年中行事・イベント

ホワイトデー嫌いな人いる?女子目線で嫌いな3つの理由ぶっちゃけてみた!

投稿日:2017年11月13日 更新日:

スポンサードリンク

甘い雰囲気で好きな人にチョコレートを渡すバレンタインデーと違い、ホワイトデーって『とりあえず貰ったから返さなきゃ!』って義務な感じがするのは私だけでしょうか?

ホワイトデーのせいで嫌な気分になった男性も女性も世の中多くいると思います。

そんなホワイトデー、どこが嫌いか女子目線中心で本音でぶっちゃけてみました!

あくまで個人の意見ですが、男性でホワイトデーの失敗をしない為にも一つの参考になればと思います!

■やってしまいがち!?コンビニお返しホワイトデー!

男性にとって、バレンタインデーのお返しの品ってどこで何を買っていいか良く分からないって方も意外と多いですよね?

そこで便利なコンビニのホワイトデーコーナー!

でも、実は私がもっとも嫌いなホワイトデーのパターンです。

女子は「手作りの方が想いが伝わるかな…?それともデパートの高級チョコの方が喜ぶかな…」なんて色々考えに考え抜いて意中の男性にバレンタインデーのチョコを渡しますよね。

スポンサードリンク

でもお返しがどこかのコンビニで見たことのあるお菓子だったら、かなりショックです。

あれだけ真剣に悩んだのに、好きな人は適当にコンビニで済ましてしまうわけね…。と立ち直れません。

 

いや、もしかしたら真剣に悩みすぎて女子の好みが分からなくてコンビニ商品になったのかもしれません。

それにコンビニの商品って確かに有名どころの商品もあるのですが、コンビニ行ってちょくちょく立ち寄るため値段が分かってしまいます。

自分への気持ちがその程度の値段だったと悟った時、残念ながら脈なしと判断してしまいます。

■他の女性と同じお返しをあげる男性

義理チョコをあげたのであれば、みんなと同じものでも良いのですが、本命チョコをプレゼントしたにも関わらずみんなと同じお返しが返ってくると、ガッカリです。

みんなと同じということは、自分の気持ちが相手に伝わっていないか、完全に脈なしと判断しても良いでしょう。

ただし会社でお返しを返すためにみんなと同じものを返さなくてはいけない場合もあります。

この場合さりげなく、二人きりでのご飯の後に誘われたりもします。

もしお誘いがないのであれば、本当に脈なしと考えて良いと思います。

「でももしかして自分の気持ちが伝わっていないのかも…」と淡い気持ちを寄せても、たいてい義理チョコと本命チョコの違いぐらいわかるはずです。

無理にもう1回告白なんか押した場合、断られるのが関の山なので余計悲しくなってしまいます。

諦められないのであれば、ちょっと時間をおいてもう少し仲良くなってから告白するのも1つの手段です。

■ホワイトデーで私が体験した3つのぶっちゃけ話

女性の私が過去にホワイトデーで「なんだかなぁ…」という体験をお話します。

これを読んだ男性で似たような事をしたことがあるorしようとしているならちょっと考え直してみましょう。

スポンサードリンク

1:お返しがない超ケチだった男性

付き合っていた男性でしたが、超ケチな人でした。

趣味貯金。

それはとても素晴らしい趣味だと思いますが、せめてお返しくらいしましょう。

 

ホワイトデーの日、なにが返ってくるかなぁとワクワクドキドキして家にいても一向に連絡なし。

ついに3月15日になってしまったので、しびれを切らして私から電話をかけてホワイトデーの話をすると(笑)

「え?だって気持ちは形じゃないからお返しなんて期待している方が悪い」と言うことでした。

 

確かにバレンタインデーに勝手にプレゼントをしましたが、女子ならホワイトデーのデートなんか期待しちゃいますよね。

期待する方が悪いということなので、その後誕生日プレゼントもあげず無視しときました。(笑)

でも誕生日には催促の電話が来て、ムカつき過ぎて別れましたよ。

今思い出しただけでもムカついてきます。(笑)

2:どこかの島のお土産を貰った。

ちょっといいなと思っていた人にバレンタインのチョコをあげました。

ホワイトデー目前に渡したいものがあるということで私は脈ありだ!と思い、いそいそとおしゃれをして出かけて行きました。

そこで渡されたものはどこかの島のお土産でした。

どうやらホワイトデー直前に出張でどこかの島に入っていたらしく、そのお土産でした。

決してホワイトデーのお返してはなかったのです。

もちろん、ちょっと気になる人とはそれ以上進展はせず良いお友達のままで終わりました。

3:面倒だから居酒屋おごり

また別の男性にバレンタインのチョコをあげた時「ホワイトデーの日は仕事があるから先にお返しをするよ」と言われ、ドキドキしながらついて行った先は、甘い空間ではなくサラリーマンのおじさんがたまっている居酒屋でした。

「チョコもらったからお返しに奢るよ!」と言われおじさんたちに混じってお酒を飲みました。

その後の展開に期待をしたのですが、何事もなく「また飯に行こうねー」で終了でした。

なんだかなぁって感じなホワイトデーの思い出です。

■男性側もホワイトデーは嫌いな人が多い?

男性の意見としてホワイトデーはとてもめんどくさいと言います。

なぜならお返しを考えるのが面倒だから。

だそうですよ。

 

これ、好きな女性からチョコを貰っていても考えるのが大変らしいです。

そんな意見を聞くと、コンビニでお返しを買うのも頷けますが、女子としてはあまり嬉しくありません。

それに、バレンタインデーとかホワイトデーとか関係なく好きになったら告白するって男性も多くいるのでホワイトデーが嫌いな男性は世の中多く存在します。

でも、好きな女子からチョコを貰えたらみんなと同じお返し+αはするそうですよ。

■まとめ

私がホワイトデーを嫌いになった原因は今までの恋愛経験にあると思います。

もちろんしっかりと吟味してお返しをくれる相手もいましたが、男性はホワイトデーのことなんかあんまり気にしていないようですね。

期待するだけムカついて疲れるので今はバレンタインデーには友チョコでホワイトデーにいろんなお菓子を貰うことの方が楽しいと思えるようになりました。

スポンサードリンク

ちょっと本音で語っちゃいましたが、あなたが失敗しないホワイトデーになってもらえれば幸いです。

-年中行事・イベント

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.