雑学・豆知識

ご利益はお賽銭の金額で決まるの?風水からみた理想の金額は?

投稿日:2019年3月4日 更新日:

スポンサードリンク

最近パワースポット巡りが流行っていて、神社に参拝する人が増えています。

参拝のときに欠かせないものといえば、お賽銭ですよね。

ただ、お賽銭っていくらがいいのかちょっと悩みませんか?

金額が大きいほどご利益があるのでしょうか。

 

この記事では、パワースポットと深い関わりがある、

風水からみた理想の金額をご紹介します。

パワースポット巡りで、幸せを引き寄せましょう。

 

お賽銭って何のためにするの?

そもそもお賽銭って何のためにするのでしょうか。

まずはお賽銭の起源や目的について押さえておきましょう。

スポンサードリンク

 

お賽銭の起源は?

もともとは、お金ではなく海の幸や山の幸をお供えしていたそうです。

たとえば、秋の収穫に感謝して、御神前にお米をお供えしたりというように。

それが貨幣の普及とともに金銭に変わってきたということだそうです。

 

願い事が叶いますようにではない

お賽銭を入れるときって、「健康で過ごせますように」とか、

「願い事が叶いますように」とか、心の中で唱えませんか?

願い事を叶えてほしいからお賽銭をするというのは、実は違うそうなんです。

 

感謝の気持ちやお礼の気持ちを伝えるため

お賽銭をするのは、日頃の感謝の気持ちやお礼の気持ちを伝えるためなんですね。

「健康で過ごせました。ありがとうございます」

「願い事が叶いました。ありがとうございます」と、

感謝の気持ちを伝えることがお賽銭の本来の意味なんです。

 

ご利益はお賽銭は金額で決まるの?

お賽銭をするときに悩むのは、やっぱり金額ですよね。

高ければ高いほどいいのでしょうか?

少ないとご利益も少なくなってしまうのでしょうか?

ご紹介しますね。

 

お賽銭は高いほどご利益があるの?

結論からお伝えすると、

お賽銭の金額が高ければ高いほどご利益があるわけではないようです。

お賽銭の金額については諸説あります。

 

一説によると、白いお金と黒いお金と穴の空いたお金を、

1枚ずつ組み合わせると、縁起が良いとされているそうです。

 

白いお金というのは、1円玉、100円玉、500円玉のことですね。

そして、黒いお金というのは、10円玉です。

穴の空いたお金というのは、5円玉と50円玉のことです。

 

たとえば、1円玉と10円玉と50円玉で61円とか、

100円玉と10円玉と5円玉で115円とすると縁起が良いそうです。

 

ご利益は語呂合わせ?

いろいろ調べてみるとわかりますが、ご利益は語呂合わせが多いようですね。

 

5円で「ご縁がありますように」というのはお決まりです。

スポンサードリンク

5円玉2枚だと「重ね重ねご縁がありますように」となるそうです。

 

だけど、同じ10円でも10円玉1枚だと

「遠縁(とおえん)になる」ということで、

避けたほうがいいかもしれません。

 

同じ10円でも真逆になるのは面白いですね。

 

他にも、100円玉は「100の縁がある」ということになり、

115円は「良いご縁がある」とされているそうです。

神様も遊び心がおありなんですね。

 

大事なのは金額よりも気持ち

やはり大事なのは金額よりも気持ちですよね。

 

「1,000円も入れたんだから良い事が起こるはず」と、

見返りを求めて参拝しても効果はあまりなさそうな気がしませんか?

 

それよりも「いつも健康で過ごせてありがとうございます」と、

感謝を伝えて参拝するほうが、神様も喜んでくれそうですし、

幸せになれそうな気がしますよね。

 

お金では本当の幸せは得られないのかもしれません。

 

風水からみた理想な金額は?

では少し見方を変えて、風水からみた理想な金額はいくらになるのでしょうか?

神社などのパワースポットは、風水の力を利用して造られているといいます。

風水とパワースポットは、切っても切れない関係にあるんです。

 

そもそも風水って?

風水とは気の力を利用した環境学のことで、

物の位置をかえることで、気の流れを変えるという思想のことです。

四千年前に中国で発祥したそうです。

 

身近なところでいうと、北枕は縁起が悪い、

玄関に鏡を置くと良い、というのを聞いたことありますよね。

それも風水なんです。

 

パワースポットでいうと、日光は江戸の真北に位置していて、

江戸城の鬼門の方向になり、江戸城を守るために、

日光東照宮に徳川家康を埋葬したと言われています。

 

風水からみた理想な金額はこれ

そんな風水からみたお賽銭の理想的な金額は115円です。

115という数字には「天下を取る」という意味があるそうです。

 

それに前述したとおり、115円は「良いご縁がある」という語呂合わせでも、

縁起の良い金額になります。

 

さらに、100円玉と10円玉と5円玉で115円にすれば、

白いお金と黒いお金と穴の空いたお金の組み合わせにもなります。

 

それに115円であれば金額的にも大きな負担にはならないですよね。

まさに良いことづくめの理想的な金額なんです。

 

まとめ

風水からみたお賽銭の理想的な金額や、

お賽銭の起源や目的をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

 

風水や語呂合わせ的には、115円が理想かもしれません。

ただ、本当に大切なのは金額の大小ではないんです。

 

どんな気持ちで参拝するかのほうがずっとずっと大切なんです。

スポンサードリンク

ぜひ日頃の感謝の気持ちを伝えに、参拝されてみてはいかがでしょうか。

-雑学・豆知識

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.