グルメ・食品

野菜が高いから買えないあなたへ送る!夕飯の材料を私はこれで乗り切った!

投稿日:2018年3月21日 更新日:

スポンサードリンク

今年の冬は本当に野菜が高いですよね。こんな寒い日は

お鍋で温まりたいなぁ・・・でも体は温まっても財布が冷え切って

しまう。安売りの時までお預けだな。なんて言ってたら、お預けの

まま冬を越してしまいそうです!!!ってうちだけ?

今回は野菜高騰の原因からいつ頃からこの野菜高騰が緩和していくの

か?野菜が高い時のやりくり術を調べてみました。食べ盛りの子ども

や働き盛りのご主人の為にお腹いっぱい食べさせてあげたい!そんな

ママたちの参考になれば嬉しいです。

野菜高騰の原因は?

今年の冬、葉物野菜が本当に高くて鍋に入れられる野菜がない!!

スポンサードリンク

鍋じゃなくても料理の彩りは悪く、食卓も茶色~くなりがちです。

そもそも今年の野菜高騰の原因はなんなのか?それは2017年の

10月の天候不順が原因です。

  1. 台風が2つ直撃
  2. 月降水量がかなり多かった。平年の約3倍。観測史上最も多かった。
  3. 月間日照時間がかなり少なかった。観測地点5か所で日照時間の最も少ない記録を更新。
  4. 11月の気温の低さ。

冬野菜は夏に種植えをし、11月~12月に収穫するものが多いようです。

なので10月に台風や雨、日照不足ということは野菜が育つ前に駄目に

なってしまったという事のようです。

野菜の高騰はいつまで?

この高騰いつまで続くのか毎日不安ですよね。まだまだ続くなら

食費の分をどこかで削って捻出しないといけません。

冬の間はまだまだ高いままのようです。3月~4月頃にはなんとか

野菜の値段も落ち着いてくるようです。お鍋は来年の冬までの

お楽しみですね(笑)

野菜高騰対策!価格の安定した野菜はどれだ?

野菜が高騰しているからと言って食べる量を減らす訳には

いきませんよね。野菜高騰とは別にダイエットの為に食べる

量を減らしたいって気持ちはあるんですけどね(笑)

冗談はさておき、年中価格が安定している食材。それは

もやし!!

価格も安価で庶民の味方ですよね。

もやしは何故価格が安定しているかというと、工場で作られて

いるので天候に左右されないのです。だから季節、天候に関係

なく年中安定した価格で販売できるのですね。

ちなみにもやしって栄養無さそう・・・なんてイメージ無いですか?

そんなことはありません。もやしには美肌、風邪予防に効果のある

ビタミンC。血圧を下げる効果のあるカリウム。疲労回復に効果の

あるアスパラギン酸、そして食物繊維が含まれています。

調理の仕方によって主役にも脇役にもなれる頼れる食材ですね。

その他にもキノコ類も工場で製造されていますので価格は

安定しています。キノコは冷凍すると細胞が壊れてうまみが

増すので、安い時に多く買って冷凍しておくと安くおいしく

頂けます。

冷凍野菜は価格だけでなく時短にも!!

フレッシュの野菜の方が新鮮で安全、というイメージありますよね。

メーカーによっても違うと思いますが、冷凍食品製造会社のホーム

ページなどをみると材料を入荷してすぐに加工するので、スーパー

スポンサードリンク

に並んでいる商品より新鮮な状態のものを加工していると思って

良いと思います。工場では綺麗に洗浄し、選別しています。家で

野菜を洗ったり傷んでいる部分を除いたりする手間も時間も省けます。

必要な大きさにカットしてあるものは下処理をせず、そのまま使える

ので忙しい主婦には大助かりです。安くて簡単。主婦の大好きな

ワードですよね。

冷凍野菜の栄養価ってどうなの?

冷凍野菜は価格安定しているかもしれないけど、栄養価は落ちる

のでは?と思うかもしれませんが、実は逆な部分が多いです。

冷凍野菜は旬に収穫したものをすぐに加工します。1番栄養価の

高い時期に収穫したものを加工しているのでスーパーに並んでいる

野菜よりも栄養価が安定しています。

また冷凍したからといって壊れる栄養はあまり無いそうです。

加熱して失われる栄養素などはありますが、フレッシュのもの

でも冷凍野菜でも加熱するという工程は一緒ですから加熱して

栄養が失われるのは一緒ですね。

また冷凍野菜には保存料は使用しません。冷凍野菜は

生産から販売までマイナス18度で管理されています。

だから栄養は損なわれにくくなっています。

栄養が損なわれていない、むしろ旬の時期のものが

新鮮な状態で加工されている冷凍野菜。一般的には

違うかもしれませんが、私は冷凍という響きに手抜き

ズボラというイメージがありました。

だから冷凍食品をしようするのに多少抵抗がありました。

でも冷凍野菜の方が栄養もあっておいしいのであれば

今後は自信をもって使えますね。

常備しておくと便利な冷凍野菜!

冷凍野菜を使いまくっている私が常備している野菜を

ご紹介します。私は給料日後に業務用スーパーに行って

冷凍野菜を1カ月分まとめて購入します。買い物の手間も

省け、価格もスーパーで購入するより安いのでおすすめ

です。私の使いやすい野菜ってだけなので

あまり参考にはならないかもしれませんが・・・

  1. ホウレンソウ

ホウレンソウは本当に使いやすいです。

洗う→茹でる→切る の工程までやってくれているので

料理するのも楽で鍋や包丁などの洗いものが減るのも嬉しい

ですね。食卓に彩りが欲しい時に重宝します。

  1. ブロッコリー

ブロッコリーは栄養価が高いので家族には食べてもらいたい

食材ですよね。でも下処理がこれまた面倒くさい。

価格も安売りの時以外は冷凍ブロッコリーの方が割安だと

思います。

  1. インゲン

インゲンだけで胡麻和えなどでもオッケー。私は煮物の彩り

としてちょこっと使ったりします。彩り欲しいけど、その

為だけにインゲン茹でてとかこれまた面倒ですよね。

  1. さといも

さといもは自分で皮をむくより冷凍さといもの方が断然形が

綺麗です。これは私だけに限るかも知れませんが(笑)

サトイモの皮むきって固くて時間もかかるし、手間が省けて

安いなら絶対冷凍の方がいいですよね。うちは主人がさといも

のコロッケが好きなので重宝しています。

うちはこの4つはよく使用しています。ほかにもカリフラワー

なす、ゴボウ、大根おろし、枝豆などなど色々な種類があります。

スポンサードリンク

冷凍野菜で野菜高騰を乗り切りましょう!!

-グルメ・食品

Copyright© 知恵袋PLUS+ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.