生活・暮らし

窓を掃除する頻度はどれくらい?時期や場所によって異なる?

投稿日:

スポンサードリンク

みんさん、窓の掃除はどれくらいの頻度で行っていますか?

「あまり気にしたことがない」という人もいるかもしれませんが、窓の汚れや曇りというのは結構目立ちます。

窓の手入れは普段の掃除とは違い、きれいにしようと思うと道具をそろえて本格的にやらないとけませんよね。

できることなら毎日ピカピカの窓で生活したいですが、頻繁に窓の手入れをするのは面倒ですよね。
夏場や冬場だと外での作業はかなり酷です。

窓は生活していると毎日目に入ります。
そのため汚れてきたら掃除しようと思っていても、いつの間にか汚くなっている、ということもあります。

では、どれくらいの頻度で窓の掃除をすれば、きれいに保つことができるのでしょうか?

この記事ではそんな疑問についてお答えしていきます。

 

窓掃除の頻度はどれくらいがベスト?

 

さっそくですが、窓の掃除はどれくらいの頻度で行えばよいのでしょうか。

一般的には、1~2か月に一回が目安とされているようです。

スポンサードリンク

少し面倒くさい窓の掃除ですが、これくらいの頻度であればできそうですよね。
夏場や冬場といっても、外での作業がつらいのはせいぜい1,2回です。

窓は汚れやすい部分でもありますが、1~2か月ほどであればひどい汚れになることもあまりありません。

ですが、これはあくまで目安です。
家の近くに大きな道が通っていたり交通量の多い道に面していると、他の場所に比べて排ガスや砂ぼこりによって汚れやすく砂ぼこりでなってしまいます。
その場合は掃除の頻度を増やす必要があります。

また、窓の内側は立地による汚れやすさはかわりませんが、小さなお子さんがいる場合では変わってきます。

お子さんのいる方だとわかると思いますが、子供は窓に顔をくっつけて遊んだり、手でべたべたと触ることがあります。
そういった心配がある場合は、窓の内側だけでも先ほど書いた頻度よりこまめに手入れをした方が良いでしょう。

そして、もう一つ窓の手入れをする頻度を決めるポイントがあります。
それは2~5月の花粉や黄砂が飛散する季節です。

この時期は他の季節よりも窓が汚れやすくなります。

なので、窓の掃除をする頻度を増やしたり梅雨明けに1度本格的に窓掃除を行うなどの工夫をすることでより、窓をきれいに保つことができます。

 

簡単にできる窓掃除のやり方

 

どれくらいの頻度で窓の掃除をすればよいのかわかったら、次はその掃除のやりかたです。
ここでは面倒な窓掃除を、比較的簡単にこなす方法について紹介させていただきます。

窓の外側

窓の掃除をする際、外側からきれいにするのがポイントです。
当然ですが、窓は外側の方が汚れやすいですよね。

汚れている外側からきれいにすることで、内側を磨く際に汚れを見落としにくくなるのです。

スポンサードリンク

窓の外側を掃除する際、初めにペンキを塗るときに使う刷毛や毛先のやわらかいほうきなどで余分な汚れを落としておくと比較的スムーズに掃除ができます。

余分な汚れを落とした後は、いらない新聞紙を水に濡らして窓を拭いていきます。

なぜ新聞紙なのかというと、新聞に使われているインクの成分が砂ぼこりや排ガスによる汚れに有効だからです。
また、汚れを落とすだけでなく汚れの付着を防止する効果も期待できるので、この掃除方法は非常におすすめです。

拭き終わった後の新聞紙はそのまま燃えるゴミに捨てることができるので雑巾を洗う手間もなく、洗剤を使うこともないのでエコや節約にもなります。

窓の内側

窓の外側を磨き終わったら次は内側です。

窓の内側の汚れは主に手あかなどが原因です。
そのため、水拭きだけで十分きれいにすることができます。

定期的に磨いていればこの方法で問題ありませんが、しばらく窓の手入れをしていなかったために汚れがひどく落ちにくい、という場合には中性洗剤を使うと簡単に汚れが落ちるかもしれません。

水拭きをしたあと、そのままにしておくと拭いた後が残ってしまいます。
仕上げに乾いたぞうきんやいらないタオルで水気を拭き取って完了です。

乾拭きでもきれいに水気を拭き取れますが、100均で売っている窓の水気を拭き取るためのワイパーやスクイジーを使うと簡単かつきれいに水気を拭き取ることができ、窓の掃除がもっと簡単になります。

 

カビが付いている場合の掃除方法

 

定期的な窓の掃除であれば、先ほど紹介した方法できれいに保つことができます。

ですが、冬場だと知らないうちに窓のサッシや隅の方にカビが生えていることがあります。

窓にカビが生えているのを見つけたら、なるべく初期の段階で対処することで比較的簡単にきれいにすることができます。

カビの掃除に裏技はありません。

カビキラーなどの塩素系漂白剤で一気に落としましょう。

方法は簡単でカビが生えているところに漂白剤を吹きかけて、上からラップで多い空気の侵入を絶ちます。
そのまま30分ほど放置したあと水で十分に洗い流し、乾いた雑巾で水気を拭き取り完了です。

窓やサッシの形状によっては漂白剤の液ダレが心配な場合があるかもしれません。
その場合は、漂白剤を染み込ませたキッチンペーパーやキッチンタオルを、カビが生えている部分に張り付けラップで覆うと良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は窓の掃除を頻度する頻度の目安とおすすめの掃除方法を紹介させていただきました。

重要なポイントは以下の2つです。
・掃除する頻度の目安は1~2か月に1回
・花粉や黄砂の時期や立地条件によっては掃除の頻度を増やす必要がある

とくに大掛かりな方法ではないので、窓を奇麗に保ちたい方はぜひ実践してみてください。
ピカピカの窓で気持ちよく生活したいですよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

-生活・暮らし

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.