美容・健康

毎日気だるい原因と対策!そんな時あなたがすべき5つの事!私の体験談も!

投稿日:2018年1月27日 更新日:

スポンサードリンク

毎日毎日気だるい時ってありますよね。

気だるさは元気な時には出てきません。

ということは何かしら、体に不調が現れているのかもしれない状況です。

ダルダル~になる前にあなたがすべき5つの事を教えします。

■気だるさの原因は何なのか?最近イライラする

最近世の中でストレスだらけです。

イライラが多いと、気だるさが増してきます。

仕事のことや家庭のこと、他にも将来の不安など色々なイライラが積み重なり、ストレスとなって体の不調を訴える人がいます。

たかがストレスと侮ってはいけませんよ。

ストレスが溜まりすぎて精神的に参ってしまうと、うつ病などの病気に発展してしまいます。

スポンサードリンク

このストレスの発散方法としては、人それぞれ違うと思うのですが、運動をしたり趣味に没頭したりと、なるべくストレスとなる原因から離れる事が大切です。

1番のストレス解消方法としては、今1番ストレスを感じていることから離れることしかありません。

しかしそうそう簡単に仕事や家庭を捨てるわけにはいきませんので、出来るだけストレスから遠ざかる生活をするような工夫をして乗り切りましょう。

■最近やたら眠い…睡眠不足も気だるさの原因となる!

1日は24時間しかありません。

なので寝る間も惜しんで仕事をしたり、ゲームをしたりテレビを見たり、もちろん勉強をすることも大事ですが、睡眠不足が続くと気だるさが抜けなくなってしまいます。

それなら平均睡眠時間を8時間ぐらい取れば、問題は解決するかと思いきやそう簡単にはいかないものなのです。

ただ長く寝れば良いというものではなく、睡眠の質が大切なのです。

量より質を選びましょう。

中には長時間寝ても気だるさが抜けないという人もいます。

人に言えば「寝過ぎだ」と言われますが、それは質の良い睡眠が取れていないせいもあります。

明るい中で寝たり、枕が合っていなかったりすることにより睡眠の質が落ちることがあります。

人間の体は良く出来ていて明るくなったら活動し暗くなったら眠くなります。

出来る限り暗くして寝るようにしましょう。

それと最近では自分に合った枕をオーダーメイドしてくれるお店もあります。

普通の枕よりはかなりお値段は張りますが、毎日気だるく暮らしているよりは、良いお金の使い道ではないでしょうか。

■私の経験上ですが、体を酷使しすぎてませんか?

ダイエットのためにフィットネスクラブにはまった時がありました。

スポンサードリンク

最初は嫌々行っていたのですが、レッスンなど出始めると楽しくなりすぎて、好きなレッスンが夜遅くにあってもにそれに参加するようになりました。

考えてみればそれ以外にも掃除洗濯など、家事全般をしているので、そこにプラスして、もったいない精神で多くのレッスンに出るようになってしまっていました。

完全にオーバーヒートですね。

適度な運動はストレス解消にもなりますが、夜遅くまで運動していると今度は体と脳が興奮しすぎて眠ることが出来なくなります。

すると翌朝はとても気だるく、その状態で仕事に行き、家事をし、またフィットネスクラブに通う日々が続きました。

十分な休息が取れていなかったのでしょう。

そんな生活を続けていたらだんだんと具合が悪くなり気だるさが抜けなくなってしまい、寝込む日も出てきてしまいました。

運動は身体に良いと思って続けていたことが、かえって仇となりました。

十分の休息を取っていれば運動も体に良いのでオススメですが、分刻みのスケジュールを組んでまで、過酷に体を動かすことは止めておきましょう。

■過度なダイエットは禁物!栄養不足が招く気だるさもある!

運動と家事で気だるさを経験した私は、今度のダイエットはあまり食べないダイエットを始めることにしました。

体重がみるみる減っていき、周りから心配されるほどやつれてしまいましたが、自分の中ではまだまだ痩せなきゃ!

という気持ちになってしまいどんどん食べないダイエットはエスカレートしていきました。

当然のごとく栄養不足でけだるさは抜けず、毎日フラフラとしていました。

特に、炭水化物を食べると太るという概念があり炭水化物をほとんど食べなくなってしまったところ、エネルギー源がなくなってしまい、偏ったダイエットをしていためビタミンも取らず気だるくなにをするのも億劫で体が動かなくなってしまい、半病人ですよね。

いくらダイエットをしたいからと言って偏った食生活のダイエットは大変危険です。

疲れやすいし、気だるさは常にあるしで、いい加減家族にお医者さんに連れて行かれました。

結局拒食症一歩手前でした。

お医者さんから処方された栄養ドリンクを飲みつつ、今は改善されましたが、無理なダイエットをして気だるさが抜けない場合は、間食を減らし、ウォーキングなど無理のない運動をしてバランスの取れた食生活をするように心がけましょう。

■まとめ

毎日が気だるいのにも色々な種類があります。

もちろん風邪や慢性疲労症候群など病気などの可能性もありますが、毎日の生活を見直してみると、案外無理して生活をしていることも解ってきます。

スポンサードリンク

無理をせず自分のペースで物事を進め、それでも気だるさが抜けないようであれば、何か病気が隠されてる可能性もあるので、お医者さんで血液検査などをオススメします。

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.