年中行事・イベント

節分でピーナッツを撒くあなたへ!大豆を使う本当の意味とは!歴史の由来も!

投稿日:

スポンサードリンク

2月3日節分の日は、毎年「鬼は~外!福は~内!」という声があちらこちらから

聞こえてきますよね。

鬼に扮したパパやママに、子どもたちが大喜びで豆を投げつけて鬼退治する光景は、

いつの時代も微笑ましいですよね。

 

うちはマンション住まいなのですが、翌朝玄関を出ると、廊下に豆がパラパラ落ちています(笑)

昨日まいたのね~、とつい笑顔になってしまいます。

 

ところであなたは、節分についてどれくらい知っていますか?

節分が近くなるとスーパーに豆まき用の豆が並び始めるので、なんとな~く毎年恒例に

なっているっていうご家庭がほとんどだと思います。

 

子どもから、「ねーねー、節分ってなあに?なんで豆をまくの??」って聞かれても、

スポンサードリンク

はっきり答えられない人がほとんどじゃないでしょうか。

もちろん私もその一人です(笑)

 

そこで、今回は節分の由来や、なぜ豆をまくようになったのか!?などを調べてみました。

節分だけに「豆知識」ですよ~(笑)

節分の由来 2月3日になった理由とは?


節分について語る前に、まず「雑節(ざっせつ)」というものはご存知ですか?

彼岸、八十八夜、土用などは聞いたことがありますよね。

そのように、季節の移り変わりをより的確に掴むために設けられた、

9つの特別な暦日のことで、「節分」もその中に一つにあたります。

 

節分は季節の始まりの日、つまり立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指します。

「季節を分ける」という意味から「節分」と言われるそうです。

なるほど~!!!

 

昔は4回節分があったとは知りませんでした。

特に立春の前日を指すようになったのは、江戸時代以降だそうですよ。

でも、どうして「鬼は~外!」なんでしょうか。

それにも理由があるようです。

 

昔から、季節の変わり目には邪気、つまり鬼が生じると考えられていたそうで、

それを追い払うために悪霊払いの行事が執り行われていたのが由来で、

現在の行事にもつながるようなんです。

 

今までは”季節の変わり目だから”ということはあまり考えず、

鬼退治していました。

節分は、邪気を払って、「次に来る季節を幸せに過ごせますように・・・」という願いが込められた行事なんですね。

 

歴史を振り返ると、それはなんと平安時代に遡り、宮中での年中行事にも同じようなものが見られるようです。

大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難をお祓いし清める行事「追儺(ついな)」が行われていました。

 

もちろん、現在のような「鬼は~外!」というようなものではなく、なんとも厳かなものだったんでしょうね。

室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、次第に民間にも広がっていったということですから驚きです。

 

そんなに大昔の人々が行っていた行事が今も受け継がれているなんて、

なんだか素敵ですよね~。

節分に豆をまくのはなぜ??


では、なぜ室町時代以降、節分には豆をまくようになったのでしょうか?

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

 

かつて、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げにより大豆を鬼の目に

投げつけたところ、鬼を退治できたという逸話が残っているそうで、「魔の目(まめ)」

に豆を投げつけて「魔を滅する=魔滅(まめ)」に通ずるということです。

スポンサードリンク

 

ただ投げやすいから!とか単純な理由ではないということがわかりました。

豆ひとつ取っても、きちんとした意味があるんですね~。

ピーナッツでなく大豆が良いとされる理由


豆まき用に売っている豆って、大豆がほとんどですよね。

実は、2年くらい前に「豆まき用」として売られていたピーナッツを買ってみたところ

子どもたちに「ちがーう!!!」と、大変不評でした(苦笑)

 

ほら、大豆って片付けが面倒じゃないですか。

あっ!こんな所に!

って数日後に発見されたりしますよね。

それがちょっと面倒で、殻に入ったピーナツならすぐに見つけられるし、

これ考えた人グッジョブ~!

なんてウキウキしながら買って帰ったんですけどね。

 

きっと大豆であることにも意味があるんだってことくらいは、私にもわかっています。

でもどんな意味なのでしょうか?

 

豆まきに使う豆は、そもそも小豆だったという説。

また、五穀ならなんでも良かったという説。

などなど諸説あるようです。

 

五穀とは、米、麦、豆、ひえ、あわのことで、これらには穀霊が宿るとされ、

穀霊で悪霊を祓ったと言われています。

 

五穀の一つである

「大豆」は、古くから米に次いで、神事に用いられてきたことから、

節分にも使われるようになったのかもしれませんね。

 

米に比べて粒も大きいですし、悪霊に向かって投げるには適しているというのも理由の

一つと言われています。

豆は炒るのが正解!


節分用に売られている大豆は炒ったものがほとんどですのでご安心を。

でも、なぜ炒ったものでなければいけないのでしょうか。

それは、節分にまく豆というのは、旧年の災厄を祓い捨てるものであるため、

まいた種から芽が出てきては縁起が悪いためなんだそうです。

 

そのため豆まきには、必ず炒った豆を使用します。

また、「炒る」は「射る」にも通じることも関係しているようです。

鬼や大豆は陰陽五行説(木、火、土、金、水の五行)の「金」にあたり、この

「金」の作用を滅するとされる「火」で大豆を炒ることによって、鬼を封じ込める

という意味合いもあるのだとか。

 

節分では、まいた豆を最後に人間が年の数だけ(プラス一つとも言われますが、どちらでも良いそうです)食べますよね。

それにより、鬼を退治した!!ということになるということです。

まとめ

いかがでしたか?

いや~、とても勉強になりました。

これからはピーナッツではなく、ちゃんと大豆を用意し、家族の無病息災を祈りながら、

でも楽しく!節分の行事にあたりたいと思います。

 

最近では恵方巻も定着していますよね。

デパ地下も大賑わいで、どれを買おうか迷ってしまいます。

皆さんも周りのちびっこたちに、「節分っていうのはね」なんて「豆知識」を教えて

あげてくださいね。

スポンサードリンク

-年中行事・イベント

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.