美容・健康

怖い糖尿病を予防するお茶のオススメ4選と効果を教えます!

投稿日:

スポンサードリンク

糖尿病予備軍の人が多くいると思いますが、まだまだ大丈夫だと思っていてはいけません。

1度かかったら治らない病気です。

でも生活習慣を改めお茶を飲めば糖尿病にかかる前に予防することが出来るのです。

今回は糖尿病を予防出来る効果を持つお茶を紹介していきたいと思います。

■血糖値を下げて予防プーアル茶!

1度は名前は聞いたことがあると思いますがプーアル茶には消化を助けて血糖値を下げてくれる効果をもたらしてくれるお茶です。

プーアル茶ならドラッグストアでも売っているので手に入りやすいですね。

とある研究機関によるとプーアル茶には抗酸化物質と脂質低下作用があるのです。

日本人の糖尿病患者に多い2型糖尿病(つまり食べ過ぎや飲み過ぎなど不摂生な生活をしていることでなる糖尿病)の原因として血液中の糖をうまく代謝出来ず、インシュリンが十分に分泌されないことや、細胞膜にあるインシュリン受容体と結合出来ない症状なのですが、プーアル茶に含まれる成分が膵臓の細胞を保護し、インシュリンの分泌を手助けしてくれます。

また、微生物発酵で作られた酵素がインシュリン受容体の結合を助けてくれ、糖尿病の原因の糖が代謝され、血糖値の急上昇を防いでくれるのでプーアル茶です。

スポンサードリンク

■家でも栽培可能アロエ茶でいろんな効果を貰っちゃおう!

よく家の庭先にアロエが栽培されてるお家がありますが、インテリアとして栽培している人もいるとは思いますが、実は家で栽培しているアロエもお茶にすることが出来ます。

アロエに含まれるアロエボランと言う成分に血糖値を下げる作用があるので糖尿病を予防する効果があるのです。

アロエ茶はドラッグストアでもかなり安く売っていますが、農薬など心配な場合は自分で手作りをしてしまいましょう。

作り方はいたって簡単でアロエを細くカットし干すだけのものです。

~作り方~

アロエの葉を茎から切り離し、水洗いします。

アロエにはトゲトゲがあるのでまずトゲを取ってしまいましょう。

うすくスライスするのですが、スライスがうまく出来ない人であればスライサーを使った方が楽かもしれません。

後は天日干するのですが、大きな網や干物専用の網戸網戸のがあればそこで干してしまいましょう。

片面だけ乾いても仕方がないので乾ききる前に、ひっくり返すようにしてかき混ぜるとより効率的に干せます。

1~2週間干すのがベストです。

出来上がったらナイロン袋などに入れカンで保管し、すぐに飲んでも良いですが、半年くらいは熟成させるとまろやかさが増します。

安く購入して農薬を心配しているよりは、自宅で手間隙かけて作った方が安心して飲めますね。

■ギムネマ茶で甘味を制御!でも食事と一緒に飲むと食べ物の味がわからなくなるよ!

https://item.rakuten.co.jp/honjien-3/gimunema-3g60p/

ギムネマって名前くらいは耳にしたことがあるとは思いますが、インド原産のハーブの一種で、葉っぱを噛むと甘味を感じること少なくしたり糖の吸収を抑えたりするダイエッターにも嬉しい作用があります。

ギムネマだけ甘味を感じさせなくなるくらいで糖尿病の予防に役立つのかと不思議ですが、取りすぎた糖分を小腸内で吸収を抑える効果と、膵臓のインスリン分泌を活性化させ、血糖値を安定させてくれるので糖尿病の予防効果があるのです。

ギムネマ茶を飲むことにより食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

ギムネマ茶では重大な副作用は今のところ報告はありません。

しかし、全く副作用がないわけではなくギムネマ茶を飲み始めたら、お腹が張ったり、おならが出たりするちょっと恥ずかしい副作用がありますが、しばらく飲み続けていればその副作用も収まってきますので心配はいりませんよ。

飲み方は食事と一緒に飲んでしまうと食事本来の美味しさが楽しめなくなるため

食後や寝る前に飲むのがオススメです。

ノンカフェインなので眠れなくなることもありませんよ。

スポンサードリンク

じゃあ、食前に飲めば食べ過ぎも防げて良いのではないかと思うのですが、ギムネマ茶の甘みを感じさせなくす作用は、飲んでから2時間くらいは持続してしまいます。

食べ過ぎ防止も狙うなら、食前に水を飲み食後にギムネマ茶を飲むと良さそうです。

■緑茶ポリフェノールで糖尿病予防!


身近な飲み物、緑茶ですが緑茶にはいろいろな効能があるのをご存じでしょう。

そして、やはり糖尿病にも緑茶は効果がありました。

緑茶を毎日飲み続けると血糖値が低下するのです。

緑茶のポリフェノールには肥満を予防する効果があり、緑茶は糖尿病の予防にも効果がある事があるのですが、1日1杯では効果は少なく、2リットルのペットボトルをちょびちょびと飲まないとダメそうです。

でも家で簡単に作れるので大量に作っておいて、出掛けるときにも水筒に入れて行けば、経費削減にもなりますね。

■まとめ

スポンサードリンク

比較的手に入りやすい糖尿病予防に役立つ4つのお茶を紹介しましたが、好きなだけ食べて飲んでダラダラした生活をしながらお茶ばかり飲んでいても効果は薄くなってしまうので、ちょっとした運動なども取り入れて糖尿病予防していきましょう。

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.