美容・健康

ウォーキングダイエットを挫折せず続ける4つのコツ!効果的な時間はいつ?朝と夜?

投稿日:2017年10月18日 更新日:

スポンサードリンク

いつの間にか増えてしまった体重。なんとかして落としたいですよね~。

若い頃はちょっと頑張れば痩せたのに、年を重ねるごとに代謝が悪くなり

痩せにくい身体になっています(涙)

 

ところであなたはどんなダイエットに挑戦したことがありますか?

りんごダイエットや炭水化物ダイエットなどの食事制限ですか?

それともランニングや筋トレなど、ひたすらスポーツで汗を流す方法でしょうか?

 

いずれにせよ、目標体重まで落とすのは本当に大変なんですよね~。

色々試してみたけどどれも続かなくて・・・とお悩みのあなたにおススメしたいのは、

ウォーキングです!!

 

今回はなぜウォーキングがダイエットに良いのか、またウォーキングの効果的な方法

スポンサードリンク

についてご紹介したいと思います。

ダイエットに効果的なウォーキングのメリットとは?


ダイエットになぜウォーキングが良いとされているのでしょうか。

まずはウォーキングならではの良さについて注目してみたいと思います。

その1 身体への負担が少ない

ランニングやテニス、エアロビクスなどは脂肪燃焼に効果的である反面、

膝への負担や持久力なども求められます。しかしウォーキングというのは言ってみれば

歩くだけなので、他のスポーツに比べて格段に身体への負担が少ないと言えます。

 

長時間歩いたとしても、走るのとは違い息切れするほどではないでしょう。

上手に靴選びをすれば、足を痛めることもありません。

ゆっくりペースであれば、足腰にあまり自信の無い方にも取り組んで頂けます。

その2 生活に取り入れられる

ダイエットに大切なのは、なにより続けることです。もしかしたらそれが一番

難しいことかもしれませんね。私も何度挫折したことか・・・。

続けるにはどうしたら良いと思いますか?

 

そうです!生活の中に取り入れてしまうのです。

例えば通勤など出かける際に、一駅分歩いてみたり、買い物は車や自転車では

なく必ず歩きで行くなど、ルール化してしまうのです。

 

初めのうちは面倒と感じるかもしれませんが、やがて習慣になってしまえば

苦に感じなくなってくるものです。

その3 運動が苦手な人でも始めやすい

運動が苦手だから、ダイエットはいつも食事制限だけで!という方も多いのでは

ないでしょうか。確かに食事制限をすると一時的に体重は減るでしょう。

しかし、運動をしなければリバウンドしてしまうことが多いのです。

 

規則正しい食生活は大切ですが、さらに運動をすることでしっかりと脂肪が

燃焼し、健康的に痩せることができます。

でも運動は嫌だわ・・・。

という方に向いているのがウォーキングです。

 

特別な運動着を用意する必要はありません。

いつもより少しだけ動きやすい服装に、歩きやすいシューズを履いて、

まずはお散歩がてら歩きに出てみてください。

ウォーキングで痩せるのはなぜ?


ダイエットに必要なのは「有酸素運動」であると言われています。

脂肪を燃焼させるには酸素が必要です。(何か物を燃やす時にも酸素って必要です

よね?それと一緒なんですって!)

 

有酸素運動をしている間は、呼吸によって適度に酸素が取り入れられるため、

その酸素が脂肪と結合し燃焼しやすい状態になるのだそうです。

 

以前は、「有酸素運動をするなら20分以上じゃないと効果なし!」と言われて

いましたが、実はそんなことはないという嬉しい研究結果も上がっているようです。

短い時間でも毎日続けることが、ウォーキングダイエットの秘訣と言えるでしょう。

ダイエットに効果的なウォーキングのやり方


その1 とにかく続けることが大事

どんなダイエット方法にも同じことが言えると思いますが、とにかく続けて

みることです。効果が出るまでにはそれなりに時間がかかるかもしれませんが、

続けていれば必ず結果は表れてきます。

 

翌日体重計に乗って「あれ?昨日と変わらないや・・・」と思ってもがっかり

しないでくださいね。根気強く続けることが大切ですよ。

その2 ペースは早歩きで

同じウォーキングでも、歩く速度によって消費カロリーは変わり、

スポンサードリンク

効果が出るスピードも違ってきます。

 

腕を振りながら歩幅を大きめに、リズム良く1,2,1,2・・・という感じで

歩いてみてください。

 

ずっとではなくても、早歩きをする距離や時間を決めて取り組んでみてもいいですね。

少し足を速めるだけでも、すぐにうっすらと汗をかいてくるのが実感できると思いますよ。

その3 脂肪燃焼しやすいのは朝!

