グルメ・食品

おはぎとぼたもちは何が違うの?夏と冬での呼び方が違うのはなぜ?

投稿日:

スポンサードリンク

お彼岸の時期になるとよく見かける『おはぎ』と『ぼたもち

どちらも甘いあんこともちもちのもち米がとっても美味しい和菓子

ですよね。でもこの『おはぎ』と『ぼたもち』見た目はそっくり

一体何がちがうのでしょうか?

『おはぎ』と『ぼたもち』の違いは?

『おはぎ』は秋のお彼岸の時期、『ぼたもち』は春のお彼岸の時期に

よく見かけますよね。おはぎとぼたもちは基本的にはおなじものです

同じものなのにどうして呼び方がちがうのでしょうか。

 

この呼び方の違いは季節で使い分けます。おはぎもぼたもちもお彼岸の

ときに仏壇にお供えする風習があります。お彼岸は春と秋の年2回あり、

スポンサードリンク

春のお彼岸は牡丹の花が咲くころなので、牡丹から『ぼたもち』と名付け

られました。

 

また秋のお彼岸は萩の花が咲くころなので、萩から『おはぎ』と名付け

られました。基本的にはおなじ作り方ですが、ぼた餅は牡丹の花に似せて

大きく丸く作られることが多いです。おはぎは萩の花に似せて、小さく

長細い俵型に作られることが多いです。

 

おはぎ、ぼたもちがお彼岸に食べられるのはなぜ?

春のお彼岸は春分の日とその前後3日間の計7日間のことをいいます。

秋のお彼岸は秋分の日とその前後3日間の計7日間のことをいいます。

『春分の日』は自然を讃え(たたえ)、生物を慈しむ(いつくしむ)日として

制定されています。『秋分の日』は先祖を敬い(うやまい)、亡くなった人

を忍ぶ(しのぶ)日として制定されています。

 

春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈みます。仏教で東は

私たちの住む世界、西は亡くなった先祖たちが住む世界とされています。

なので春分の日と秋分の日は先祖たちの住む世界と通じやすい日として

この時期に先祖の供養をするようになりました。

 

おはぎ、ぼたもちに使われている小豆は昔からその赤色が災いが起こらない

よう邪気を追い払うパワーがあると信じられていました。春には作物の収穫

をもたらしてもらえるように、秋には収穫を祝い感謝しおはぎ、ぼたもちを

ご先祖様にお供えするようになったのです。

『おはぎ』『ぼたもち』の他にも季節によって呼び方がかわる?

スポンサードリンク

『おはぎ』は秋、『ぼたもち』は春の呼び方ですが、今では季節関係なく

『おはぎ』も『ぼたもち』も呼ばれていますよね。一般的には『おはぎ』

の方が年中使われることが多いです。もともと同じ食べ物ですから、全く

問題はありませんが、季節ごとに呼び方違うのであれば、夏と冬の呼び方が

あってもおかしくないですよね。実は夏と冬にもそれぞれ呼び方があるのです。

夏のおはぎの呼び方は『夜船』

夏のおはぎのことを『夜船(よふね)』と呼びます。これは春、秋のように季節の

花から付けられたわけではありません。お餅はもち米をペッタンペッタンと音を

立てて餅つきをしますが、おはぎはお餅とは違い、炊いたもち米をすりこぎで

潰して作ります。

 

おはぎは音を立てることなく作れます。なのでお隣さんがいつおはぎをついたのか

分からないということから、『(おはぎをいつ)つきしらず』となり、この『つきしらず』

が夜は船がいつ着いたのか分からない、という『(船がいつ)着きしらず』にかわり、

『夜船』という呼び方になりました。夏の夜のきれいな月明かりの映る海に、船が

着いて誰も気づかない、という情景が浮かびますね。

冬のおはぎの呼び方は『北窓』

冬のおはぎのことを『北窓(きたまど)』と呼びます。冬の澄んだきれいな夜空でも

北の窓からは月が見えない、『月しらず』となりそこから『北窓』と呼ばれるように

なりました。同じ食べ物でも季節の情景が名称になっているのはとても素敵ですよね。

 

ぼた餅は昔から庶民に密着!ことわざにもよく使われている!

ぼた餅はことわざにも多く使われています。ことわざとは昔から人々の間で

言い伝えられてきた教訓や生活の知恵などを短い文章で表現したものです。

人々に言い伝えられてきたことわざに使われていることから、

ぼた餅が昔から身近な存在だったことがわかりますね。

 

・『棚からぼた餅

努力することなく偶然にも幸運が舞い込んでくる様子

・『ぼた餅の塩の過ぎたのと女の口の過ぎたのは取り返しがつかない

ぼた餅には甘みを強調させるために塩を使うが入れ過ぎると取り返しが

つかなくなること。女性の口数が多いことを戒めることわざ。

・『牡丹餅は金 辛抱は金

辛抱することはとても大切である。

・『牡丹餅は棚から落ちてこず

幸運はそう簡単には手に入らない、偶然などまず起きないという教え。

 

牡丹餅はことわざとして人々に教訓を伝えるためにたくさん使われています

牡丹餅を幸運のたとえとして使っていたりと、昔から人々に好まれていた

食べ物だったんですね。

 

まとめ

おはぎ、ぼた餅は邪気を追い払うパワーがあるとして昔から祀りごとに

使われていました。季節にあわせて呼び方違うので日本の四季を感じる

事ができ、ことわざにも多くつかわれて日本の歴史も感じる事ができます。

おはぎ、ぼたもちは日本の伝統と文化に深く結びついた和菓子なのです。

スポンサードリンク

 

 

-グルメ・食品

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.