生活・暮らし

明日のお弁当のおかずどうしよう?!簡単×野菜を使ったレシピ集

投稿日:2019年3月23日 更新日:

スポンサードリンク

こんにちは!

世の中の主婦・主夫のみなさん、日々のお弁当づくり本当にお疲れ様です!!

 

日々忙しい育児やお仕事のなか、お弁当を作るとなると、とても大変ですよね。

そして、健康のために野菜を使ったおかずも詰めたいけど…なかなか思い浮かばないというアナタのために

どのご家庭の冷蔵庫にも”いつも”ありそうなお野菜ごとに、

簡単に作れたり、作り置きのできる野菜を使ったおかずをご紹介したいと思います★

最後までお楽しみに^^

 

レンジ調理や週末に作り置きで時短化!野菜おかず集

きっとこれらの野菜のどれか1つ、2つは、冷蔵庫にあるはず!

週末にまとめて作り置きしておくと、平日少しは楽になると思います。

スポンサードリンク

野菜を使ったおかずがあると、彩も鮮やかに♪

 

〇キャベツ

 

◆お好み焼き

→お好み焼き粉(小麦粉でもOK)に卵、みじん切りしたネギ、水を加え、

みじん切りしたキャベツを混ぜ、フライパンでお弁当に入るサイズに焼く。

◆ゆかり和え

→みじん切りor荒く切ったキャベツを塩もみ、しぼった後、ゆかりを適量混ぜる。

◆しおこんぶ和え

→ゆかり和えのしおこんぶバージョン。入れすぎるとしょっぱくなってしまうのでご注意。+でごま油を数滴混ぜるとまた違った味わいに。

 

〇ピーマン

*苦味を抑えるためには、ピーマンを縦に切るのがおススメ*

◆肉詰め

→縦に切って種を取り出したピーマンに小麦粉を軽くふりかけておく。

ハンバーグのたねを詰めて焼く。作り置きして冷凍庫へ入れておくと当日楽です。

◆無限ピーマン

→千切りにしたピーマンに、ツナ缶、マヨネーズ、鶏ガラだし、お好みで塩コショウをして混ぜる。ふんわりラップをかけてレンジで3分ほどチン。火を使わず、美味しくピーマンが食べれます。

◆チンジャオロース

→千切りにし牛肉or豚肉とピーマンに調味料を混ぜて炒めるか、レンジでチン。

調味料は市販の混ぜるタイプが簡単ですが、

砂糖、酒、オイスターソース、醤油、胡椒、鶏ガラスープを混ぜて自分流の味付けもおすすめ。

 

〇にんじん

 

◆クッキー型でかわいく型抜きをして煮物に混ぜ込む

→にんじん嫌いな子には、可愛くして筑前煮や肉じゃがに混ぜてしまいましょう!

◆キャロットパンケーキ

→ホットケーキミックスにすりおろしたニンジンをイン。お弁当のデザートに。

◆肉巻き

→茹でたにんじんに、豚肉を巻き付け、塩コショウ。お皿に並べてレンジで加熱すると簡単に作れます。にんじんのほかにも、じゃがいもも美味しくいただけますよ。

 

〇大根

 

◆ツナマヨサラダ

→千切りにして、塩をまぶしてしぼっておきます。ツナとマヨネーズを混ぜ、お好みで塩コショウで味付け。ツナ缶のオイルは極力減らして、大根の水分を切っておくと、お弁当にも入れることが出来ますよ。

◆切干大根

→水でもどした切干大根に、にんじん、油揚げをだしで煮て、砂糖→酒→醤油でお好みの味付けにします。お豆も入れると更に栄養価がUP。

 

〇かぼちゃ

 

◆簡単煮物

→かぼちゃを適度な大きさに切って、お鍋に並べ、お水を加えます。

顆粒だしを加えて、砂糖→醤油→みりんでかぼちゃが柔らかくなるまで煮ていきます。

こちらは、作り置きしておくと当日お弁当に詰めるだけで時短に。

◆かぼちゃサラダ

→小さめにカットしたかぼちゃを、レンジで柔らかくなるまで温め、

レーズン、チーズをサイコロ状にカット。マヨネーズと共に混ぜ完成。

 

〇ごぼう

 

◆きんぴらごぼう

→ごぼうとにんじんを千切りにして水にさらしてアクを抜いておく。

ごま油を熱したフライパンで柔らかくなるまで炒め、ダシ、砂糖、醤油で味付け。仕上げにいりごまを乗せれば完成です。

大人用には乾燥唐辛子を追加するとピリッと美味しくなります。

 

〇ほうれん草

 

ベーコンコーン炒め

→ほうれん草とベーコンは一口サイズに切り、バターを熱したフライパンで炒める。

お子様にはコーンが入っているとほうれん草を美味しく食べてもらえます。

 

〇コーン(冷凍のものを使用)

 

◆コーンごはん

→ごはんを炊く時に、冷凍コーンも一緒に炊飯器へ。

お弁当のごはんが一気に華やかになりますよ。

 

おすすめ♪おかず保存グッズのご紹介

休日、時間があるときに、5日分のおかずをまとめて作り、冷凍庫へ入れておくと、

当日の朝はごはんを詰めて、凍ったままおかずを詰めると、食べる頃には自然解凍されていて

とても便利&楽にお弁当をつくる事が可能です!

 

そこで、おすすめのおかず保存グッズをご紹介。

 

シリコンおかず入れ

よくコンビニのお弁当などには使い捨てのおかず入れに食品が入っていますが、

こちらは洗えるので何度も使う事が出来、とてもエコな商品です。

サイズも豊富なので、食べる人に合わせて選択可能!

 

ジップロック

 

冷凍作り置きが流行しているので、人気がさらに加速中!

水気を含まない・塊で保存できる食材向きではありますが、

おかずを作ってジップロックへ入れて冷凍庫へ保存しておくと、お弁当を詰める時、楽になりますよ。

 

お弁当の時間が楽しみになる!デコグッズ

スポンサードリンク

小さいお子さんのお弁当を作っているお母さんだと、

可愛くデコレーションされたお弁当だとお子さんも嬉しくなり、全部食べてくれると思います!

 

今、海苔を可愛くカットしたものや、バラン(おかずを仕切るもの)、

ミニトマトなどに刺すピックも可愛いものがでているので、それらを活用して可愛いお弁当を作ってみてください^^

 

カット海苔

 

バラン

 

お弁当が可愛い動物が隠れた動物園のようにデコレーションすることが出来ます!

お子さんもお弁当タイムが待ち遠しくなりますね★

 

ピック

小さな野菜/唐揚げ/ウインナー/卵焼きなどに刺すと、可愛く、食べやすくすることが出来るアイテム。

 

まとめ

 

毎日、忙しい朝に詰めるお弁当。

一から作っていては時間が足りないし、全部が冷凍食品ではなんとなく納得がいかない。

そんな忙しいあなたのお役に立てたら嬉しいです。

 

レシピ検索サイトには、たくさんの時短レシピが掲載されているので、

それらを是非活用していただき、苦にならないお弁当づくりをエンジョイしていただけたらと思います。

 

可愛い色鮮やかなお弁当だとお子さんもテンションがあがってモリモリ食べて、

午後も楽しく過ごしてくれること間違いなし★

どうか無理のない範囲で、適度に手抜きをしながら作ってみてください。

スポンサードリンク

ご覧いただきありがとうございました。

-生活・暮らし

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.