年中行事・イベント

成人式に行きたくない男女の理由&絶対行くべき5つの理由!私の経験談も!

投稿日:2017年11月6日 更新日:

スポンサードリンク

毎年1月第2月曜日は「成人の日」。

その日は20歳の成人を迎えた男女を祝うため、各自治体により成人式が行われます。

式典では来賓祝辞などの他、ゆかりの著名人などをゲストに招きパフォーマンスが行われることも。

 

私が出席したのはかれこれ・・・十〇年前になりますが、会場の中も外も熱気がすごかったのを覚えています。寒いけど気持ちはホットでしたね~。

そんな思い出いっぱいの成人式ですが、近年では出席しない男女が増えているのだそうです。私たちの世代からしたら「なぜ?」という感じですが、今回はその理由にせまってみたいと思います。

「成人式」に参加して良かった!という声も紹介しますので、どうしようか迷っている方は後悔しないためにも参考にしてみてくださいね。

成人式に行かない理由とは?

成人式に行かない人にも色々な理由があるでしょう。

まずはどのような理由が多いのか見てみることにしましょう。

理由その1「なぜ行かなきゃいけないの?」~必要性を感じない~

昔は”成人式は行くもの”っていう感じで、あまり深く考えていなかったような・・・。

スポンサードリンク

最近の若い人たちは、まずそこにメリットがあるかを考える傾向にあるそうです。

成人式に行っても偉い人の話を聞いたりするだけでしょ…と。

出席するなら女性は振袖、男性はスーツが多いので、必要性を感じない場にわざわざ正装して臨むという気持ちにはなれませんものね。

理由その2「交通費ないし・・・」~遠いから~

20歳ともなると地方の大学に通っていたり、既に就職している人もいます。

しかし成人式は基本的に住民票がある場所や、地元で参加したいですよね。

ちょっとは出たいという気持ちがあっても、わざわざ地方から帰ってきてまで・・・と思う人も少なくないようです。

高い交通費をかけてまで・・・というのが正直なところでしょう。

 

また、1月の第2月曜日というと、お正月休みが終わって間もない時期です。

お正月に帰省して、また成人の日の頃戻ってくるというのが厳しい場合もありますよね。

このように、地理的に参加しにくいという理由の方は結構いそうですね。

理由その3「祝日は仕事だ・・・」~都合がつかない~

こちらの理由は、行きたいけど行けないパターンも多いかもしれませんね。

既に就職いている場合で、祝日は書き入れ時ということで休めない場合。

残念ですが、当然成人式には出席できませんよね。。

でも、式典のあとに仲の良い友人や小中学校単位でパーティーや飲み会をすることもありますので、そちらには参加できると良いですね。

理由その4「お金がない」~金銭的な問題~

成人式自体には参加費などはかかりませんが、そのあとのパーティーや飲み会にはお金がかかりますよね。

そんなに遠くなかったとしても交通費はかかります。着るものを自分で揃えるのであれば、そこにも出費はあります。

そんな心配するくらいなら「欠席しちゃおうかな」ということですね。

実際どれくらいかかるのかが見えにくいだけに、最初から面倒くさくなってしまうこともありそうです。

理由その5「あいつとは顔合わせたくないな」~同級生に会いたくない~

小中学校時代にあまり良い思い出がない人は、行きたくない人が多いかもしれません。

成人式では多くの同級生に再会します。それは覚悟しなければなりません。

再会するからこそ、女性は振袖やヘアメイクに気合いを入れるでしょうし、男性はスーツ姿できりっと参加したいというところもあるでしょう。

 

しかし、逆に会いたくないのであれば行かないのが一番!

苦痛な思いをしてまで行くことは無いので、それも選択肢としてアリでしょう。

スポンサードリンク

成人式の良さについても知っておこう! ~知らなかったと後悔しないために~


成人式に出席するのが面倒くさい、という気持ちもわかります。

しかし、20歳で迎える成人の日というのは一生に一度だけです。

 

「やっぱり無理してでも行っておけば良かった」と、年を重ねてから後悔しないように、成人式の良さも知っておいた方が良いと思うんです。

参加した人が「行って良かった」と思った理由をいくつか挙げますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

行く理由その1 振袖が着られる

振袖というのは、未婚女性の礼装で最も格のある着物です。着付けにもそれなりの技術を要しますので、もし持っていたとしてもそう簡単に着られるものではありません。

お友だちと思い思いの振袖を着て写真を撮ったり、非日常を味わうことができます。

待ちゆく人からも「綺麗ね~」と褒められ、昔気になっていたアノ人にも美しい装いを見てもらうことができます。

動きが制限されますので、周りの人が優しくしてくれるのもお姫様気分が味わえて楽しいですよ。

行く理由その2 新たな交友関係が築けるかも

成人式は同世代、というか同じ歳の人がたくさん集まる場です。

旧友と会えるのも楽しいですが、友達の紹介で今まで知らなかった人と友達になれることも。もちろん出会いの場でもありますよね。

出会いの始まりはちょっとした一歩から!ですよ。

行く理由その3 写真を撮りまくれる!

振袖やスーツに身を纏い、同級生たちと写真が撮れる絶好のチャンスが成人式です。

その後のパーティーなどでも写真は撮れますが、女性はたいてい振袖から洋装に着替えてしまうものです。(ずっと振袖だと窮屈なので・・・)

晴れていれば外で美しい写真がたくさん撮れますし、20歳のみずみずしい姿を記録に残しておきましょう♪後々見るのも楽しいですよ。

行く理由その4 嫌な思い出を上書きする為に!

行かない理由の中に、「同級生と会いたくない」というものがありましたが、それを逆手にとって会ってしまうというのも成人式ならでは。

実際話してみたら、当時思っていたことは案外誤解だったり・・・っていうこともあるかもしれません。

また、現在の自分の姿に自信があれば見せつけてしまう!っていうこともできますよ。嫌な思い出は、良い思い出で上書きしてしまいましょう。

行く理由その5 お父さん、お母さんの親孝行として

きっとご両親は「好きにしたら良い」と言うでしょう。

でも、親としては成人式に子どもの振袖姿やスーツ姿、袴姿などを見たいものなのではないでしょうか。

写真を撮ったり、成人式に「いってらっしゃい!」と笑顔で送りたい気持ちもあると思うんですよね。

ちょっぴり面倒くさくても親孝行と思って参加してみる、というのも良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

行かない理由も理解できますし、参加した方が良い理由も納得ですよね。

もしもまだ迷っている人がいたら・・・

そういう方には思い切って参加してみることをおススメします!

 

ほら、よく言うじゃありませんか。

やった後悔より、やらなかった後悔の方が大きいって。

今回挙げたそれぞれの理由を見て、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

いずれの選択をされるにせよ、皆さんにとって20歳で迎える成人の日が素敵な一日になることを願っています^^

-年中行事・イベント

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.