美容・健康

正しい背中の筋違い治し方を伝授します!意外と知らないやってはいけない事とは?

投稿日:2017年12月30日 更新日:

スポンサードリンク

朝起きたら背中が非常に痛い…昨日はすごい運動なんてしてないのになんでこんなに痛いのでしょうか?

それは背中の筋違いです。

たまに起きる首の寝違えもそれの一種です。

寝ている間は気づきにくいですが、案外無理な体勢で寝ていたりします。

不自然な体勢で長時間寝ていると、背中の筋違いを起こしてしてしまう場合があります。

この超痛い背中の筋違いは、どのように治したらいいのでしょうか?

素人判断では温めたりマッサージをした方が治りやすい感じはするのですが、実際はどうなのでしょう?

■背中痛い!まず起きたらすぐに出来ることは何だろう?

背中の筋違いは炎症を起こしていると同じことです。

背中が痛いから背中が凝っていると勘違いし、お風呂に入って温まらないようにしましょう。

スポンサードリンク

まず朝起きて背中が痛かった場合は、筋違いと判断し応急処置として背中の痛い部分を冷やしましょう。

アイスノンなどあれば(袋に入れた氷でも可能)痛い部分を冷やしてください。

実際、アイスノンはすぐに溶けてしまいやすいので、氷があれば一番効率良く冷やすことが出来ます。

冷やす目安としては、5分くらい冷やしたら1度5分くらい休憩し再度冷やしましょう。

あまりに冷たすぎると、凍傷に繋がってしまいます。

タオルなど1枚当てて冷やすと冷えすぎを防げます。

冷やす、休憩を何度か繰り返しているうちに痛みが最初よりは少し取れてきます。

炎症を起こした初期は冷やすことが鉄則なのです。

会社にも行けないほど背中の筋違いが痛ければ、とにかく整形外科のお医者さんに駆け込むか、名医と呼ばれる鍼医に頼み込むしかありません。

ただお医者さんに行ったところで劇的に改善するわけではなく、湿布をもらって「おだいじに~」だけだと思います。

鍼を打っても同じことで、会社に行けないほどの筋違いで、鍼を打っただけで走って会社に行けるようになるわけではありません。

動けなかったものが、痛みを感じつつも動ける程度にしか回復はしませんので過度の期待は禁物です。

■少しでもこの痛み改善出来ないのかしら?

少しでも早く痛みから解放されたいので、マッサージに行ってしまう人もいるとは思いますが、これは大きな間違いです。

筋違いで痛めてしまった場所をマッサージすると、逆に痛みが強まってしまうことがあるので要注意です。

スポンサードリンク

あまり知識のないアルバイトマッサージ師だとお客さんに言われるがまま、ガツガツマッサージをしてくるのでひどい目にあってしまいますよ。

しかし…お医者さんに行くのも鍼を打ちにいくのもお金がかかります。

自力でこの痛い筋違いを少しでも何とかしたいのであれば実は、ツボ押しが効果を発揮してくれます。

ツボは体のあちらこちらにあるのですが、闇雲に押しても効果はありません。

筋違いのツボもちゃんとあって、場所は自分から手の甲を見て人指し指と中指のつけ根に水掻きがあるのですが、水掻き部分から親指の横幅くらい手首よりにある場所が筋違いツボです。

骨と骨の間にあるので自分で親指を当てながら探すと分かりやすいですよ。

ちなみにこのツボの名前は「落枕」ラクチンと読みます。

名前の通りツボを押してラクチンになってくれれば文句なしですね。

しかし、早く痛みを取りたいからとガツガツとツボを押すのではなく、ゆっくり押してはゆっくり離す感じで左右両方を繰り返して押してください。

回数の目安としては左右1回10秒間を1セットとし、3セットくらい行うと効果が出てきます。

1日に1回限りではなく、気がついたときに何度押しても問題はないので、1回押して「効果ないじゃん!」と怒らず根気強く続けてみてください。

■ちょっと痛くなくなってきた!まだアイスノンで冷やした方がいいの?

アイスノンや氷で冷やしてほしいのは、筋違いを起こした当日から翌日ぐらいまでの痛みが強い急性期です。

上の方でも説明している通り筋違いは背中の凝りではなく炎症を起こしているのです。

なのでとにかく痛めた時は冷やすのが大切なのですが、出来ればお風呂も控えてもらいたいのです。

なぜならお風呂に浸かって体を温めてしまうと、血行促進につながってしまい症状が悪化してしまいます。

それでもどうしてもお風呂に浸かりたいのであれば、あまり長湯はせずに、すぐにあがるようにしてまた冷やすようにしてください。

痛みがあるうちは冷やしていた方が良いのですが、筋違いはたいてい長くても3日~4日程度で痛みは引いてきます。

痛みがなくなったようであれば、お風呂にもゆっくり浸かる事も出来るのでシャワーで済ませるようにしましょう。

■まとめ

素人判断で、温めたりマッサージをしたりするのは症状が悪化する原因でした。

どうしても痛いとマッサーしたくなりますが、そこはグッとこらえて、炎症を起こしている筋違いの部分をしっかり冷やしてあげ、後は無理に体を動かそうとはせず安静に過ごしてください。

スポンサードリンク

無理がたたると数日で治るはずの筋違いが治らず辛い思いをしてしまいます。

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.