グルメ・食品

どこが違うの?パンケーキとホットケーキの違いや定義を大検証してみた!!

投稿日:

スポンサードリンク

おしゃれなカフェでみかけるパンケーキは甘くてふわふわ女子が大好きなスイーツですよね。

お店によっては色とりどりのフルーツやモリモリの生クリームがトッピングされていて

写真映えもして視覚でも楽しませてくれます。

 

でもパンケーキって少し前までホットケーキって言ってませんでしたか

パンケーキとホットケーキって別物なの?

このパンケーキとホットケーキの疑問を検証していきます。

 

ホットケーキは日本だけの名称だった!!

ホットケーキもパンケーキもどちらも材料は小麦粉、卵、牛乳、ベーキングパウダーなどです。

このような材料で鉄板で焼いた食べ物は世界各地に存在しています。

形や食べ方は各国さまざまな種類がありますが、名称はどの国も『パンケーキ』なんです。

スポンサードリンク

『ホットケーキ』という名称が存在するのは日本だけ。

 

日本でいうホットケーキ『hot cake』は英語で『pancake』といいます。

英語で『hot cake』というと『sell like hot cakes』(飛ぶように売れる) という慣用句

日本のホットケーキを示す言葉としては使われていません。

 

『hot cake』という単語はあるので和製英語という訳ではないのですが

ホットケーキと呼ぶのは日本だけで他の国ではパンケーキと呼ばれています。

 

パンケーキの歴史

パンケーキは古代ギリシャでも食べられていたといわれています。

小麦粉と水を混ぜて石で焼いていたとされています。

日本で初めてホットケーキが販売されたのは大正12年に東京のデパートで

『ハットケーキ』という名前で提供されたのが始まりです。

 

その後ハットケーキから温かいケーキという意味で『ホットケーキ』と名付けられ

ホットケーキミックスが登場し一般家庭にも身近な存在になっていきました。

 

パンケーキとホットケーキに違いはあるの?

もともとホットケーキは日本でつけられた名称でパンケーキのことでした。

パンケーキの日本名がホットケーキならばパンケーキとホットケーキは同じもの?

と思ってしまいますよね。もともと同じものなのですから当然ですが

パンケーキとホットケーキに明確な定義の違いはありません

 

人によって解釈が違うのでパンケーキとホットケーキの境目は曖昧です。

一般的には厚さが薄いのがパンケーキで分厚いのがホットケーキという定義だったり

スポンサードリンク

甘さがなく食事と一緒に食べるのがパンケーキで甘くてスイーツとして食べるのがホットケーキ

という意見がありますが、最近流行りのパンケーキはフワフワ極厚でフルーツやクリームたっぷり。

昔からあるホットケーキとは違う進化した新しいスイーツとしてパンケーキは確立されています。

 

パンケーキと呼ぶのかホットケーキと呼ぶのかはお店によってバラバラです。

定義も曖昧でパンケーキというもの自体がどんどん進化しているので区別するのは難しいですね。

言葉のイメージとしてはパンケーキの方が新しくてお店で食べるもの、

ホットケーキは昔からある家庭の味、という感じがしますね。

 

世界には色々なパンケーキがあった!!

世界にはさまざまなパンケーキが存在します。

日本ではホットケーキはもちろんですが

お好み焼きも世界ではパンケーキとして認識されています。

お好み焼きも確かに小麦粉と卵を使っていますし、形もパンケーキに似てますよね。

 

フランスではクレープも薄く焼いたパンケーキとして認識されています。

フランスで有名なガレットもパンケーキの仲間ですね。

 

ドイツにはパンケーキの中に詰め物をした『プリンゼン』というものがあります。

そのほかにはオーブンで焼く『ダッチベイビー』というパンケーキもあります。

 

スイスには『レシュティ』というジャガイモをつかったパンケーキがあります。

 

イギリスには卵を使わずイーストで発酵させた『クランペット』というパンケーキがあります。

 

オーストリアやハンガリーでは『パラチンタ』という薄く焼いたパンケーキでジャムなどを包んだものがあります。

 

パンケーキといってもそれぞれの国で色々なアレンジがあって楽しいですね。

パンケーキは世界中で人々の身近な食べ物として定着していったのですね。

 

まとめ

パンケーキとホットケーキに明確な違いはありません。

でも呼び方が違うと受ける印象が違ってきます。

パンケーキは外国から入ってきた新しいもので、流行りの印象を受けます。

またホットケーキは昔ながらのなつかしい印象を受けます。

 

パンケーキと呼ぶのかホットケーキと呼ぶのかは企業やお店によってバラバラです。

それぞれの企業やお店がその商品をどのように売っていきたいのかによって

戦略的に呼び方を変えたり、より美味しく感じてもらえる呼び方にしているのです。

 

他との差別化を図ろうと味も見た目も独創的な新しいパンケーキがどんどん登場しています。

パンケーキとかホットケーキとかの概念にとらわれない新しい美味しいパンケーキが

食べられるのはとっても嬉しいですよね。今後どんなパンケーキがでてくるのか

スポンサードリンク

とても楽しみです。

-グルメ・食品

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.