美容・健康

インフルエンザにかからない人になる!かかる前の予防グッズや食習慣は?

投稿日:2017年11月8日 更新日:

スポンサードリンク

冬になると猛威を振るうインフルエンザですが、ほとんどの人がインフルエンザにかかりたくはありませんよね。

中には、よっぽど仕事が忙しくて休みが取れない人はインフルエンザにかかって一週間くらいは休みたいなと思う人もいると思います。

しかし、感染すればやっぱり辛いのでインフルエンザにかからないに越したことはないですよね。

そこで今回は、予防対策や予防グッズを何かないか調べてみました。

■まずはやっぱり予防接種が大事!

予防接種後インフルエンザの予防グッズと言うかどうかは微妙ですが、アレルギーがない人であれば予防接種はした方が絶対に良いです。

予防接種の値段も医療機関によって変わるので、「お金かかるし」と躊躇せず、ぜひ接種しましょう。

もし、インフルエンザにかかったとしても予防接種をしていれば症状が軽く済みます。

大体インフルエンザにかかると40度前後の熱が出ますが、予防接種をしていると37度ぐらいの微熱が出て終了です。

スポンサードリンク

とはいってもインフルエンザにかかっているのでやっぱり一週間は出勤停止となる場合が多いですが…。

でも軽く済むのであれば予防接種はしといた方が良いですね。

症状が軽いほうが身体が楽ですよ。

■インフルエンザ対策に免疫力を上げよう!


http://www.meiji.co.jp/smartphone/dairies/yogurt/meiji-r1/

今流行りの、インフルエンザの予防に効果があると研究で発表されたR-1ヨーグルトなどを食べることにより免疫力を上げることもできます。

R-1ヨーグルトばかり食べていても栄養が偏るので規則正しく、栄養のある食事をとることが大前提なのですが…。

それと安く買える食材としてバナナが有効です。

バナナには免疫力を上げる効果があるので、R-1ヨーグルト毎日食べるよりも安く上がりますね。

余力があればどちらも毎日食べることにより免疫力が上がってきます。

■加湿器1台は必須!?部屋の湿度をあげよう!

そもそもインフルエンザがなぜ冬に流行るかと言うと、冬場は低温になり湿度も低くなるからです。

インフルエンザウイルスはそんな環境を好むので活発化するのです。

昔ながらの日本家屋なら、ある程度の湿度もあるので乾燥しにくかったのですが、最近のマンションなどでは気密性が高いため乾燥が激しくインフルエンザウイルスが活発に活動をします。

なので加湿器は、インフルエンザシーズンの必需品として一台は持っていたいところですね。

最近では加湿器も色々な色に光ったり、アロマオイルなどが入れられたりするタイプもあるので、お部屋のインテリアとして置いといても素敵です。

もし、加湿器を手に入れる前にインフルエンザにかかりそうであれば、部屋の湿度を上げるために洗濯物を室内干しにしてみましょう。

■私がおススメする手の消毒グッズ

昔から風邪の予防にはうがい手洗いということが言われていますが、実際うがいはウイルスが喉についてから20分以内にしないと効果がありません。

うがい手洗いをすると言う習慣をつけるのはとても良いことなので、うがいも続けていきたいですが、手洗いはかなりの効果があります。

水でさっと洗い流すだけでも表面のウイルスは落ちますが石鹸を使って手のシワに入り込んでいるウイルスを洗い流すことが効果的です。

家の中にインフルエンザウイルスを持ち込まないためにも、玄関先で手を洗いたいところですが、現実としてなかなか玄関先で手を洗うことができませんので、そんな時にオススメなのがアルコール除菌です。

https://www.tepika.net/

アルコール濃度が高いものを選ぶ方が除菌率は高いので、アルコール除菌剤を選ぶ時は濃度が高いものを選びましょう。

個人的なオススメグッズとしては、アライグマの写真が可愛いピカジェル!

アルコール濃度の高い上にジェルタイプなので垂れたりせずポンプ式で使いやすいので帰宅したら玄関先ですぐに消毒が出来ます。

 

玄関先で除菌ができたら、手に付着しているインフルエンザウイルスを、洗面所に行く前に避けては通れないドアノブなどにつけることなく除菌できます。

スポンサードリンク

お出かけ用の携帯ボトルもあるので、電車やバスなどつり革などを触った後にもすぐに使えて大変便利な予防グッズです。

■基本中の基本はマスク着用

やっぱり王道なのはマスクをすることではないでしょうか。

インフルエンザウイルスは感染している人のくしゃみや咳から飛沫感染しどんどん広がっていきます。

くしゃみや咳が出る人がマスクをすることは当然なのですが、まだ感染していない状態でマスクをつけることにより感染者からインフルエンザを移される可能性が低くなってきます。

 

インフルエンザの予防に効果的なマスクとしては不織布のマスクが効果的です。

洗って使えないから不経済だと布タイプを使うより一度使ったらすぐに捨てる事ができるマスクの方が効果が高いです。

マスク一枚だけではちょっと心配な場合、マスクに直接吹きかける除菌スプレーなどが販売されています。

http://www.fumakilla.co.jp/products/athome/kafun/post-61.html

■まとめ

どんなにインフルエンザ予防対策をしても、かかる時はかかってしまいます。

スポンサードリンク

しかしなにも予防をしないよりはインフルエンザにかかる確率が低くなるので出来る限り予防グッズを使いインフルエンザの予防を心がけましょう。

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.