グルメ・食品 雑学・豆知識

知らなきゃ損!ピーマンとパプリカは同じじゃない!色が違う理由も解説!

投稿日:

スポンサードリンク

子供の嫌いな野菜の定番といえば『ピーマン』ですよね。

いろいろな食材との相性も良く、栄養満点で食卓には欠かせない

存在です。そしてピーマンとビジュアルはそっくりな『パプリカ』は

鮮やかな色でパプリカを使うだけで食卓が一気に華やかになりますね。

ピーマンも緑だけでなく、赤や黄色がありますがパプリカと何が違うの

でしょうか。

 

この『ピーマン』と『パプリカ』は見た目はそっくりですが、栄養価に

違いがあります。それぞれの特性に合わせた調理法をしないとせっかくの

栄養を逃してしまいます。

ピーマンとパプリカの栄養を最大限生かせる調理法などご紹介していきます。

スポンサードリンク

緑ピーマンと赤ピーマンは同じもの!!

ピーマンには緑のものだけではなくて『カラーピーマン』と呼ばれる

赤や黄色、オレンジといったカラフルな種類もありますよね。

この『カラーピーマン』はパプリカも含まれます。スーパーでよく見かける

カラーピーマンは味や肉厚はパプリカで、サイズはパプリカより小さい物が

多いです。

 

しかし、赤ピーマンと呼ばれる種類はパプリカではない物が多いです。

この赤ピーマンというのは緑のピーマンが熟したものです。緑のピーマンは

未熟のまま収穫されたもので熟すと赤くなり赤ピーマンとして出荷されます。

つまり緑のピーマンと赤ピーマンは収穫するタイミングが違うだけで同じ

ものなのです。

 

「ピーマンって未熟で収穫って事は赤ピーマンの方が完熟で美味しいんじゃない?」

と疑問に思いますよね。実は赤ピーマンの方が栄養価が高く甘みが強いです。

ビタミンCとカロテンは緑ピーマンの約2倍、ビタミンEは約5倍にもなります。

もとは同じピーマンなのに収穫時期の違いでこんなに差がでてくるのですね。

どうして完熟の赤ピーマンより未熟の緑ピーマンの方が流通してる?

甘みも栄養価も高い赤ピーマンよりも未熟で収穫された緑ピーマンの

方が圧倒的に流通量は多いですよね。流通しているうちに熟れすぎない

用に早めに収穫することはありますが、どうしてピーマンは未熟のまま

収穫された緑ピーマンの方が流通量が多いのでしょうか?

 

ひとつはコストの問題です。長く栽培すればその分コストもかかります

また食感は緑ピーマンの方がシャキシャキという食感が楽しめます。

そして栄養価の面では『ピラジン』という成分が赤ピーマンになると

失われてしまします。ピラジンは緑ピーマンに含まれる臭いの成分で

血液をサラサラにし、心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果があるとされて

います。

 

このような要素から総合的に緑ピーマンの方が生産側はメリットが多い

という事で緑ピーマンの方が流通しているのです。流通量と味や栄養価は

比例しないので自分が重要視したいものは何かを考えて選ぶといいですね。

スポンサードリンク

知らなきゃ損!ピーマンより栄養価が高いパプリカ!

ピーマンとパプリカはもとは同じ種類です。どちらもナス科のトウガラシ属

ですのでピーマンとパプリカは品種の違いという事ですね。品種の違いと

収穫のタイミングの違いは栄養価にも大きく違いがでてきます。

 

ピーマンは未熟のタイミングで収穫しますがパプリカはしっかり熟してから

収穫するので栄養価もパプリカの方が高いです。

  • ビタミンCはピーマンの2倍以上

ビタミンCには美肌効果のほか抗酸化作用があり動脈硬化や心疾患の予防が

期待できます。またストレスに対抗する為に分泌されるホルモンはビタミンCが

無いと生成できないでストレスにもビタミンCは欠かせません。

  • βーカロテンはピーマンの約2.7倍!!

β―カロテンには抗酸化作用があり抵抗力を高める効果や、皮膚や粘膜を

健康に保つ効果が期待できます。

  • ビタミンEはピーマンの約5倍

ビタミンEは体内の脂質の酸化を防ぐ効果が期待できます。血液中の

LDLコレステロールの酸化による動脈硬化や生活習慣病の予防に効果が

期待できます。

 

ピーマンのビタミンCは熱に強いので火を通す料理でもビタミンが損なわれ

ることが少ないです。反対にパプリカは加熱時間が長いと栄養価が落ちて

しまいます。サラダやさっと火を通す調理法に向いています。

 

またピーマンもパプリカも種や綿の部分に栄養が多く含まれています

せっかくの栄養なのでぜひ種と綿も一緒に調理しましょう。

パプリカって色で何が違うの?

 

よくスーパーでみかけるパプリカは赤色か黄色ですよね。実はパプリカには

赤・黄色以外にオレンジ・茶・白・緑・黒・紫の8種類の色があります。

ピーマンは収穫時期の違いで緑ピーマンと赤ピーマンに分かれますが、

パプリカの色の違いは品種の違いです。なので品種が違うということは

栄養価も色によって違ってきます。

 

  • 赤パプリカ

赤パプリカは黄色のパプリカに比べビタミンCもβ―カロテンも多く含んで

います。また赤パプリカの赤い色素はカプサイチンです。カプサイチンは

トウガラシに含まれる栄養素で抗酸化力が強く新陳代謝を高めてくれます。

  • 黄色パプリカ

赤パプリカには劣りますが黄色パプリカも多くのビタミンCが含まれています。

緑ピーマンの約2倍です。また黄色パプリカには『ルテイン』という成分が

含まれています。ルテインは目を保護する効果が期待できます。強い抗酸化

作用があり肌にも良いと言われています。

 

ピーマンにもパプリカにもそれぞれ取り入れたい栄養素がたくさん含まれて

います。パプリカは生でも食べられますし加熱しても栄養を損ないにくいので

色々な調理方法で食べる事ができます。栄養価の高い食材ですので積極的に

スポンサードリンク

摂取して美味しく健康を手に入れましょう。

-グルメ・食品, 雑学・豆知識

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.