美容・健康

夏風邪はバカがひくってどんな意味?根拠を詳しく説明!

投稿日:

スポンサードリンク

昔から夏に風邪を引くとバカだと言われてきましたが、本当に夏に風邪をひいただけでバカなのでしょうか?

ちゃんとした根拠があるのなら納得はできますが、おばあちゃんに聞いてもわからないようでした。

なぜ夏風邪をひくとバカと言われなきゃいけないのか探ってみました。

■夏風邪をひくとバカの意味はなんなの!?

なぜ夏風邪を引くとバカなのかという意味ですが、ふたつ理由がありました。

ひとつめは愚鈍な人は、冬にひいた風邪を夏になってひいたものだと気が付くため、バカはそれほどまでに愚鈍である。

と言う説です。

そもそも愚鈍とは知性、理解力、理性、機転または判断力が欠けているという意味なのですが、さすがに冬にひいた風邪を夏まで引きずっているなんて、逆に入院した方がいいレベルの病気です。

ある意味昔の人が知性や理解力が乏しい人に対してバカにしたような言葉だということですね。

もうひとつの説は、夏は暑いのに風邪をひく人はおろか者だ。と言う説です。

スポンサードリンク

昔は真夏でもエアコンもなく、暑くて寝苦しくて裸で寝たりお腹を出して寝たり、体を冷やす食べ物ばかり食べ過ぎて、一般的に風邪と呼ばれる鼻風邪や咳などではなく、お腹を下してしまう風邪の事をさしています。

結局のところ自己管理がしっかり出来ていないからということでバカしかひかないと言われるようになったようです。

とはいえ今ほど熱帯夜がなかったでしょうが、寝苦しい夜もあったことでしょう。

そんな中、窓全開にしていても風が入ってこない日なんて、そりゃお腹も出して寝たくもなりますよね。

ひとつめの説は、ただ単にバカにしただけのことだと思うのであまり気にしなくて良いと思うのですが、気になるのが、ふたつめの説です。

昔はただ体を冷やしすぎてお腹を壊し夏風邪という診断されて、バカ扱いされていましたが、暑い時に冷たいものを食べたくなるのは当然ですし、しっかりとパジャマを着込んで寝るなんてとても無理な話だと思います。

夏風邪はバカがひくという意味に対しての根拠は、ふたつめの自己管理が甘い人に対して半分バカにした言葉だったのではないかと思います。

それに今よりも、熱帯夜は少ないといえども気温は高いので食中毒の可能性もあったのではないでしょうか。

今ほど医学も進歩していないでしょうから、『お腹を壊す・嘔吐→夏風邪でしょ』の式になったのでしょう。

たったこれだけの意味で夏風邪をひくとバカだなんて言われたらたまったもんではありません。

■現代人も夏風邪をひくとバカ扱い?

スポンサードリンク

今時風邪をひくのはウイルスが体内に入って戦っていることによって何らかの症状が出ることは、ほとんどの人が知っていることです。

なので現在は夏風邪を引いてもバカ扱いされないので安心してください。

現代の夏風邪事情はバカがひくとは言い切れません。

家や会社どこにいっても夏場はエアコンがガンガン効いています。

エアコンの冷気にあたりすぎて風邪をひく人が増えています。

かといってエアコンを切ってしまえば熱中症になる可能性もかなり高いので、昔のようにエアコンなしで暮らすにはちょっと厳しい時代となってしまいました。

しかしエアコンを使うことにより室内の空気が乾燥してしまいます。

乾燥する冬場であればマスクをつけたりしウイルスをガードするのですが、夏場にマスクをしているのはとても暑くて耐えられません。

するとフワフワと空気中に浮遊しているウイルスが、ノーガードの口や鼻から体に侵入してきて、風邪をひいてしまうのです。

日本の夏はジメジメしているのでエアコンでカラッとしたいのですが、室内の湿度は50~60%を常に保つようにしておきましょう。

湿度が40%より下がってしまうと、ウイルスが室内をフワフワとしやすくなってしまいます。

しかも外は40度近い灼熱地獄、室内は外から帰ってきた人が勝手に設定を変えてしまい19度なんて事もよくあります。

この気温の差が激しすぎると体調を崩しやすく当然抵抗力もダウンしてしまいます。

これではどんな天才でも夏風邪をひいておかしくない条件が揃っています。

夏風邪をひかないためには最近の節電ブームに乗ってエアコンの温度を上げるのが一番の理想です。

外から帰ってきた人なら室内が28度設定であっても涼しく感じられます。

しかし上司が暑がりなど、室内は冷蔵庫のように冷たくなっている場合は自己防衛するしかありません。

特に女性は冷え性なのでカーディガンやひざ掛け、靴下などを用意して寒いと感じた時にはすぐに身に付けられるように側に置いておきましょう。

エアコンで乾燥してしまい喉がイガイガする場合は、室内ではマスクをするなど、ちょっとした工夫で夏風邪は予防できます。

■まとめ

夏風邪はバカがひくということは、昔の人が自己管理が出来ていない人に対しての戒めの言葉だったと思われます。

逆に現代で夏風邪はバカじゃなくても抵抗力が落ちていれば誰でもひいてしまいます。

スポンサードリンク

夏風邪は長引くので、熱中症にならない程度にエアコンの温度を上げ、早めに治さないと悪化してしまいます。

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.