育児・子育て

新生児の夜泣きが本当につらい経験談!イライラするのは私だけ?

投稿日:

スポンサードリンク

どんどん大きくなってくるお腹の中でポコポコ蹴ってくる赤ちゃん。

可愛い我が子との穏やかな日々を想像していたのに現実は全く違っていました

私には二人の子供がおりますが、下の子は本当に夜泣きがひどくて長くて2時間

短いと15分しか寝てくれなくて本当につらかったです。

 

イライラするのは当たり前。穏やかでスマートな育児に憧れてしまいますが

なかなか上手くはいかないですよね。現在夜泣きで悩んでいるママさんの少しでも

参考に私の経験を紹介させてもらいます。

産後の入院中も全くゆっくりなんて出来なかった!

体重管理に体力作り、食べる物にも気を使い産まれてくる我が子の為に色々努力して

『健康に元気に産まれてきてくれたらそれでいい』

スポンサードリンク

産まれてきてくれる日を今か今かと待ち遠しく思っていたはずだったのに、いざ産まれて

きたらこんなに赤ちゃんって泣くものだったっけ?と洗礼を受けました。

 

うちの2人目の子は本当によく泣く子で、しかも声が大きいんです。この小さな体から

どうしたらこんなに大きな声が出るのか不思議なくらい大きな泣き声でした。

産後の病院での入院中もずっと抱っこして授乳して、寝たと思ってベッドに寝かせると

起きてしまい、結局泣くからまた抱っこの繰り返しでした。入院中は大部屋だったので

お腹の底から全力で泣く我が子の声でまわりの赤ちゃんが泣きだしたら申し訳ないという

気持ちで廊下でずっとあやしてました。

 

周りのママさん達は優しくて、赤ちゃんは泣くのが仕事なんだから気にしないでいいよと

言って下さったのですが、せっかく寝ている赤ちゃんを起こしてしまうのはやっぱり

心苦しくて廊下をぐるぐるしていました。入院中は24時間フォローしてくれる看護師

さんもいて、ご飯も決まった時間に出てきてゆっくり出来ると思っていたのに全くでした。

 

1人目の時は産後すぐにはおっぱいがあまり出ていなかったみたいで、夜中寝てくれない

時は母乳の後にミルクをあげたらよく寝てくれました。その経験から2人目の時もミルクを

あげてみたのですが、ミルクを飲まなかったり飲んでも寝てくれなかったりで全く駄目でした。

 

結局沿い乳をして寝かそうと試みたのですが、おっぱいを吸っている時はいいのですが

おっぱいを離すと泣きだす。なのでおっぱいを咥えさせておとなしい間に自分は仮眠をとり

泣きだしたら抱っこという感じでした。沿い乳すれば寝るもんだと思っていたので正直

この先自分は大丈夫なのだろうかとすごく不安になりました。

背中スイッチ克服できず抱っこをしたままソファーで寝る日々

退院しても全然寝てくれる気配はなく寝られない日々が続きました。どんなに眠たく

ても子供が泣くと気付きます。沿い乳でおっぱいをあげてもすぐに起きて泣きだして

しまうので抱っこし寝かしつけをしていました。

 

でもここからが大変でした。せっかく寝てくれたとしても布団に寝かせるとすぐに起きて

しまうのです。上手に布団に置けたとしても15分後とかに起きてしまうこともしばしば。

なので私はリスクを冒して布団に寝かすのではなく、抱っこしたままの状態で私が寝る

事を選びました。抱っこ紐をして寝かせてソファーに腰掛けた状態なら1、2時間寝て

くれるので、腰はかなり痛くなりますが寝られないよりはマシという感じでしたね。

スポンサードリンク

 

それでも寝てくれるだけいい方で抱っこしてもずっと泣き続ける事もよくありました。

何をしても泣きやまない子供にイライラして、壁やドアを思いっきり蹴飛ばしたり、

大きな声で「なんなの一体!!」と叫んでしまったり、でもその度に自己嫌悪に陥って

しまっていました。

気持ちが楽になった先輩ママさんの言葉

全然夜泣きが改善される事もなく、対処法もなかなか見つけられずに悩んでいました。

1人目の時は授乳したら3時間ほどは寝てくれていたので余計に2人目は大変に感じて

しまいました。そんな時に近所の先輩ママさんにサラっとこんなことを言われたのです。

この子は寝るのが下手なんだね

この言葉を聞いた時に自分の中ですごい納得できたんです。今まで寝るのが下手という

発想はありませんでした。眠たくて愚図るのはわかるのですが、寝てしまってからも

寝続けるのが難しいという子もいるんだと初めて知りました。

 

この言葉を聞いてから胸のつかえが取れたというか、スッキリした気持ちになって、

寝られない事には変わりはないのですが、少し気持ちに余裕が出来ました。どうして

泣いているのか分からなかったけど、眠たいのに寝られないのは子供も私と一緒だった

んだと思って優しい気持ちで見られるようになったんです。

母乳育児にこだわらず、ミルクも活用しておけば良かったと後悔!

沿い乳してればそのうち寝るようになるだろうと思っていた私は甘かったんです。

新生児の頃は長く寝れなくても大きくなるにつれて少しずつ寝てくれるようになる

と思っていた、いや信じていたのですが一向に寝てくれるようにはなりませんでした。

 

沿い乳をしていても体がしんどくなり、寝不足も続き体力は限界に近付きつつありました。

そこで今さらながら夜中の授乳を哺乳瓶のミルクに変えようと試みたのですが、時すでに

遅しでした。生まれたばかりの頃はミルクも飲んでいたのに、しばらく飲ませていなかったら

哺乳瓶のミルクを全く受け付けなくなってしまっていたのです。

 

その後何度も試してみましたが大泣きで哺乳瓶を拒否して全く飲んでくれませんでした。

なので私が体調を崩してもパパにミルクをあげてもらうという事ができませんでした。

1人目の時はほぼ母乳で、どうしてもの時だけミルクという感じでやってこれたので

同じような感じで出来ると思ってしまっていました。

 

あまり母乳にこだわらずに、早い段階で哺乳瓶にもなれさせておくべきだったとすごく

後悔しました。1人目の時はこうだったから大丈夫と意地を張って哺乳瓶を使わずに

いたせいで、ミルクという選択肢を自分で消してしまったのです。

 

母乳育児はいいようなイメージがありますが、あまりこだわり過ぎず柔軟な考えで

対応するべきだったと本当に後悔しました。母乳にこだわらなかったら、もう少し

睡眠時間を長く取れていたかもしれないですからね。

 

 

現在夜泣きで苦労しているママさんは大勢いると思います。こんな日がいつまで続くのか

先の見えない不安と戦ってすごく孤独で辛さを感じている事でしょう。私もそうでしたが

毎日インターネットで夜泣きの解決方法を検索したり育児書とにらめっこしたり、でも

なかなか上手くいかずにまた悩んでいました。

 

でも上手に育児なんて出来ないって開き直ってしまうことも必要です。いいママになんて

ならなくていいんです。パパに頼ったり地域のサービスに頼ったり自分を労わる事も

ママの大事な仕事です。そしていつかは必ずこの辛い日々は終わります。今はしんどい

かもしれませんが、数年の辛抱です。あんなに大変だったなぁと思える日を楽しみに

スポンサードリンク

今を少しでも楽しみながら乗り切りましょう。

-育児・子育て

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.