生活・暮らし

石油ストーブの燃費ってどれくらい?他の暖房器具との比較は?

投稿日:2019年1月18日 更新日:

スポンサードリンク

暖房器具の代表ともいえる石油ストーブ。

昔からある暖房器具で給油やお手入れなどの手間がありますが、エアコンにはない魅力から愛用されている方も多いのではないでしょうか。

そんな石油ストーブを新しく買いたい、と思っている方が気になるのがストーブの価格や燃費ですよね。
「買ってみたは良いものの、灯油代がかかるから結局あまり使わなくなった」なんてことにはなりたくありません。

今回は、石油ストーブの燃費や価格、他の暖房器具との比較を紹介していきたいと思います。

 

石油ストーブの燃費はどれくらい?

 

これから石油ストーブの購入を検討している方が真っ先に気になるが「燃費」ですよね。

燃費が悪いといざ石油ストーブを買ったは良いものの燃料代が高くて使わずじまい、となるとかなりもったいないですよね。
というわけで、ここでは石油ストーブの燃費について解説していきます。

石油ストーブの燃費は意外と簡単に計算できます。

燃料消費量(L/h)×灯油の価格(円/L)で1時間当たりにかかる燃料代がわかります。

石油ストーブの燃費はストーブの大きさによって変わってきます。
ここでは、暖房目安が木造6畳、コンクリート8畳の石油ストーブを例にします。

スポンサードリンク

このサイズの石油ストーブの燃料消費量はおよそ0.2L/hほどです。

灯油価格の全国平均は2018年10月の段階では99.83円/Lとなっています。

これを元に計算すると、99.83×0.2=19.96円となります。

当然ですが、石油ストーブの燃費は部屋の大きさや保温性、ストーブの出力や地域によって変動する灯油の価格によって決まります。
ここで解説したのはあくまで目安なので、部屋の大きさや購入を検討している石油ストーブの燃料消費量などから、少し高くなるのか安くなるのか計算してみると良いでしょう。

燃料消費量はお店でも確認できますし、あらかじめ調べておきたいのであれば通販サイトでも確認できます。

 

他の暖房器具との比較

 

石油ストーブの燃費はおおよそ19.96円と計算することができました。
では、他の暖房器具ではどれくらいかかるのでしょうか?

ここからは、他の暖房器具との燃費についてそれぞれ比較していきたいと思います。

エアコンとの比較

最も多く使用されている暖房器具といえばエアコンですよね。
ほとんどの家庭でしようされているエアコンとの比較は一番気になる方が多いでしょう。

スポンサードリンク

エアコンは暖房使用時、1時間でおよそ490Wの電力を消費します。
また、1kWhの電気代はおよそ28円になります。
ここから、エアコンの暖房使用時の1時間当たりの料金を計算すると、

490×28÷1000=13.72円、ということになります。

石油ストーブと比べると、エアコンの方が少し安く済むということになりますね。

 

電気ストーブとの比較

次は電気ストーブとの比較です。

電気ストーブは石油ストーブと違い、給油などの手間がかからないのがポイントです。

電気ストーブは出力によって消費する電力が変わってきます。

1時間当たりの電気ストーブの消費電力はおおよそですが、強1000W、中670W、弱330Wとなります。
これまでお同じように計算すると、強28円、中18.76円、弱9.24円となります。

弱や中で稼働させるとエアコンや石油ストーブよりも安く抑えられそうですが、実はそうではないのです。

エアコンや石油ストーブは、室内の温度が設定温度と同じになるとあとは室内の温度を保つだけになるので電力や燃料の消費が低減されます。

ですが電気ストーブにはその機能がないため、稼働させた分だけ電力を消費してしまうのです。
つまり、全く同じ時間稼働させることを考えると「電気ストーブの方が燃費としては悪い」ということができます。

こたつとの比較

日本ならではの暖房器具である「こたつ」

「中々こたつから出られず、そのまま寝てしまった」という経験をされた方もいるのではないでしょうか。

そんなこたつの1時間の電力消費量はおおよそ450Wです。

もうみなさんお分かりかと思いますが、1時間にかかるこたつの電気料金は

450×28÷1000=12.6円です。

石油ストーブと比べるとかなり安く、エアコンよりも安くなりました。

さらに、最近ではサーモスタッド機能という温度を自動で調整する機能がついているものも多いため実際はさらに安くなる可能性もあります。

 

まとめ

 

今回は石油ストーブの燃費や他の暖房器具との比較を紹介しました。
1時間当たりにかかる電力順に、

・電気ストーブ・・・9.24~28円
・石油ストーブ・・・19.96円
・エアコン・・・・・13.72円
・こたつ・・・・・・12.6円

となりました。

石油ストーブの使用にかかる燃料代は灯油の価格に影響されるため、今回紹介した数字通りにはいきません。

みなさんの自宅にある暖房器具の消費電力量から1時間あたりにかかる電気代を計算し、それを参考に石油ストーブの購入や、どの機種を購入するかを検討してみると良いでしょう。

エアコンやこたつとはまた違った魅力のあるストーブ。

自分に合ったものを選んで快適に冬を過ごしたいですね。

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-生活・暮らし

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.