生活・暮らし

洗ってあるのに衣替えでアレルギーが!?対策はどうしたらいい?

投稿日:2017年12月27日 更新日:

スポンサードリンク

どこの家庭でも、衣替えの前に1度は洗濯をして綺麗にしてから収納しますよね。

また使わなくなった布団などは天日干しして、気持ちの良い状態にしてしまいこみます。

しかし、そこまで徹底したのになぜ、衣替えでアレルギーが発症するのでしょうか?

自分が人よりも敏感なだけなのでしょうか…。

■衣替えでクシャミが止まらない!その原因は?

きちんと洗い、洗ったり、天日に干したのになぜかそのまま使うとアレルギー反応が出てしまうことがあります。

これは日本の特色である高温多湿が原因でもあります。

高温多湿によりしまっていた場所が湿気ってしまうため取りきれなかったダニの糞死骸、カビの胞子が服や、布団についてしまいます。

どんなにしまう前にクリーニングや、夏の暑い日差しで干しても時間が立てば立つほどダニやカビは増えていくのです。

しかもどうしても冬場は洗濯物が乾きにくいものです。

スポンサードリンク

乾くのに時間がかかってしまうとカビの原因にもなりますし、衣類乾燥機やコインランドリーなどを使って確実に乾かしてからしまいましょう。

■洗濯してからしまった方がいい理由とは?

どうせカビやダニが発生するならば、いっその事洗わずにしまうのが良いのでしょうか。

どうせ冬の期間1~2回しか着てないしそんなに汚れてないからいいでしょ。と思って収納してしまうと、1回か2回しか着ていなくても汚れは付着するものです。

洗わずに収納してしまうと黄ばみや虫食いの原因になってしまうので、やっぱり大切な衣類なので洗濯をしてしまうようにしましょう。

いざ着るときに虫食いなんか発見したら、がっかりしてしまいます。

■布団は洗濯機で洗えないけどどうしよう…?

布団を丸洗いするのはかなりの至難の技です。

布団洗いの専門業者もいますが、そこそこお値段がかかるので毎回毎回出すことはできません。

そこで大いに活用したいのは天日干しなのですが、実は陽が当たっている部分はダニが死滅したかと思われても、ダニも賢いので裏側の日陰の方に逃げていってしまいます。

天気の良い湿気のない日に、片面だけではなく両面を何度もひっくり返して干すようにしましょう。

取り込む際に布団たたきでバンバン叩く人がいますが、これはあまりオススメはできません。

なぜならダニの糞など撒き散らす事になってしまいます。

布団は叩かずそのまま取り込み掃除機の布団ブラシで、表面についたダニの死骸や糞を取り除くようにしましょう。

これをするだけでもだいぶアレルギーは軽減されます。

■クリーニングに出したままのビニールが保管に便利だよね!

クリーニングに出したら大抵ビニールの袋に入って戻ってきます。

このビニールをそのまま使えばホコリもつかずになんてエコなんでしょう!と思うでしょうが、これはNGです。

なぜビニールをつけたまま返却をするのかと言うと、とりあえずクリーニング店にある間にほこりがつかないようにとビニールをつけて返却するようにしています。

このビニールお家でも再利用してしまうと

ビニールなので空気が循環しにくくなり、熱や湿気がこもってしまいます。

このままではせっかくクリーニングに出したのにダニやカビの温床となってしまいます。

クリーニングから戻ったらすぐにビニールを剥がし、コートのほこりの気になるものは不繊布を使った収納袋を使うようにしましょう。

https://item.rakuten.co.jp/1storage/126-15/

不繊布の収納袋であれば通気性も良いですし、ほこりからも守ることができます。

これならば通気性が悪くカビやダニが発生することを防げて、ほこりからも守れるので、アレルギーの方にはもってこいの商品です。

100円ショップでも販売していますし、ホームセンターなどでも販売しています。

とりあえずサイズ違いで何個か持っていると便利です。

■簡単お手軽スプレー洗剤を利用してみよう!これなら毎日使える!

http://m.myrepi.com/febreze/jokin/

一人暮らしならば洗濯もそんなに大変ではありませんが、家族が多いと洗濯物も多くなり布団の干す量も多くなりますそんな時は、便利な除菌スプレーを使いましょう!

汚れ自体を落としてくれるわけではありませんが、除菌消臭率は99.9%のファブリーズです。

通常のファブリーズより消臭成分が20%もアップし、洗濯した時と同レベルの除菌や消臭が可能になりました。

湿った布製品にスプレーするだけでも、効果的に除菌ができ、生乾きのイヤなニオイが軽減します。

これなら布団を毎日干すこともなくスプレーするだけでも毎日気持ちよく寝ることができますね。

■まとめ

綺麗に洗って収納したにも関わらず衣替えシーズンにアレルギーが出てしまう場合があります。

対策としては確実に洗濯物を乾かし、クリーニング屋から戻ってきたビニールをすぐに剥ぎ取って不繊布タイプの袋にしまいましょう。

布団は毎日干すことがベストですが干せない場合は除菌タイプのスプレーを使って菌を減らして行きましょう。

スポンサードリンク

少しでもアレルギー症状を軽減して快適に暮らしていきたいものです。

-生活・暮らし

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.