旅行・レジャー

沖縄旅行2泊3日!どんなカバンで行けばいい?ボストンバッグorキャリー?

投稿日:2019年3月16日 更新日:

スポンサードリンク

国内旅行の定番といえば沖縄旅行ですよね。

夏休みはもちろんのこと、春の卒業旅行でも人気です。

 

どうせ行くなら楽しみたいですよね。

美ら海水族館にも行きたいし、きれいな海も眺めたい。

それに国際通りでたくさん買い物もしたい。

夢はふくらみます

 

そこで悩むのが、

「どんなカバンで行けばいいの?」

ということではないでしょうか?

 

大きなカバンのほうが荷物はたくさん入るけど、

スポンサードリンク

自分だけカバンが大きいのも恥ずかしいですよね。

 

この記事では、それぞれのカバンのメリットとデメリットをご紹介します。

あなたに合ったカバンを見つけて、旅行をさらに楽しんじゃってくださいね。

 

キャリーバッグ?ボストンバッグ?どうして悩むの?

旅行のカバンは大きくわけると2種類に分かれます。

キャリーバッグかボストンバッグかです。

 

これはそれぞれに特徴があるので、

どちらがいいかは旅行によって変わります。

 

たとえば日帰りの旅行や、1泊2日の小旅行であれば、

よほど特別なことがない限り、ボストンバッグで行きますよね。

 

それに対して、1週間以上の海外旅行であれば、

一般的にはキャリーバッグを使いますよね。

 

悩ましいのは、2泊3日とか、3泊4日くらいの旅行の場合です。

 

次からはそれぞれのカバンのメリットとデメリットをご紹介しますので、

あなたの旅行が楽しくなるような、そんなカバンを見つけてください。

 

キャリーバッグのメリットは?

荷物がたくさん入るし頑丈

キャリーバッグのほうが、ボストンバッグよりも

荷物がたくさん入りますよね。

それに、箱のカタチをしているので、荷物を整理して入れやすいし、

外からの衝撃に強いので、カタチが崩れそうなお土産を入れておくのに

いいですよね。

 

持ち運びが楽

キャスターが付いているので、持ち運びが楽です。

特に空港や駅のように床がツルツルしているところだと尚更です。

キャリーバッグの上にお土産を置いて持ち運びもできるので、

荷物が増えても持ち運びは楽ですよね。

 

キャリーバッグのデメリットは?

大きさによっては機内に持ち込めない

キャリーバッグの大きさによっては、

飛行機の中に持ち込めないものもあります

事前に空港で預けたり、到着後に受け取ったりするのは、

意外と時間がかかります。

 

道路だとガラガラうるさい

キャスターが付いているので、持ち運びは楽なんですが、

道路だと意外とガラガラうるさかったりします。

1人で歩いている分には問題はありませんが、

友だちと一緒だと話が聞こえにくいこともあります。

 

ボストンバッグのメリットは?

邪魔にならない

ボストンバッグの方がキャリーバッグよりもお手軽ですよね。

キャリーバッグはカタチが決まっているので、

荷物の量に関係なくかさばります。

しかし、ボストンバッグは荷物の量によって、

スポンサードリンク

小さくなるので邪魔にならないですよね。

 

幅広く使える

キャリーバッグは旅行以外ではあまり使い道はありませんが、

ボストンバッグは旅行以外にも、いろんな用途に幅広く使えるので

とても便利ですよね。

 

ボストンバッグのデメリットは?

いっぱいに入れると持ち運びが大変

キャリーバッグであれば、キャスターがついているので、

たくさん荷物を詰め込んでも持ち運びはそんなに苦になりません。

だけど、ボストンバッグは荷物を詰め込みすぎると、

重くなって持ち運びが大変になります。

 

お土産が潰れちゃう

ボストンバッグに無理矢理お土産を詰め込んでしまうと、

お土産が潰れちゃうこともあります。

自分用であればまだしも、人にあげるお土産であれば、

キレイなまま渡したいですよね。

 

2泊3日沖縄旅行の場合、結局どんなカバンがいいの?

どんなカバンがいいかの前に、

まずは絶対に避けたほうがいい状況を2つご紹介しますね。

その上でどんなカバンがいいのかをご紹介します。

 

絶対に避けたい状況その1

まずは機内に持ち込めない大きさのキャリーバッグを使うことです。

これは避けましょう。

 

機内に持ち込めない場合、

事前に手続きをして空港で預ける必要があります。

 

そして、到着してからもベルトコンベアーで

自分の荷物が流れてくるまで待ち続けることになります。

この待ち時間がけっこうかかるんですね。

 

友だちも一緒に預けているならまだしも、自分だけ荷物を預けていると、

友だちを待たせてしまうことにもなって、気まずいですよね。

 

それに2泊3日の沖縄旅行であれば、

そこまでの大きさのキャリーバッグは必要ないです。

 

絶対に避けたい状況その2

ボストンバッグがパンパン、お土産用の袋もパンパン。

この状況も避けたいところです。

さらにハンドバッグも、となると、荷物が3つになってしまいます。

 

旅先では気分も開放的になるので、

いろんなお土産を買いたくなるものです。

 

あれもこれもと買い込んで、ホテルのチェックアウト直前になって

荷物が収まり切らない、なんてことは良くあります。

 

沖縄から帰っても、そこから自宅までの移動もありますよね。

人によっては都内の満員電車の中で、

荷物いっぱいに抱えて乗車することにもなります。

 

それで、せっかくの旅行の思い出が台無しになってしまうのは、

避けたいですよね。

 

結局どんなカバンがいいの?

絶対に避けたい状況をご紹介した上で、

結局このカバンがベストというのはないんです。

人によって変わると思います。

 

あまりお土産を買う予定がないのであれば、

ボストンバッグでも大丈夫です。

 

ただ、一般的に旅行は行きよりも帰りのほうが荷物が増えます。

行きよりも着替えがかさばるし、予想外にお土産を買いたくなることは、

普通にあるからです。

 

そこは考えておいた方がいいですね。

 

「どんなカバンで行く?」

そうやって一緒に行く友だちと話し合うのも、

旅行の楽しみのひとつではないでしょうか。

 

まとめ

せっかくの沖縄旅行、どうせなら思い切り楽しみたいですよね。

そのためにどんなカバンがいいのかをご紹介してきましたが、

いかがでしょうか。

 

ぜひあなたに合ったカバンで、沖縄旅行を満喫してください。

スポンサードリンク

あっ、日焼け止めは忘れないでくださいね。

-旅行・レジャー

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.