恋愛

婚約指輪をあげたくないのは普通?今の時代はネックレスやブレスレットもOK?

投稿日:2019年3月1日 更新日:

スポンサードリンク

こんにちは!

今回は、婚約指輪をあげる?あげない?を実体験も交え、最近”普通”はどうなのか?や、

もしパートナーに「婚約指輪はいらない!」と言われたらどうしたらいいのか…などお伝えする記事になっています。

最後までお楽しみに ^^

今時の婚約指輪事情は?

 

ご結婚を経験されたことのある方、「婚約指輪」ってもらいましたか?よく、婚約指輪は給料の3か月分!とか

レストランで夜景を見ながらちっちゃな箱をパカっとしたり…

そういう話をドラマで見たり、耳にするかと思います。

 

では実際、今の婚約指輪事情はどうなのでしょうか?

そもそも

左手の薬指は1本…ですよね。

スポンサードリンク

一般的には、婚約指輪+結婚指輪の2つをもらう女性が多いかと思います。

2つを重ね付けされる方もいるかもしれませんが、

婚約指輪はダイヤや装飾が施されていることが多く、

家事をされる主婦の方からしたら、邪魔&もし傷がついてしまったら…と不安になるかもしれません。

 

また、2つの間にはどうしても空間ができ、菌が繁殖する可能性もあります。

家事をあまりされない方は気にされないのでしょうが…

ハンバーグをこねる時、もし外し忘れていたら?!ぞっとしますね(笑)

※料理をされる際は、指輪を外すOR料理用手袋を使用することをお勧めします※

 

私の実体験

どうせ結婚したら、結婚指輪しか付けないし、

そんな高価な品を貰うくらいなら、2人で旅行に行きたい。

新婚旅行をグレードアップしたい。

引っ越し先の家具家電を買いたい。

というふうに考えていました。

同じように現実的な女性も多いはず。

 

当時付き合っていた彼には、某結婚情報雑誌を見ながら

「婚約指輪はいらないなー」とアピール。笑

でも何が欲しいとは言っていませんでした。

 

プロポーズ当日の話

夜景の見えるレストランに呼び出され、周りのカップルは

男性側がちっちゃい箱を取り出しパッカーンと。

「私は何がもらえるんだ?」

「ま、いらないって伝えてあるし、無いだろうな」

と思っていました。

 

彼は、ポケットからちっちゃい箱を取り出し、

「ネックレス」をプレゼントしてくれました。

 

彼なりに一生懸命考えて、普段身に着けるもの、

でもタンスにしまわれないものを、と選んでくれました。

 

婚約指輪に関して最近のトレンドとは?

以前、花嫁会ならぬ情報交換会に参加したことがあります。

司会者の方が「婚約指輪ってもらいましたか?」という質問をしました。

 

そこには10名の花嫁さんがいましたが、

6名が婚約指輪をもらい、

2名→ネックレス・ブレスレット

1名→お揃いの腕時計

1名→キッチン用品

 

をプロポーズの際にもらったそうです。

スポンサードリンク

※キッチン用品をもらった花嫁さんは、料理教室の先生でした!※

 

と、今は全員が婚約指輪という物にこだわっていないことがわかりますね。

確かにプロポーズの瞬間、しばらくは眺めて幸せ気分に浸れる婚約指輪。

また、こんな事にも役立つそうですよ。

仲直りのきっかけになるかも?

将来ご主人と大喧嘩をした時。

「もう出て行ってやる。」と決意し荷物をまとめていると、

昔にもらった婚約指輪を発見

初心に戻り、また夫婦でやっていくことを再確認したというご夫婦もいるそうです。

 

もしその婚約指輪が無かったら、そのご夫婦は残念な結果になっていたかも…。

としたら、その指輪ってとても大切なものですよね。

やっぱり相手がどう思うかが大切!

 

ここまで、最近の婚約指輪情報についてお伝えしてきましたが、

男性側からしたらプロポーズ、イコール「婚約指輪を渡す儀式」と思っている方も

多いのでは?

 

もし、これからプロポーズを控えている方がこの記事を読んでいてくださったら、

直接は聞きにくいかもしれませんが、

共通のご友人に、「プロポーズされるとしたら何もらいたい?」と話しのネタで

聞いてもらうのもいいかもしれません!

あくまで、探りを入れるために。

 

そこで彼女が「婚約指輪、パッカーンってされるのが小さいころからの憧れ★」

という回答をしていたら、もう大盤振る舞いでプレゼントしましょう!

それは彼女の夢を叶えてあげることがアナタの出来る事ですよ!!

 

または、具体的に○○が欲しいという事だったら、

普段彼女が身に着けているブランドをこっそり観察したり、

安定感のあるブランドを調べたりしましょう。

 

流行りのブランドよりも、長く、年を重ねても身につけたくなるデザインのものがおすすめです。

若いからと派手なものは、その時は可愛くても40歳、50歳になると身に着けなくなるかもしれません。

それだと寂しいですよね。

 

まとめ

婚約指輪は必ずしも渡さなくてもいい!

ネックレスなどの指輪以外のアクセサリーや、

彼女が欲しいもの、もしくは新居の家具家電、彼女の趣味にかかわるものなど…

できれば、事前リサーチをしておくと

彼女は喜ぶこと間違いなしだと思います!

 

きっと30年前、40年前は婚約指輪を渡す事が普通だったと思います。

これから30年後、何が「普通」になっているんでしょうね。

 

給料3ヵ月分のダイヤモンドの付いたキラキラした指輪も、

女性なら誰しも憧れて、もらったらとても嬉しいものだと思います。

 

これからプロポーズされる方、成功しますように^^

この記事がお役に立てたら幸いです!

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

-恋愛

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.