育児・子育て

おんぶ紐は昔ながらの人気商品!腰痛持ちでも使える?スリングはおススメ出来ない?

投稿日:

スポンサードリンク

おんぶ紐は昔から人気があります。

最近では赤ちゃんを前にだっこしているお母さんを多く見かけますが、おんぶ紐で歩いているお母さんはあまり見かけません。

古臭く感じるのでしょうか?

でもおんぶ紐ってすごく便利なんですよ。

1度前だっこからおんぶに変えてしまうと、その便利さがわかり今でも人気商品なのが納得できます。

■おんぶ紐はいつからつかえるの?生まれてすぐでもOK?

おんぶ紐昔から人気があるとは言え、新生児にも使えるものなのでしょうか?

抱っこ紐は新生児から使えることは出来ますが、おんぶ紐は首が座った、3~4ヶ月後くらいからしか使えません。

どうしても新生児をおんぶ紐でおんぶしてしまうと、首が座っていない部分安定していなく危険が伴います。

たまに首が座っていない赤ちゃんをおんぶしているお母さんも見かけますが、なんだか、首がグラグラしていて見ているこっちがハラハラしてしまいます。

スポンサードリンク

首が座るまではベビーカーや抱っこ紐を使うようにしましょう。

■おんぶ紐の利点・難点はなに?教えて!

現在のおんぶ紐は昔のただの紐と違って、体をしっかり支えホールドしてくれる物が多いです。

なので背中でぐずってもずり落ちることもなく、安心をして使うことが出来ます。

おんぶする事に特化して製作されているので、簡単におんぶしやすく、赤ちゃんの股関節の負担が軽減されるようになっています。

しかも紐と言うぐらいなので小さく持ち運びしやすくできています。

しかし、おんぶ紐の難点としては、お母さんと赤ちゃんがぴったりと密着していると、とても暑く夏場に使うとお互いが汗だくになってしまいます。

せめて赤ちゃんだけでも、涼しくしてあげたいので背中部分にポーチ付きのものを選び、保冷剤などで冷やしてあげると真夏でも(赤ちゃんだけは)快適に過ごせます。

しかも、コンパクトに出来るとは言え、赤ちゃん連れの外出には他にも大荷物になってしまいます。

コンパクト設計のおんぶ紐ですが、使わない時は、お母さんのウエストポーチにしておくことが出来るので、かさばらず大変便利な商品も販売されています。

https://item.rakuten.co.jp/e-seikatsu/bdh003/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_117_1_10001829

(おんぶ、だっこ兼用です)

■おんぶ紐を選ぶなら前だっこも出来る物を選択しましょう。

実際赤ちゃんによっておんぶ派とだっこ派がいます。

こればかりは赤ちゃんの好みなので生まれてみないと分かりません。

スポンサードリンク

おそらく赤ちゃんは、お母さんと常に顔を合わせてるほうが安心できるのでしょうか、おんぶをすると泣き出してしまう赤ちゃんもいます。

そんな時に便利なのがおんぶとだっこ両方できる紐がとっても便利です。

家事をする時などだっこして家事をすることはできません。

料理をする時は火傷をさせてしまいそうなのでやはりおんぶが絶対に必要です。

昔のお母さん達は泣いても騒いでもおんぶしたまま家事をしていました。

そのままひとりぼっちで寝ているからといって放置しておくと何をしでかすか分かりませんし高いところから転がり落ちる可能性もあります。

そうなると家事をする時はおんぶ紐として使い、出かける時などは顔が見えるように抱っこ紐として使うと便利です。

■おんぶ紐なんて古臭いわ!スリングを使ってみたけども…

写真などを見るとお母さんに抱っこされてスリングの中で大人しくすやすや眠っている赤ちゃんを見ますが、私もおしゃれなお母さんを目指して憧れてスリングを買ってみました!

しかしスリングに入れようとするだけで大泣きするのです。

たまたま機嫌が悪かっただけなのかと思い、機嫌の良さそうな日を見つけて、もう一度再チャレンジしました。

やはり結果は一緒で機嫌が良くてもスリングに入れようとすると大泣きします。

実際何が本人から聞けていないので、分かりませんが、締め付け感が嫌なのか袋に入れられる不安が嫌なのか分からずお蔵入りしてしまいました。

■腰の悪いお母さんは断然おんぶに切り替えた方が良い!

実は私腰が悪いのです。

やっぱりおしゃれなお母さんを目指して前だっこをしてみましたが、10分歩くのが限界でその後1歩も歩けなくなりました。

おそらく、赤ちゃんの重みで、重心が前よりになってしまい、腰に負担がかかってしまうようです。

おんぶならば背筋も伸びて腰にあまり負担がかからないようになっているのではないでしょうか。腰痛持ちのお母さんは試してみてください。

■まとめ

おんぶ紐は昔から廃れず、いまだ人気商品として販売をされています。

昔のただの紐とは違いだいぶ進化もとげ、リュックサックを背負うように赤ちゃんを背負うことも出来ます。

おんぶ紐は、今の世の中でもしっかりと受け継がれていました。

余談ですが知り合いが、前だっこをしていて、つまずいて転んでしまい、子供に怪我をさせてしまったことがあります。

色々な面で考えるとやはりおしゃれよりもおんぶ紐で両手を支えた方が、転んだ時にも両手が使えますし家事もできるのでとても便利なおんぶ紐です。

-育児・子育て

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.