育児・子育て

パパも読んで!ワンオペ育児が限界で辛い時!あって助かった育児アイテムとは?!

投稿日:2019年3月27日 更新日:

スポンサードリンク

こんにちは!

現在4ヵ月の息子を育てているママです。

私の親と主人の両親は、それぞれ地方に住んでおり、

現在住んでいる家までは、5~6時間ほどかかります。

 

そして、主人は朝7時頃家を出て、帰宅はだいたい23時から0時、

遅いときは終電で(翌1時頃)帰宅します。

近所に頼れる親戚や、友人もいないので、出かけない限り、赤ちゃんと2人きりの生活です。

 

今回は、そんな私の、

・ワンオペ育児~1日のスケジュール~

・あって助かったアイテム

スポンサードリンク

・聞いてほしい!泣きたい時もある!ワンオペ育児の本音

・パパにも協力してもらいたい家事

をまとめた記事になっています。

 

ワンオペ育児が辛くて限界なそこのあなた、無理だけはしないで下さいね。

是非最後までご覧ください^^

 

ワンオペ育児~1日のスケジュール~

頼る先がない我が家の、平均的なスケジュールはこんな感じです。

(現在4ヵ月の赤ちゃん)

 

0:00~2:00 夜泣き・授乳

2:00~13:00 睡眠(2,3時間おきに授乳とおむつ替え)

13:00~15:00 お散歩

15:00~18:00 起きている事が多い、家事をする

18:00~18:30 お風呂

18:30~20:00 起きている事が多い

20:00~23:00 睡眠

23:00~24:00 起きている事が多い

 

と、まぁざっくりこんなスケジュールです。

ですが、赤ちゃんは大人のようにきっちり決まったスケジュールでは生活してくれるはずないので、

食事の時間に大泣きを始めてしまうと、

食べる頃には冷たくなってしまっていて、早食いをするので、あまりお腹が満たされないことがほとんどです。

また、お風呂に入っていると私の姿が見えなくなったからなのか、泣き始めてしまったりと、

あたりまえですが、出産前、一人身だったときとは全く違う生活を送っています。

 

そして、旦那さんが帰宅するころに合わせて食事をあたため、

空き時間にワイシャツのアイロン掛けをしたり、振り返ると1日があっという間に過ぎていきます。

複数人お子さんがいるママさんはもっと大変!

また、私はまだ1人の子育てなので若干の余裕がありますが、

これが2人、3人の子育てをされているママさんは、更に忙しい日々を過ごしていることと思います。

自分が母親になってみて、改めて「お母さんてすごいなぁ」と感じる日々です。

辛くて限界を感じていないか心配になっちゃうくらいです。

 

あって助かったアイテム

ワンオペ育児をしていくにあたって、便利なアイテムをご紹介したいと思います。

 

*ベビースリング*

今回は、コニーをご紹介します。

(↑実際使用している写真です。

コニーのほかにも、ベビースリングってたくさん種類があります!)

 

こちらは、韓国で開発・販売されているベビースリングですが、

なんといっても軽く、ママと密着するので、大泣きしている赤ちゃんでもすんなり眠ってくれます!

 

外出用の抱っこひもも持っていますが、

家の中ではもっぱらこのコニーの抱っこひもを使用しています。夜の寝かしつけにも大活躍しています。

インスタで更に使用しているママが増え、その投稿を見たママ達が口コミを見て購入するという、現在大ブーム中の抱っこひもです。

*バウンサー*

日中過ごす場所として使用することもおすすめですが、

我が家で一番役に立っている時は、お風呂タイムです!

脱衣所にバウンサーを持ち込み、私がお風呂に入っている間、

赤ちゃんを乗せておきます。洗い終わって一緒に入り、その後もまた着替え終わるまで

バウンサーで待機していてもらえます。

 

親戚から譲ってもらい、最初は「これって使うのかなぁ?」と思っていましたが、

1日の半分以上をリビングに置いたバウンサーで過ごすほど、とても便利なアイテムです!

辛くて限界!泣きたい時もある!ワンオペ育児の本音

誰にも頼れない、寝たい時に眠れないとなると、少しずつですが

ストレスが溜まって辛さが限界にきます。

 

旦那さんが飲んで帰ってくると、仕事の付き合いとはいえ「自由に暮らせていいなぁ」と思ってしまいます。

また、土日、お昼すぎまで眠っている姿をみると「母親に土日は無いんだよね」と感じてしまいます。

 

今一番欲しいものは何?と聞かれたら、

“一人の時間”や“睡眠時間”と答えると思います。

が、そんな事を言いつつ、自分の子供はとても可愛くて、大事な存在なので、

この生活を手放したいというわけではないのです。

ただ、たまにはゆっくりしたいというのが、ママの本音かなと思います。

 

パパにも協力してもらいたい家事

現在仕事はしていないので、家事はメインでおこなっていますが、

子どもが生まれる前は普通にできていた家事も、

なかなか前と同じようなクオリティでできないことも多々。

 

そして、家事をしている途中で息子が大泣きをしてしまうと、

いったんストップせざるを得ません。

(私の息子は、だいたい家事を始めると大泣き…なぜでしょう笑)

 

そこで、是非パパにもお願いしたい家事を勝手にランキング化させていただきます★

 

1位→お皿洗い

*せめて、自分の食べた食器だけでも洗ってくれると助かります!

 

2位→お風呂掃除

*面倒かもしれませんが、赤ちゃんを抱っこしたままお風呂掃除はとても危険なので、

是非パパ、お願いします!

 

3位→洗濯を干す&たたむ

*ほとんどのご家庭は、月齢が低いと大人と赤ちゃんの服の洗濯を別々にされていると思います。

ということは、洗濯の回数は2回に…地味に大変な作業です。

そして、出来れば自分の着るワイシャツはアイロン掛けまでお願いできればありがたい!

 

私の主人は、子どもが生まれてあまりに私がてんやわんやな生活をしていることを見かねて、手伝ってくれるようになりました。

もちろん、「お願い!」や「ありがと!助かる!」など、コミュニケーションは欠かさないようにしています。

 

是非、ご覧になっているパパさん、ママの負担を少しでも減らしてあげてください。

これら3つ以外にも、

・トイレ掃除 ・ゴミ捨て ・コンロの手入れ ・排水溝のゴミ取り

など、お願いしたい家事って意外とたくさんあります><

 

まとめ

ワンオペ育児の現実や、パパへの不満など、お話させていただきましたが、

パパも日々、満員電車で通勤したり、上司や部下との人間関係もあったりと、

ストレスを抱えていると思います。

家族のために頑張って働いてくれていることに感謝しています。

 

家族が元気で楽しく暮らせるように、協力して生活していければベストだなと思っています。

今日もあなたの家庭が笑顔で溢れていますように。

スポンサードリンク

 

ご覧いただきありがとうございました。

-育児・子育て

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.