年中行事・イベント

お年玉は大学生にあげるな!失敗しない年齢別の金額相場はコレ!

投稿日:

スポンサードリンク

 

子供の頃はお年玉が貰えて嬉しくて、あれ買おうかな、それとも~なんてウキウキしていたものです。

しかし、大人になるとウキウキどころか毎年憂鬱になってしまいます。

ただでさえ年末年始お金が出るのに、お年玉まであげなきゃいけない…。引きこもっていたいところですが、なかなかそんなことも許されず、親戚付き合いを止める訳にもいかず、結局お年玉を用意するはめになります。

しかも子供達は少しずつ成長していくので毎年同じ金額とはいかなくなります。

年齢別にお年玉の金額調べてみました!

■幼児のお年玉の金額

まだ言葉もしゃべれないくらいの乳幼児の場合、せいぜい渡しても1,000円程度です。

しかも子供が使うというより、親が子供のためになにか絵本など買ってあげられる値段としても相手も恐縮がらないような金額なので一番妥当でしょう。

これが、幼稚園児くらいになってくると同じ1,000円でも100円玉を10枚お年玉袋に入れてあげると大喜びします。

逆に1,000円札を1枚入れると残念そうな顔をします。

面白いですよね。

スポンサードリンク

同じ金額なのに、子供でも沢山貰った方が得した感じ!が良く伝わってきます。

なので小学校入学前までは1,000円で充分です。

私は旦那に言われるがまま3歳児に5,000円渡しましたが、今でも多かったとクヨクヨしています。

■小学校低学年のお年玉の金額

小学生だって1年生から6年生までいます。

1年生と6年生が同じ金額だとちょっと『ケチな親戚の人』と思われてしまい、なんだか悔しいので、

1年生~4年生くらいまでなら3,000円程なら後腐れなくよい関係を築けます。

1年生は1,000円、2年生は2,000円と増やして行くのもアリだとは思いますが、もっと大きくなったとき、とんでもない金額のお年玉を渡すはめになってしまいます。

低学年くらいなら3,000円も貰えれば、翌日に漫画本を買ってきてしばらくはおとなしくしていてくれますよ。

■小学校高学年のお年玉の金額

今時の小学生はすでに、友達づきあいなどいろいろあり、やたらとお金がかかってきます。

都心部の子供達は、友人同士でハンバーガーを食べに行ったりと、昔とは大違いです。

しかし、そろそろお金の使い方もお勉強しなくてはならない年頃なのでお年玉を計画的に使えるように考え始める頃です。

なので3,000円~5,000円くらいが丁度良い金額となってきます。

もし、3,000円を渡すのであれば小学校の間は3,000円で押し通した方が良いですよ。

去年は5,000円貰えたから今年も5,000円だろうと子供ながら考えています。

子供って記憶力が良いので期待して待っています。

そこに来て金額ダウンさせるとがっかりされてしまいます。

正月早々ガッカリされてはなんとなく1年間縁起が悪いので、アップダウンは避けてあげましょう。

■中学生のお年玉の金額

中学生くらいになると素敵な名前入りのボールペンなんかをもらうよりお金貰う方がいろいろ都合よく使えるようになりますし、小学生よりも行動範囲が広がり出費が増えます。

と、なるとお年玉もアップしなくてはなりません。

いつまでも3,000円で押し通す事は出来なくなってきます。

中学生の場合、小学生と違い3年間同じ金額でも問題ありません。

だいたい相場は5,000円程度。

スポンサードリンク

これ、1人ならまだ良いですが、何人も親戚の子供がいたら年末に欲しかった家電も買えてしまう金額になってしまいます。

考えただけでも恐ろしいものです。

中学生のうちは5,000円と決めて1,000円札5枚ではなく、5,000円札を入れて渡しましょう。

もう、数の多さでは騙されないです。

100円玉10枚で喜んでいたいた時代が遠い昔に感じてしまいますよ。

■高校生のお年玉の金額

高校生なんだからバイトして少しはお金のありがたみを知ってくれよ!とそれは大人のただの愚痴です。

考え方としてはやっぱり学生のうちはお勉強が仕事なのであくまでバイトは日々のおこづかい程度にしかしませんよね。

なので高校生まではお年玉を渡すと言うのが世間一般の考え方です。

金額は5,000円~1万円が圧倒的に多い気がします。

考えてもみれば自分が高校生の時はやはり5,000円~1万円ほど親戚からお年玉を貰っていましたね。

親戚が多く集まれば集まるほど、新入社員の初任給くらいは軽く越えてしまう金額が集まってしまいます。

でも、まぁ、そのお年玉で洋服など買ったり、遊びに行ったり、がっちり派は貯金に回したりしてくれます。

使い道はいろいろあるので、逆に毎月のおこづかいが消滅してしまった苦い想い出もあります。

1万円あったら美味しいもの食べに行けたのに…。と悔しい気持ちも分かりますが、そこは大人として諦めましょう。

■大学生のお年玉の金額

これはもうお年玉あげなくても良いと思います。

まだ学生ですが、高卒で働いている子供達もいるくらいなのでなしです!

■番外編 近所の子供に渡す場合

親戚ではなくても、付き合いのあるご近所さんなら、正月だけ無視するのもよろしくないので、年齢問わず1,000円~2,000円くらいのほんの気持ち程度でOKです。

下手に多く渡してしまうと、貰った家の親もお返しを考えなくてはならなくなりますので、気持ちだけで良いですよ。

■まとめ

お年玉は自分の懐具合に関係なくやってくる恐ろしい習慣です。

しかも年齢が上がるごとに金額も増えていくので人数が多いと楽しみにしていたボーナスがお年玉で持っていかれてしまいます。

毎年の金額のアップダウンは避けるようにし、順を追って金額を増やして行き、子供が高校を卒業したらフェードアウトしてしまいましょう。

▼お年玉袋(ポチ袋)をチェック▼

お年玉袋 ぽち袋 タカ印【クロネコDM便・ネコポス対応】【RCP】NO85〜NO89

スポンサードリンク

-年中行事・イベント

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.