生活・暮らし

お気に入りの服に醤油のシミが!おすすめのシミ取りとこぼした時の処置方法を紹介!

投稿日:2019年1月20日 更新日:

スポンサードリンク

醤油のシミはカレーと並んで、非常に厄介で落としにくいシミですよね。

気を付けてはいても、「ついうっかり醤油をはねてしまった」とういことはだれでも経験したことがあるのではないでしょうか。

「今日は白い服だから気を付けないと!」と思っているときに限ってやってしまいます。
また、自分が気を付けていても隣で食べている人がはねた醤油がついてしまうこともあります。

家の中ならすぐに染み抜きをして洗濯することもできますが、外出先だとそういうわけにはいきません。

今回はそんなやっかいな醤油の染み抜きや、はねてしまった時の対処法を紹介していきたいと思います。

 

外出先でやってしまった!すぐに洗濯できないときの対処法

 

外出先で醤油をはねてしまった場合、すぐに洗濯することはできません。

「やってしまった・・・」と後悔し、一気にブルーな気持ちになってしまいます。

ですが、そこであきらめてはいけません。
迅速かつ適切に対処することで被害を最小限にとどめ、そのあとの洗濯で落ちやすくすることができるのです。

まずは、その応急処置の方法について紹介します。

スポンサードリンク

・服の裏地にティッシュや汚れても構わないハンカチなどを当てます
・濡れたおしぼりなどで服の表側から、シミの部分を抑えるようにしてシミを移しとります
・シミの部分を乾燥させます

これをなるべく早く、シミが広がらないうちに行います。
こうすることでシミを最小限に抑え、少し時間がたっても何もしないよりかはシミが落ちやすくなります。

ポイントはシミの部分を抑えるようにすることです。

あわてて擦ったりふき取るようにすると、シミが広がってしまい余計にひどくなってしまいます。
落ち着いて対処しましょう。

 

おすすめの染み抜き方法3選!

 

ここからは、おすすめの醤油のシミ取り方法です。

こぼしてすぐや少し時間が経ってからなど、状況によって適切な対処方法は変わってきます。

自分はどの方法が良いのか、きちんと把握しましょう。

1.こぼしてすぐならコレ!最も簡単なシミ取り方法

「料理の最中や夜ご飯のときに醤油をはねてしまった!すぐに洗濯しなければ!」というときにはこの方法です。

時間がそんなに経っていなかったり、少しはねてしまったなどの比較的軽度のシミの場合はこの方法で十分に落とすことができます。

スポンサードリンク

やり方は非常にシンプルです。

洗濯する前に、シミのついた部分に直接洗剤をつけてもみこみます。
そうしてシミの部分に洗剤を含ませてから通常通り洗濯すればOKです。

これは醤油だけでなくシミ全般に使える方法なのでやり方を覚えておいて損はありません。

また、粉末洗剤ではなく液体洗剤ならではの方法なので注意しましょう。

2.いつの間にかはねていた!時間が経ってからのシミ取り方法

服の襟や袖口、ひじの部分などはあまり視界に映らないため、あとになって醤油がはねていたことに気づく場合もあります
私は数日前に着た服のひじの部分に醤油らしきシミができていることに、洗濯するときになってやっと気づいたということがあり、あとになって驚かされた経験があります。

こういった場合は食器用洗剤を使います。

まず、シミの部分に服の表側からタオルを当て裏返します。
そして、服の裏側からシミの部分に食器用洗剤をかけ、シミによく馴染ませます。
洗剤が馴染んだら、歯ブラシや指を使って表側に当てているタオルにシミを移します。

この時に一つ注意点があります。
とくに歯ブラシを使う場合なのですが、あまり力を入れすぎると服の繊維が傷んでしまいます。
軽くシミをもみほぐすようにするのがコツです。

シミが滲んできたら、ぬるま湯でシミの部分をすすぎます。
汚れが落ちていなければもう一度、洗剤を馴染ませるところからやり直しましょう。

完全に落ちなくてもある程度薄くなれば問題ありません。

このあとはいつも通りに洗濯すれば完了です。

3.醤油をこぼしてしまった!ガッツリ汚れたときは漂白剤を使おう

ここまでで紹介した方法でシミが落ちない場合は最終手段の漂白剤です。

シミの部分に漂白剤をかけて20分ほど置いたあとに、そのまま洗濯してしまいます。
これでも十分に洗浄力はありますが、さらに万全を期したいという方はシミの部分に漂白剤をかけた後、ドライヤーなどで温めるとさらに効果がアップします。

というのも、漂白剤は温度が上がると漂泊の効果が増すのです。

漂白剤を使う場合は色落ちの危険性があります。
漂白剤を浸けたまま何時間も放置するなど、浸けすぎには十分注意してください。

 

まとめ

 

みなさんいかがでしたか?

醤油は本来、水に溶けやすいのですが色素が濃いため、服などについた後すぐに洗濯しないと頑固な汚れになってしまいます。
醤油のシミに限らず、シミはなるべく早くに染み抜きするのが基本なので覚えておきましょう。

また、外出先などですぐに洗濯できない状況でもあきらめてはいけません。
応急処置が早ければ早いほど、シミは落としやすくなります。

慌てず落ち着いて対処してくださいね。

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-生活・暮らし

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.