生活・暮らし

畳にカビが生える原因と対処法!掃除機や雑巾では逆効果!?

投稿日:

スポンサードリンク

日本人には馴染みに深い畳。
お家に畳の部屋が一部屋はある、という方はかなり多いかと思います。

多くの人に親しまれている畳ですがそれゆえに「気がつくとカビが生えていた」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

洋室に比べて和室は掃除しにくく、特に畳は掃除機をかけたつもりでも、ホコリやゴミを吸い取りきれていなかったり、湿気や汚れに弱いという特徴があります。

梅雨などの湿度の高い時期は換気やお手入れに気をつけていないと、いつの間にかうっすらカビが生えていた、なんてことになってしまいます。

今回は畳にカビが生えてしまう原因と、カビが生えてしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

いつの間にかカビが!畳にカビが生える原因

まずは畳にカビが生えてしまう原因について解説していきます。
畳にカビが生える原因といっても、根本的な原因はタンスや押し入れなどにカビが生えるのと同じです。

1.温度

カビは20~30℃の気温で活動が活発になります。
人が快適に生活できる環境もこの気温とかぶるので、家の中の温度はカビが活動しやすい気温になっているのです。

室温が20℃以下または30℃以上になると、かなり不快に感じると思うので温度調節でカビの繁殖を防ぐことは難しくなっています。
温度以外でカビ対策をするのがオススメです。

 

2.湿度

部屋の湿度もカビの繁殖に関わってきます。
カビは湿度60%以上の場所を好みます。

スポンサードリンク

梅雨の時期では換気がしにくく、風通しなどでは湿度の調整が難しい場合もあります。

古い日本家屋では建材にもカビが生えやすく、床下のカビが知らない間に畳を侵食していることもあります。

換気などでの湿度調整が難しいのであれば、エアコンや空気清浄機などの除湿機能を使って、湿度を下げましょう。

 

3.ホコリやゴミなどの栄養源

先ほども書いたようにフローリングに比べて畳は手入れが難しです。

普通に掃除機をかけるのではなく、畳の目に沿って掃除機をかけないと畳を痛めるだけでゴミもあまり吸い取れません。

また、畳の目に入り込んだゴミやホコリは掃除機で吸い取れないこともあり、他の場所に比べてカビの栄養源がたまりやすくなっています。

 

4.新しい畳

新しい畳だとカビが生えにくいのではないかと思う方もいるかもしれませんが、実は逆なんです。

畳が新しいということは、使われているイグサも新しいのです。
新しいイグサは湿気やニオイを吸収する力がまだ残っているため、畳の中に湿気がこもってしまいカビが生えやすい環境になってしまいます。

こうった理由で古い畳より新しい畳の方がカビが生えやすいのです。

 

 

ストップ!畳にカビが生えた時にやってはいけない掃除方法

 

畳にカビが生えてしまった。

スポンサードリンク

ですが焦ってはいけません。
間違った方法で対処しようとすると、さらにカビが広がったり、身体にも悪影響を与えてしまいます。

 

1.雑巾などでふく

最初に雑巾などで拭き取ろうとするかもしれませんが、水拭きでもから拭きでもやってはいけません。

畳は水気に弱いため、水拭きをしてしまうと畳を痛めてしまいます。
その上、水拭きをした際の湿気で新たにカビが生える原因を作ってしまいます。

から拭きなら良いのではないかと思うかもしれませんがこれもダメです。

カビの一部は拭き取れますが、取り残したカビを畳の目の奥に押し込んでしまい取り返しがつかなくなってしまうかもしれません。

 

2.掃除機で吸い取る

掃除機でカビを吸い取ろうとすると、カビの胞子が舞ってしまいます。

胞子が舞うと、飛んでいった先で新たにカビが繁殖してしまい、よりひどい状況になります。

また、空気中に飛散した胞子は皮膚や肺、気管支などに様々な悪影響を与えるなど、病気の原因にもなるので要注意です。

 

3.畳を叩いて落とす

これも掃除機と同様に、カビの胞子が舞うのでやってはいけません。

掃除機で吸わない分、より多くの胞子が飛散するので絶対にやめましょう。

 

4.重曹やカビキラーを使う

お風呂などの水を自由に使える箇所のカビ取りには、カビキラーは強い味方です。

しかし、畳にカビキラーを使うとカビは除去できますが、水が使えないため洗浄ができません。
さらに、カビキラーは塩素系の薬剤なので畳が変色してしまいます。

同様に重曹も畳の変色を促してしまいます。
こちらは工夫次第ではカビ取りに使えるので、使用する際は注意して使うようにしてください。

 

 

畳にカビが生えてしまった時の正しい対処法

 

畳にカビが生えてしまった時の対処法で最も良いのは「お酢」です。

ではどのようにしてカビに対処するのか具体的に説明していきます。

・バケツ一杯の水にお酢を200〜300ccほど入れる
・それに雑巾をつけ、なるべく硬く絞る
・畳の目に沿って、軽く拭き取るようにする(力を入れすぎないように注意)
・乾いたタオルで水気をしっかりと拭き取る(水気の拭き取りが甘いと、再びカビが繁殖してしまいます)
・仕上げにエタノールを霧吹きで吹きかけ除菌して終了

お酢は「特にこれが良い」というものはないので普段家で使っているもので構いません。

また揮発性が高いエタノールは、水気に弱い畳に使っても問題ないので安心してください。

 

まとめ

 

今回は畳にカビが生える原因とそうなった時の対処法をご紹介しました。

畳にカビが生えしまっても、今回ご紹介した方法で焦らずに対処してください。

また、正しい方法でカビを拭き取らないと、余計に悪化したり、身体に悪影響を及ぼします。
絶対にやってはいけません。

スポンサードリンク

日本ならではの和室を楽しみましょう。

-生活・暮らし

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.