実は、脂肪が燃焼する時間帯というのがあるのはご存知でしょうか?

寝ている間は当然何も食べていませんから、胃が空っぽ状態になりますよね。

当然、朝は血糖値も低くなっていますので、エネルギーを作るには血液中の糖分から

ではなく、体内に溜まっている脂肪から!ということになるわけです。

 

つまり、脂肪燃焼しやすいのは」ということになります。

習慣化しやすいのも朝と言われていますが、子育て世代にとって朝は大忙しの

時間帯ですよね~。私もまったく余裕がないからわかります(汗)

その4 より効果が高いのは水中ウォーキング

こちらはなかなか実践できる方は少ないかもしれませんが、もし余裕があれば

おススメの方法です!

水の中を歩くのって、結構大変ですよね。

急いで進もうと思っても、水圧がかかってなかなか前に進めません。

 

つまり、陸上を歩くよりも筋力に負荷が

かかり、運動量が自然と増えるというわけです。

しかし、浮力があるので足腰への負担は軽減され、身体を痛める心配は少なくなるでしょう。

 

水の中は気持ちいいですし、実践できたらいいな~とは思うものの、

着替えなどのことも考えてしまうとなかなか行動に移せないのが現状です。

でも効果は抜群だそうですので、気になる方はぜひプールへ行ってみてくださいね!

ウォーキングダイエットを続けるコツとは?


ウォーキングでダイエットを成功させるには、続けることが大切だという

ことがわかりました。では、続けるためにはどのようなことを心がければ

良いのでしょうか。

その1 生活の中に取り入れる

先にウォーキングのメリットとしても挙げましたが、ウォーキングの最大の

良さは、生活しながらにして取り組めるところにあります。

他のスポーツではそうはいきませんよね。

 

買い物の時は歩きで」とか「通勤のときバスの二駅分は歩いて行く」とか、

自分なりのルールを決めてしまえば、歩く機会はどんどん増えていきますよ。

その2 短時間でも続ける

続けるためには苦痛になってはいけません。時には自分に甘くしてでも、

まずやめないことを優先してみてください。

 

歩く時間や距離を短くしても、続けていればいつか効果は出始めます。

習慣化してしまえばこっちのものです!

少しでも歩いた日にはカレンダーに〇を付けるなど、自分なりに工夫してみてくださいね。

その3 急激な効果を求めすぎない

早く体重を落としたい!っていう気持ち、とってもわかります。

ダイエットを始めた人なら誰しも思うのではないでしょうか。

ウォーキングは、はっきり言って急に体重が減るというダイエット方法ではありません。

続けることで少しずつ落ちていくのです。

 

そのため、1週間で効果が出なかったとしてもすぐにやめたりしないでくださいね。

しつこいようですが、続けること成功の秘訣です。

その4 消費カロリーを把握する

例えば、体重50キロの人が普通の速度でウォーキングした場合の

消費カロリーは80キロカロリーと言われています。

早歩きにした場合は130キロカロリーになります。

 

1か月続けて300グラム~400グラムのマイナスというところでしょうか。

このように、消費カロリーを知っておくと励みにもなりますよね。

また意識することで、食生活も気をつけるようになるという効果もありますよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回はダイエットとしては特に身近なウォーキングについてまとめてみました。

どんなダイエット方法にも言えますが、続けることって本当に大事なんですね。

 

ウォーキングはダイエットに効果がある他、ストレス解消や勉強・仕事の効率

UP、また腸内フローラの改善など、様々な面で期待されているようです。

良いこと尽くめで一石二鳥どころではありませんよね。

スポンサードリンク

運動が苦手な方もぜひ、ウォーキングから始めてみてくださいね。

-美容・健康

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.