雑学・豆知識

今すぐインフルエンザになる6つの方法教えます!絶対オススメしないけど・・

投稿日:2017年11月30日 更新日:

スポンサードリンク

続々とインフルエンザの感染者が増えている中、自分だけインフルエンザにかからない…。

予防接種を受けていなくても、早く感染して会社を休みたい!と思っているとなかなか感染しないものです。

なんとか今すぐインフルエンザにかかる方法はないのでしょうか。

あんまりオススメはしたくないのですがオススメの6選紹介します。

■まず一番始めにしなくてはならないことは!?

まず一番最初にやらなくてはいけないことは、自分自身の免疫力を下げることです。

これから紹介していく方法は免疫力が高い状態で実行しても己の免疫力が勝ってしまいインフルエンザにはかかりにくいです。

では免疫力を下げる方法ですが、実に簡単です。

夜はあまり寝ず、バランスの取れていない食事、特にジャンクフードやラーメンなど栄養の取れないものを食べましょう。

夜あまり寝ないだけでもヘロヘロになるのに、全く栄養のない食事を取っていれば簡単に免疫力は下がります。

スポンサードリンク

それと部屋の湿度を低めに保つことで、喉や鼻などが乾燥してよりウイルスを取り込みやすくなります。

まずは自分の免疫力を下げてからスタートです!

■混雑している時間帯のお医者さんに行ってみよう!

当然お医者さんにはインフルエンザの患者が溢れかえっています。

そこにあえてマスクなしで突入しましょう!

とは言え理由もなくお医者さんに行くわけにもいかないので、最近ちょっと調子が悪いなどと適当な理由をつけて突入してください。

待ち時間が長ければ長いほど感染の確率は上がります。

待合室はすでにインフルエンザのウイルスが蔓延しているでしょうが、ウイルスを阻止しているのが加湿器です。

ただ待合室にいるだけではなく明らかにインフルエンザ感染者っぽい人の隣に座り、順番を待っていましょう。

おそらくインフルエンザの患者さんはマスクをしていると思うので飛沫感染の確率は下がりますが、遠く離れているよりも感染しやすいはずです。

■無駄に満員電車に乗ってみましょう!

通勤で電車を使わない人でも、出来るだけラッシュ時の時間帯を狙って満員電車に乗り込みましょう。

満員電車の中にはインフルエンザに感染していてもまだ発症してない人がたくさんいます。

絶好のインフルエンザ感染チャンスです!

特にラッシュ時であればあるほど、ぎゅうぎゅう詰めになって体と体が密着します。

この満員電車作成はかなり効果が高いはずです!

■インフルエンザの同僚に、親切な人っぽくお見舞いに行ってみる!

スポンサードリンク

おそらくインフルエンザの同僚はお見舞いを断ると思うのですが、そこをあえて体力のつきそうなお見舞いの品を持って、「すごく心配しているんです!」感を漂わせながら、インフルエンザ感染者の部屋に上がり込みましょう。

ただし高熱の時に上がり込むと大変迷惑なので、薬で熱が下がって落ち着いている状態だけどウイルスを保菌している状態の絶妙なタイミングでお見舞いに行きましょう。

部屋の中には感染者が撒き散らしたウイルスがいっぱいいます。

相手も熱が下がって気が緩んでいる時が狙い目です。

当然マスク無しで突入してください。

■インフルエンザ感染者の部屋で出来ることはある?

お見舞いの品に飲み物を持っていくと良いでしょう。

同じ飲み物を2本持って行き、うっかり間違えた感じを装い相手の飲み物を飲んでしまいましょう。

間接キスになってしまいますが、これは効果絶大です。

直接インフルエンザウイルスを体内に取り込む状況なのでかなり感染率は上がります。

■休日は子供の多い場所に出掛ける!

毎年学級閉鎖になるほど子供の間でインフルエンザは蔓延します。

インフルエンザに感染してしまった子供たちには、大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、休日になったら子供が多く集まる場所に出かけるようにしましょう。

大型ショッピングモールなんて最適です。

小さい子供であれば多少具合が悪くても、

1人でお家に置いておけないので必ず親が連れて歩きます。

というわけで休日の大型ショッピングセンターなどはインフルエンザウイルスがウヨウヨしています。

ただしあまりキョロキョロしていると不審者と間違われるので堂々と買い物をしてください。

■とにかく口呼吸をすることを心がける

鼻呼吸をしてしまうと、鼻毛でウイルスをブロックしてしまうので口呼吸をするように変えてみましょう。

口呼吸をしていると乾燥のせいもあり喉が乾いてしまいます。

口呼吸をすることによりブロックするものがなくなるので、よりインフルエンザに感染しやすくなります。

■まとめ

出来たらあまりオススメしたくなかった方法6つ紹介しました。

これだけやってもインフルエンザに感染しない場合もあります。

ただインフルエンザは冬の間10人に1人が感染すると言われているので、その10人の中に入れる確率は上がります。

スポンサードリンク

でもインフルエンザにかかっても周りに迷惑がかかりますし、熱が上がって自分自身が辛いので、なるべくなら無理してインフルエンザに感染しないで欲しいです。

-雑学・豆知識

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.