年中行事・イベント

オリンピックの起源や歴史をお勉強!4年に一度の開催理由や最初の競技は何?

投稿日:

スポンサードリンク

2020年、東京オリンピックが開催されます。

世界中のアスリートたちが、東京でパフォーマンスを繰り広げてくれると思うと、

今からとてもワクワクしますよね!!

 

あなたはどの種目が楽しみですか?

私は競泳、陸上、あと体操ですかね~。

王道過ぎますか!?

 

実際に会場で応援したら、すごい迫力なんでしょうねー。

チケットが手に入ったら、ぜひ行ってみたいです!!

 

ところであなたは、オリンピックのこと、どれくらい知っていますか?

「オリンピック」の名前や由来、またその歴史などは意外と知らない方も多いのでは

スポンサードリンク

ないでしょうか。

 

次のオリンピックは、せっかくの自国開催です。

もっと深くオリンピックを知れば、今までの何十倍も楽しめるはず!!!

というわけで、一緒にオリンピックの歴史を振り返ってみましょう。

「オリンピック」の起源や、語源由来は?


私たちがよく知るオリンピックは、いわゆる「近代オリンピック」のことで、

1896年に開催されたアテネオリンピックに始まります。

でも、もーっと昔からオリンピックと言われる祭典は存在していたんです!!

古代ギリシャ時代にも、4年に一度スポーツの祭典が行われており、

開催場所のオリンピアは、全知全能の最高神ゼウスの神殿があった場所でした。

そう、「オリンピック」はその”オリンピア“が語源となっています。

 

つまり・・・

「Olympic(オリンピック)」は、

「Olympia(オリンピア)」+「ic(「~~の」や「~~的な」)」ということです。

 

オリンピアという言葉はよく聞きますが、場所の名前のことだったんですね。

それにしても、そんなに昔からスポーツの祭典があったとは驚きです!

ちなみに日本ではよく「五輪」と表記されますよね。

こちらも歴史は古いのでしょうか?

 

調べてみたところ・・・

「五輪」というのは俗称で、1936年に読売新聞記者の川本信正が発案した造語

なのだそうです。

 

確かに、新聞で「オリンピック」と書くと6文字で長いですもんね。

シンボルマークの五つの輪から「五輪」とは、なんともわかりやすいネーミングを

考えたものですね!

古代オリンピックは宗教行事だった?!

近代オリンピックの前身である「古代オリンピック」とはどんなもの

だったのでしょうか?

 

現在のオリンピックは、世界平和を究極の目的としたスポーツの祭典ですよね。

一方、古代オリンピックというのは、ギリシャを中心にしたヘレニズム文化圏の

宗教行事だったんだそうです!

単なる力比べのようなイベントではなかったってことですね(^^;

 

全能の神ゼウスをはじめ、多くの神々に捧げる、神域における体育や芸術の競技祭

がオリンピックの原型だったんですね。

その他にも、コリント地方の「イストミアン・ゲームズ」、ネメア地方の「ネメアン・ゲームズ」、デルフォイ地方の「ピシアン・ゲームズ」などがあり、4大祭典競技として

知られています。

オリンピック最初の種目は?


ものすごーく昔からオリンピックが存在していたことはわかりました。

では、当時はどのような競技があったんでしょう?

気になったので調べてみました!

 

古代オリンピックで最初に行われた競技は、1スタディオン(約191m)の

コースを走る「競走」だったそうです。

 

でも「スタディオン」という言葉、聞きなれないですよね。

スポンサードリンク

オリンピアの聖地に築かれた競走のための競技場のことです。

長さ約215m、幅約30mの広場を、高い盛り土がスタンドのように囲んだ施設だったようですよ。

 

「1スタディオン」という距離は、このスタディオンが基準となったものなのだそうです。

191mなんて、ずいぶん中途半端な距離だな~と思ったのですが、

そういう理由だったんですね。

当時の世界レベルがどのくらいのタイムだったのか、気になるところです。

近代オリンピックのはじまり


このように盛り上がりを見せていた古代オリンピックですが、393年、

第293回をもって最後となりました。

宗教上の問題などから、一旦は終焉したんですね。

それでも1169年間も続いてきたのですから、すごいですよね。

 

その後1500年の時が過ぎ、1892年。

フランスのピエール・ド・クーベルタン男爵は、ソルボンヌ講堂で

「ルネッサンス・オリンピック」と題した講演の中で、初めてオリンピック

復興の構想を明らかにしたのだそうです。

 

やがてその思想が世界中の国々の賛同を得て、1896年に記念すべき第一回大会が

オリンピックのふるさと、ギリシャのアテネで開催されました。

こうして現在に通ずる、いわゆる近代オリンピックが始まったんですね。

 

これだけの祭典を新たに生まれ変わらせることは、容易ではなかったはずです。

でも、この時代の人々の尽力によって今があるのだと思うと、感慨深いですね~。

4年に一度の開催はなぜ?


オリンピックと言えば、運動会のように毎年行われるわけではなく、

4年に一度の開催ですよね。

選手にとっては準備期間として、ちょうどいいような、少し長いような・・・。

 

この4年という周期になった理由には諸説あるようですが、

古代ギリシャ人が太陰暦と太陽暦の両方を使っていたからではないかという説が

有力だそうです。

ん?

と言われても・・・っていう感じですが。。

 

太陰暦と太陽暦にとって、8年という周期が大変意味をもつものだそうです。

そこで、かつては8年ごとに催されていたのですが、のちにその半分の4年に

変化していったということです。

 

確かに8年では間が開きすぎですよね。

次の大会までモチベーションを維持するのが大変そうです。

まとめ

いかがでしたか?

オリンピックのこと、知っているようで全然知りませんでした。

東京オリンピックでは、どんなドラマが生まれるのでしょうね~。

今から本当に楽しみです。

 

「お・も・て・な・し」の心で、世界中のアスリートやお客さんたちに

スポンサードリンク

素晴らしいオリンピックだったと思ってもらえるような祭典になるといいですね。

-年中行事・イベント

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.