別しなくてはいけない世の中になってきました。

スポンサードリンク

早め早めに出来ることからやっていき、捨てるものは捨てる決断をして引っ越しに挑みましょう!

-生活・暮らし

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.