美容・健康

女子力アップ方法!主婦をさらに輝かせる4つのコツ大公開!脱BBA!

投稿日:2017年12月9日 更新日:

スポンサードリンク

女子力と言うとどうしても若い女の子のイメージが先攻してしまいますが、主婦だって元女子です!このままBBAになるわけにはいきません!

主婦が女子力アップさせるためにはどうしたら良いか4つのポイントを大公開しちゃいます!

■まずは髪の毛から女子力アップ!

歳をとると髪の毛は薄くなり、白髪が生えたり…。それだけでも若々しさがなくなるのに、パサつき艶やのある髪の毛が遠退いて行きます。

髪の毛の表面には紫外線などから髪の毛を守ってくれる、キューティクルがあるのですが、年齢を重ねるごとに加齢によって、キューテイクルが傷んでしまい、ダイレクトに髪の毛がダメージを受けて、パサパサになり艶がなくなってしまうのです。

髪の毛は、自力で修復はしてくれないので外部からなんとかしなくてはならないわけですね。

では白髪は染めるとして、このパサついてボサボサになった髪の毛をどうするかなのですが、若い頃のようにコンデイショナーやリンスだけでは足りません。

傷んだ髪の毛にドライヤーを当てると傷口に塩ではありませんが、さらにパサつきます。

美容室で売っているようなオイルを濡れた髪につけ保護してからドライヤーで乾かしましょう。

スポンサードリンク

それとお風呂に入ったら洗髪後、定期的にトリートメントをしてあげ、毎朝洗い流さないトリートメントをつけてあげるだけでも、髪の毛は艶やが出てきます。

髪の毛がパサついていると年齢以上に老けて見えます。

逆に艶やかな髪の毛だと年齢よりも若く見え女子力がアップしますよ。

■背中美人は女子力高い!?

正面から見て私まだまだイケてる!と思っていても実は自分で見えない背中には肉がいっぱいついています。

背中に肉がついていると、どうしても厚みが出て丸くなってしまい老けて見えます。

若い女の子でも背中に肉がついているだけで老けて見えるので、主婦が背中に肉がついていたらとても太刀打ち出来ません。

それに体にフィットした服を着ると、ブラからはみ出た肉が段々になって、女子力ダウンです。

しかも見ている側としても痛々しいので段々の肉は除去するべきです。

ただ、この背中の肉は普通にダイエットしただけではなかなか取れない厄介な邪魔物なのです。

スポンサードリンク

しかし、諦めるのはまだ早い!ちゃんと背中の肉を取って背中美人になれるエクササイズがあるので紹介します。有酸素運動に加えてチャレンジしてみてください。

いろいろ方法はありますが、フェイスタオルを使った方法で肩甲骨回りの筋肉を鍛えることによりシャープな背中になれます。

タオルを目一杯引っ張って上に上げます。


肩甲骨を真ん中に寄せつつ下に動かすイメージでフェイスタオルを頭の中心ぐらいまで下ろします。

これを毎日10回くらい、気が付いた時に何セットも繰り返していれば背中美人も夢ではありません。

■どうせ見せる相手がいないからって手抜きは禁物!

そんなことを言って、年々下着を手抜きしていませんか?

ちょっと穴が開いていても「別に誰にも見せないし」とボロい下着をつけていませんか。

女子力アップの鍵はやはり見えないところにも手を抜かないことです。

1度手を抜き始めると、おしゃれをすることが面倒くさくなりどんどん手を抜いて、下着ばかりか穴の空いたTシャツも平気で着るようになってしまいます。

見えないところから気を使い、いつ何時どんなことがあっても大丈夫のように(ラブロマンスを期待したいところですが、我々主婦の場合はいつ救急車で運ばれて救急隊員に下着を見られても良いように)下着にも気を使って手抜きは禁物です。

見えないからって手を抜かず、いつでも綺麗な身なりをしているだけでも、かなり女子力が高い感じがします。

■スッピンNG!メイクは女子の特権!

主婦になってしまうと子供の世話や旦那の世話で時間に追われ、独身時代のようにガッツリメイクをするヒマがなくなってしまいます。

だからといって子供のお迎えなどスッピン眉毛なしで出かけていませんか?

独身時代だったら、どこに行くにもメイクをしないなんてあり得ない!と思っていましたが、1度スッピンで出歩いて平気になってしまうと、もうメイクをすることすら面倒くさくなってしまいます。

でも独身時代のようにガッツリメイクなんかしなくても良いのです。

ただスッピンではなく薄くでも化粧をして出かけるようにしましょう。

ファンデーションを薄く塗って、口紅を塗るだけでも女子力は上がります。

この薄化粧をいつも朝起きたらしていれば、いつも綺麗にしているお母さんに見えます。

それでも面倒くさいようであればせめて、日焼け止めは毎日塗るようにしましょう。

夏だけではなく冬も紫外線が強いのです。

少しでもシミを防ぐことで女子力アップも近づいて来ます。

■まとめ

主婦になってからの女子力アップはなかなか大変です。

スポンサードリンク

しかし見えないところから気を使い、化粧をしダイエットをしたり、髪の毛を気にしたりと、女子力アップとは、自分自身の手入れに時間をかけることが最も重要なのです。

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.