美容・健康

口内炎が痛すぎる!出来る原因や寝れない時に治す役立つ4つの方法を公開!

投稿日:2018年2月4日 更新日:

スポンサードリンク

口内炎ってなんであんなに痛いんでしょうね。

ただ口の中にプチっとできものが出来ただけなのに、食事も食べられずげっそりしてしまいます。

そんな口内炎にならないためには原因をまず知って予防することが大切です。

それでも出来てしまった時に役立つ4つの方法を紹介していきます。

■なんで口内炎が出来るんだよ!口の中って守られてるんでしょ?

口内炎は、口の中全般的に出来る痛いできものです。

口内『炎』と言うくらいなので口の中の粘膜に起こる炎症だと説明すれば分かりやすいでしょう。

しかしこの口内炎にはいくつか種類があり、一般的によくかかる口内炎は食事、呼吸や会話など案外外気と接触していることが多いため、細菌が侵入しやすいのです。

しかし別に細菌が口の中に侵入した程度では口内炎は起こりません。

侵入してきた細菌が、口の中の傷に付着すると炎症が起きてできものが出来ます。

スポンサードリンク

「いやいや口の中に傷なんかないし」と思っていても歯磨きなどでも簡単に傷がつくものです。

本来口の中は粘膜があるので守られているのですが、免疫力低下などで細菌の方が強かったりすると、口内炎が出来てしまいます。

よく思い出してみてください。

口内炎ができる時って体が弱っていたり、疲れていたりする時に出来やすいですよね。

元気の時にはあまり出来るイメージはありません。

まずは免疫力を高めることこれがポイントです。

免疫力も上げつつ皮膚や粘膜を守るビタミンB2や皮膚や粘膜の維持するビタミンB6が不足してくると、粘液が足りなくなり、いつ口内炎が出来てもおかしくない状況になります。

ビタミンB2が多い食品は豚レバーがダントツです。

ビタミンB6はにんにくなどに多く含まれていますが、普段からバランスよく食事を取っていれば不足することはないと思われます。

それでもどうしても口内炎が出来てしまうという人には、サプリもオススメです。

■出来てしまった口内炎を治すにはどうしたらいいの?

いくら予防していても出来てしまったものは治すしかありません。

治し方にはいくつか方法があります。

①口内炎が出来てしまったら水をよく飲みましょう。

水が口内炎を治すのではなく乾燥を防ぐためです。

インフルエンザのように乾燥していると細菌は増えてしまいますので、細菌の繁殖を防ぐためにこまめに水を飲むことをオススメします。

繁殖してしまうと別の傷口にまた付着し、次から次へと口内炎が出来てしまいます。

水分なら何でも良いのかと言われたら答えはNOです。

アルコールや刺激の強い飲み物などは避けるようにしてください。

刺激で口内炎が悪化してしまい、なおさら痛い目にあいますよ。

②市販のうがい薬を使いましょう

市販のうがい薬を使って20秒間うがいをすることを3セット繰り返すだけで、口の中に侵入してきた細菌を半分ぐらいには減らす効果があるようです。

しかも、うがいをしている時だけ効果があるのではなく、しばらく殺菌効果が続いてくれるのでこれも簡単な治し方です。

ついでに風邪予防にもなるので一石二鳥ですね。

③しっかり毎日睡眠をとることが必要!

スポンサードリンク

普段忙しくてなかなか寝る時間がなく、休日に寝だめをする人もいると思いますが、これでは睡眠不足に陥り免疫力が下がってしまいます。

本来8時間ぐらい寝ると体の調子も良くなりベストなのですが、忙しいとなかなか8時間も寝ることができません。

せめて6時間ぐらいの睡眠時間は確保できるようにしましょう。

休日に1日中寝てたとしても、体の調子の悪さは抜けません。

体の調子が悪いと感じる時は免疫力がかなり下がっています。

毎日しっかりとした睡眠時間をとることが、口内炎の予防と早く治す方法です。

④口内炎パッチを利用して直接傷にアプローチ

https://www.catalog-taisho.com/01951.php

1度は耳にしたことあると思いますが、口内炎パッチというものがあります。

わざわざお医者さんに行かなくてもドラッグストアに販売しているので手軽に手に入るものです。

この口内炎パッチは患部に貼って、ただ痛みを軽減するだけではなく炎症を抑えてくれると共に、肉芽形成を促して口内炎の傷の治りを早めてくれる優れものです。

口の中に絆創膏みたいなものを貼って気にならないのかなと思いますが、パッチの厚さはなんと0.1mmです。

この薄さなら貼っていても気にならないですね。

使い方はいたってシンプルで患部に1回1枚、1日1~4回貼り直してください。

10枚入りで1,000円前後なので値段としては高くはないのですが口内炎が何箇所もあり、1日数回張り替えた場合、結構のコストはかかります。

それでも痛みが軽減し、早く治るのであればあればぜひ使いたい商品ですね。

■まとめ

あんなに小さいできものなのに、口の中に出来る口内炎はかなりの痛みが伴います。

ランチに誘われても楽しく食事もできず、口内炎ひとつでかなり憂鬱になります。

スポンサードリンク

とにかく口内炎が出来ないように予防するのが一番ですが、出来てしまったら早めに治すように努力が必要です。

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.