旅行・レジャー

台風で飛行機が欠航!?その基準や決まるタイミングは?

投稿日:

スポンサードリンク

みなさんは旅行や出張などで飛行機を利用したことはありますか?

実家から離れた土地に就職したり進学した人は、帰省する際に飛行機を利用するかと思います。

飛行機は電車やバスのように気軽に乗るものではないので、自分が飛行機に乗る当日の天気が悪いと不安になりますよね。
不安になったり焦ったりしてもどうしようもないのですが、何日も前から予約して準備しているだけに、欠航になったりしないのか気になってしまいます。

家を出る前に欠航が決まれば「不幸中の幸い」とも思えますが、台風の多い時期ではニュースで空港から出られなくなってしまった人たちの様子が知らされたりします。

というわけで今回は、飛行機が欠航になる基準や欠航が決まるタイミングなどについて書いていきたいと思います。

 

飛行機が欠航になる基準とは?

飛行機が欠航になる基準はどこの航空会社も明確に公表はしていません。

ですが、飛行機の特性から大まかな基準はわかります。
飛行機の欠航に大きく関わっているのは、出発する空港と到着する空港の離陸時と着陸時の天候です。

とくに、着陸時の状況が重要視されます。
というのも、飛行機は離陸時より着陸時の方が難しく、気を使うことが多いのです。

なので、到着する空港が霧で視界が不安定であったり、滑走路が凍結していたりすると、出発する空港の天候がそんなひどくなくても、欠航になる場合もあるのです。

スポンサードリンク

次に台風が接近している場合では、風速と風向きが欠航するかどうかの基準になります。

飛行機は飛んでいる間、正面からものすごい風圧で風を受けています。
なので、滑走路での風向きが向かい風であれば風速が高くても安全に離着陸することができます。

問題は横風です。
飛行機は横風に非常に弱く、機体の側面から風に煽られると姿勢制御が難しくなり機体がバランスを保てなくなり、非常に危険なのです。

そして、追い風にも危険があります。
着陸時に追い風が吹いていると、平常時と比べてブレーキの効きが悪くなり、機体が停止するまでにかかる制動距離も長くなります。

また、意外に思われるかもしれませんが、出発する空港で追い風が吹いていても欠航になることがあります。
離陸時に追い風が吹いていると、揚力という機体を持ち上げる力が足りず離陸ができないのです。

こういった理由で、同じ風速であっても風向きによって、欠航になるときとならないときがあります。

 

欠航が決まるタイミングは?

 

さて、次は飛行機の欠航が決まるタイミングについてです。
飛行機の欠航は、いつ決定されるのでしょうか?

飛行機を利用する側からすると、なるべく早くに知りたいですよね。
旅行や帰省であれば「仕方ないかな」とも思えますが、出張などの仕事が関係している場合はスケジュールの調整や会社への報告があるので、直前の欠航はかなり痛手です。

結論からいうと、残念ながら飛行機の欠航は直前にならないとわかりません。

スポンサードリンク

さきほど紹介したように、飛行機が欠航になるかどうかを決める基準は多数存在します。
多数の要因がお互いに影響しあったうえで、最終的に欠航になるのかどうか決定されます。

「AならばB」といったように簡単に決められるものではありません。

また、台風の進路は急に変わることもあるので、直前での欠航もやむを得ないのです。

航空会社もできることなら欠航はしたくないため、午前中の便であれば前日の午後、午後の便であれば当日の午前中に決められることがほとんどだそうです。

「少なくとも2日以上前に決められることはない」という情報もあります。

いち早く欠航を知るためには、こまめに運行状況をチェックするしかないようですね。

 

飛行機が欠航した場合どうすれば良いのか

 

欠航するかどうかハラハラして最終的になんとか飛んでくれた、という場合は良いのですが、問題は欠航になった場合です。

欠航になったらどういった対応をすれば良いのか、多くの人は慣れていませんよね。
その場合、取るべき対応は主に二つです。

1.便の振り替え

会社の出張などの場合、スケジュールをもう立て直して後日また目的の場所に向かうことになりますよね。
その場合は振り替えることになるかと思います。

振り替え可能な便としては当然、空席がある便に限ります。
「欠航になったんだから優先的に乗せろ!」というクレームを入れる方がいるようですが、他のお客さんも同じように予約して料金を払っているので、そういうわけにはいきません。

2.チケットの払い戻し

旅行やイベントへの参加の場合は延期ということもないので、払い戻すことになります。

チケットの払い戻しは通常、予約便の出発する予定だった翌日以降も可能です。
「10日以内」と制限がある会社もあるので、早めに手続することをおすすめします。

チケットの払い戻しの際に注意していただきたいのが、遅延したり欠航する場合のみ払い戻しが可能だということです。

どういうことかというと、天気や台風の進路情報などから自己判断でキャンセルする場合は通常通り、キャンセル料を払わないといけないのです。

キャンセルした後で欠航になったとしてもそれは変わりません。
「どうせ欠航になったのだから」という理由で払い戻しはできませんし、キャンセル料の支払いがなくなることもないのです。

よっぽどの理由がないのなら、欠航が決まるまで待った方が良いかもしれません。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

普段から飛行機に乗りなれていない人からすると、欠航になるかどうかというのはとても不安になります。

また欠航が決まった後も、振り替えるのと払い戻すのと自分の場合どちらが良いのか判断しなくてはなりません。
手続きの期限が切れた場合、ただ単に飛行機代を払っただけということにもなりかねます。

慣れないことだと面倒に感じるかもしれませんが、なるべく早いうちに済ませてしまいましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

-旅行・レジャー

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.